釣り人のアップ写真

ロードランナーヴォイスのハードベイトスペシャルに2023年グラスコンポジットモデル登場!

FISHING JAPAN 編集部

ノリーズから発売中の人気バス釣り用ロッドといえば、ロードランナーヴォイス・ハードベイトスペシャルです。

2023年には、待望のグラスコンポジットモデルが3機種追加されます。

その詳細スペックや使い方、マッチしそうなおすすめベイトリールをご紹介しましょう。

ロードランナーヴォイス・ハードベイトスペシャルとは

ロードランナーヴォイス・ハードベイトスペシャルとは、ノリーズから発売中のバス釣り用ロッドシリーズのことです。

豊富な機種から選択できるのが強みで、他のロッドメーカーではほとんど見られなくなった、6ft以下のショートレングスなロッドも揃っています。

カヤックやフローターからのアプローチにとても適していて、幅広いユーザーからヘビーユースされているロッドシリーズといえるでしょう。

実際に既存モデルを複数本使ってみましたが、ウエイトはあるのに持ち重りしない!という、驚きのロッドバランスに驚かされます。

キャストの際に、バックスイングを取りやすく、前方に押し出すようなフィールで扱うことができます。

ルアーのウエイトをアングラーの中心軸で感じ取りながらのキャストは、アキュラシー精度が上がり、バイト数アップにも直結するでしょう。

そして2023年、ロードランナーヴォイス・ハードベイトスペシャルに、なんとグラスコンポジットブランクスの機種が3種類も追加されます。

ブランクスのベースをよく曲がり込むグラス素材にして、ベリーからバットにかけて張りのあるカーボン素材をコンポジットしてあります。

これにより、ロッドティップは100%グラス素材となり、柔軟に曲がり込むロッドテイストに。

クランクベイトやスピナーベイトをキャスト&リトリーブしているとき、バスからのバイトを弾かずに乗せることができるでしょう。

そしてベリーからバット部分のカーボンの張りによって、しっかりとフックアップできるわけです。

今回追加される3機種について、ひとつずつ詳細スペックをチェックしてみましょう。

●ロードランナーヴォイス・ハードベイトスペシャル HB660L-Gc VACUUM VERSATILE LIGHT

全長6.6ftですから、2mのブランクスに仕上げられているベイトロッドです。

ウエイトは181gで、適合するルアーウエイトは3/16ozから1/2ozまで。

軽めのクランクベイトを中心に、チャターベイトやスピナーベイト・トップウォータールアー・ジャークベイトなどを操れるようになっています。

チタン製フレームのガイドが付いていて、タフコンディション攻略にしっかり機能してくれそうな1本です。

ロードランナーヴォイス・ハードベイトスペシャルELITE SPEC HB6100ML-Gcをチェック!

●ロードランナーヴォイス・ハードベイトスペシャル ELITE SPEC HB6100ML-Gc CRANK BAIT VACUUM

全体的な長さは少々延長し、6.10ft、つまり2.10mほどになっています。

適応ルアーウエイトはMLパワーで、1/4ozから5/8ozまで対応可能です。

ステンレスフレームのダブルフットガイドを使用により、特異な曲がりを生み出します。

このことで、ロッドティップには張りが出て、オーバーハング下やカバーの奥などに、クランクベイトを巧みにさせることが可能になります。

面白いようにそのような状況が多く、頻繁に使うことが予想される1本となっています。

ウエイトは、192gとなっています。

ロードランナーヴォイス・ハードベイトスペシャルELITE SPEC HB6100M-Gcのスペックはこちら!

●ロードランナーヴォイス・ハードベイトスペシャル ELITE SPEC HB6100M-Gc BLADE BAIT VACUUM

こちらのブランクスはMパワーで、チャターベイトやバズベイト・スピナーベイトなどのシングルフックを、スパッ!とバスの上アゴに貫通させるパワーを持っています。

全長は6.10ftで、ウエイトは195g。

適合するルアーウエイトは、3/8ozから1ozまでなので、中型のクランクベイトを深く潜らせて探ることもできます。

ガイドはチタン製フレームで軽く、ロッドティップはシングルフットになっています。

きっちり誘って、しっかり掛けたい人に、よく響く1本に仕上がっているのではないでしょうか。

ロードランナーヴォイス・ハードベイトスペシャルのグラスコンポジットモデルを使って釣りをしている動画はこちら!

ロードランナーヴォイス・ハードベイトスペシャルに装着したいおすすめリールを選んでみた!

ロードランナーヴォイス・ハードベイトスペシャルのグラスコンポジットモデルに装着してみたい、おすすめのベイトリールをご紹介しましょう。

ひとつめは、丸型タイプのカチッとした剛性のあるもの。

太いモノフィラメントラインを豊富に巻けるほうが、使えるシチュエーションは拡大するでしょう。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 20 カルカッタコンクエスト DC 101 LEFT シーバス マキモノ

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 20 カルカッタコンクエスト DC 101 LEFT シーバス マキモノ

最安値価格
¥56,846(amazon)

Amazonへ ¥56,846

楽天市場へ ¥59,153

シマノからリリースされている丸型ベイトリール・カルカッタコンクエストシリーズの中から、DCブレーキ搭載の100番サイズを選んでみました。

ギア比は5.6対1なので、ハンドル1回転につき58cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

いわゆる巻き物系と呼ばれている、クランクベイトやスピナーベイトなどをリトリーブするのに適しているでしょう。

最大ドラグ力は4.0kgで、ウエイトは240gです。

スプール寸法は、直径が33mmで、幅が21mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら14lbを90m巻けます。

ハンドルの長さは42mmで、ボールベアリングは12個採用されています。

実際に手に取ってみると、とてもコンパクトでホールド・パーミングしやすいベイトリールに仕上がっている印象を持ちました。

クラッチの切れはスムーズで、スプール回転は滑らかそのもの。

軽くロッドを振るだけで、軽いクランクベイトでも飛距離を伸ばせるでしょう。

DCブレーキによるバックラッシュトラブル抑制も、釣りに軽快なテンポを与えてくれます。

実売価格は5万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 19 SLX MGL 70 右 バス釣り ラバージグ 点撃ち マキモノ

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 19 SLX MGL 70 右 バス釣り ラバージグ 点撃ち マキモノ

最安値価格
¥12,705(楽天市場)

Amazonへ ¥15,788

楽天市場へ ¥12,705

シマノから発売中のロープロファイルデザイン系ベイトリール・SLX MGLシリーズの中から、ノーマルギアモデルを選んでみました。

このベイトリールには、直径32mmという小さなスプールが搭載されています。

直径が小さいということは、キャストの際の飛距離の伸び・飛びのレスポンスのスムーズさに影響を与えます。

直径が大きいと、ラインを引き出すのにそれなりのチカラが要りますから、それを省けるだけで、さまざまなメリットが生まれることを体感できるベイトリールなのです。

ギア比は6.3対1ですから、ハンドル1巻きにつき63cmのラインを回収することができるようになっています。

最大ドラグ力は5.5kgで、ウエイトは190g。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら14lbを90m巻けます。

ハンドルの長さは42mmで、ボールベアリングは4個採用されています。

実際に使ってみると、とてもパーミングしやすく、巻き心地も滑らかです。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ロードランナーヴォイス・ハードベイトスペシャル・グラスコンポジットモデルの気になる発売日はいつ?

ロードランナーヴォイス・ハードベイトスペシャル・グラスコンポジットモデルの気になる発売日は、2023年の8月から順次リリースされる予定です。

メーカー希望販売価格は、61,000円から64,000円です。

クランクベイトをキャストするベイトロッドを探しているなら、ぜひこのロッドを手に取って確かめてみてください。

2023年新製品関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

DAILYランキング