リールのアップ写真

アルファスAIR TWに2021年追加ラインナップ登場!ギア比7.1モデル

FISHING JAPAN 編集部

ダイワの人気ベイトフィネスリール・アルファスAIR TWに、2021年追加モデルが加わります。

ギア比が7.1対1になっていて、リトリーブ中心の釣り方にマッチしますよ。

巻き物系ルアーをキャストしまくりたいアングラーに、強く響きそうですよね。

極めて軽量なミノーやスプーン・クランクベイト・鉄板系バイブレーション・ジグ単などで、さまざまなポイントを攻めてみましょう。

アルファスAIR TWってどんなリールなの?

アルファスAIR TWとは、ダイワから発売中のベイトフィネスリールのことです。

とてもコンパクトなので、手のひらの中にスッポリ収まってしまいますよ。

ウエイトは、たったの160gしかありませんから、長い時間操作し続けても、手首や腕などが疲れることはないでしょう。

2021年には新しいラインナップとして、ギア比7.1対1モデルが追加されることになりました。

7.1対1ということは、ハンドルを1回転させると、スプールが7.1回転することに。

62cmのラインを巻き取ることができるわけです。

ちなみに既存モデルのアルファスAIR TWは、ハンドル1回転につき75cmのライン巻き取り量でしたから、減っていますよね。

これは、キャストしたルアーを素早く回収することを目的としておらず、スローに定速リトリーブするための仕様です。

バス釣りはもちろん、ソルトウォーターゲームにおいても、ただ巻きの釣りはとても有効です。

何故なら、ルアーに無防備感が漂うから。

警戒心が落ちているな!とフィッシュイーターが感知したら、一気に捕食スイッチが入って襲われる、そういう誘いの要素を多分に含んでいると考えてください。

どんなにワームをシェイクしたところで、無防備感にはかないません。

それを表現するためのギア比7.1対1ですから、使わない手はないですよね。

アルファスAIR TWのボディフレームには、アルミ金属が使われています。

ガッシリとした剛性で、メインギアやハンドルなどの回転箇所を支えてくれますよ。

対象魚が大きくなっても、ベイトフィネスのアプローチが使えることになり、キャッチ率は一層アップするでしょう。

ダイワオリジナルのTWSを搭載したアルファスAIR TW!

アルファスAIR TWには、ダイワ独自のTWSが搭載されています。

キャスティングの際には、T字型のレベルワインドが前方に回転して、ラインが幅広部分をスムーズに通り抜けていきます。

飛距離が伸びますし、バックラッシュトラブルが抑え込まれるでしょう。

リトリーブする際には、そのレベルワインドが後ろ方向に倒れます。

レベルワインドの狭い溝にラインが引き込まれて、きっちり平行にスプールに巻き取られていきますよ。

安定したキャスティングを体感したいなら、TWS搭載モデルを使ってみることをおすすめします。

直径28mmのG1ジュラルミン製AIRスプールを採用!

アルファスAIR TWのスプールに注目してください。

直径28mmしかない、G1ジュラルミン製のAIRスプールを採用しています。

2g前後の軽量ルアーでも、楽にキャストできてしまえるので、さまざまな釣り方に対応できますね。

渓流エリアでイワナやヤマメ・アマゴなどをターゲットに、極小ルアーをキャストしたくなります。

海の岩礁帯でロックフィッシュに向かって、ミノーやシンペンを投入することも可能でしょう。

アルファスAIR TWのスペック表はこちら

アルファスAIR TWとマッチしそうなおすすめロッドを選んでみた!

アルファスAIR TWを装着して釣りを楽しめそうな、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

まずは、渓流・管理釣り場におけるトラウトゲーム用から。

ショートレングスのブランクスで構築されていて、よく曲がり込みますから、スプーンやミノーを軽々とキャストできるでしょう。

木の枝や草などがキャストの邪魔になりますから、バックスイングの取り方に注意してください。

ダイワ シルバークリーク GP46ULB-G

ダイワ シルバークリーク GP46ULB-G

最安値価格
¥40,937(amazon)

Amazonへ ¥40,937

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥43,942

人気のシルバークリークシリーズに、待望のベイトフィネスロッドが加わりました。

全長が1.37mと短めなので、多くのポイントで扱いやすいでしょう。

継数は2本なので、仕舞寸法は71cmになります。

自重は71gと軽めで、長い時間振り回すのにちょうどいいですね。

先径/元径は1.6/7.4mmと細めで、適合するルアーウエイトは、1.5gから7gです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら2lbから6lbとなります。

ブランクスのカーボン素材含有率は31%なので、グラス素材の比率の高いロッドに仕上がっています。

よく曲がり込んて、トラウトによるショートバイトを確実にフッキングに持ち込めるでしょう。

実売価格は3万円台と、ハイスペックに見合った価格帯に設定されていますよ。

レジンの量を減らした構造を持っている、SVFグラスを採用しているので、軽さ・粘り・しなやかさを体感できますよ。

流行りのヘビーウエイトなフラットサイドミノーを結んで、深場・トロ場・カバー周りなどを丁寧に攻めてみてください。

アマゴがバイトしてきたら、ラインをできるだけ出さずに、カバーから引き離すようにしましょう。

岩などに擦られてしまうと、モノフィラメントラインならある程度持ちますが、PEラインだと切られてしまうかもしれません。

ロッドのしなやかさで上手くあしらいながら、掛かった渓流魚をカバーの無い場所まで誘導するしかありません。

そのドキドキ感を味わうためにも、グラス素材比率の高いこのロッドは、有効に働いてくれるでしょう。

ダイワ ブラックレーベル SG 661UL+FB ベイトキャスティングモデル

ダイワ ブラックレーベル SG 661UL+FB ベイトキャスティングモデル

最安値価格
¥30,050(Yahoo!)

Amazonへ ¥32,577

楽天市場へ ¥30,068

Yahoo!へ ¥30,050

ブラックレーベルSGシリーズにラインナップされている、細身のベイトフィネスロッドです。

バス釣りはもちろん、ライトソルトウォーターゲームにも転用可能な、フトコロの広さを持ち合わせていますよ。

全長は1.98mなので、軽く振るだけでロングキャストができるようになっています。

継数は2本ですが、グリップジョイント方式を採用しているので、仕舞寸法は172cmです。

自重は97gと軽めで、先径/元径は1.5/11.9mmです。

適合するルアーウエイトは、1.4gから9gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら4lbから10lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%ですね。

実際に手に取ってみると、とても軽くてシャープに触れる印象です。

ブレはあるものの、収束が早めで扱いやすいですね。

極小のクランクベイトやポッパーなどをキャストすれば、バスやウグイ・カワムツ・ブルーギルなどをバイトに持ち込めます。

そのまま海へ足を運べば、ロックフィッシュやメッキ・カマスなどを相手に、スリリングなやり取りを楽しめるでしょう。

実売価格は3万円台と、スペックに見合った価格帯に収まっています。

クリップ周りのぜい肉が、上手く削がれている感じがして握りやすく、大きな負荷が掛かっても強く握り込めるのが嬉しいですね。

長く使い続けられる1本に仕上がっていて、その応用範囲はアングラーのスキルに合わせて広がり続けるでしょう。

アルファスAIR TW追加ラインナップの気になる発売日はいつ?

アルファスAIR TW追加ラインナップの気になる発売日は、2021年の12月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、42,800円です。

2種類のギア比から選べるようになりますから、釣り方にもバリエーションが増えます。

これまで獲れなかった魚を、バイトに持ち込める機会がやってくるでしょう。

ランディングネットを用意して、万全の態勢で釣り場へ向かいたいですね!

ラインは、糸ヨレトラブルの心配がないので、できるだけ太いものを使うようにしましょう。

ベイトフィネスの関連記事はこちら

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング