ルアーのアップ写真

スピンガヴァチョで釣りたい!人気中空フロッグのおすすめタックルをチェック

FISHING JAPAN 編集部

バス釣り用の中空フロッグを使えば、ヘビーカバーを攻略しやすいですよね。

でも専用の極太ロッド+ラインを組み合わせたタックルが、必要になってきます。

ジャッカルのスピンガヴァチョなら、いつも使っているスピニングタックルや、ライトなベイトタックルで対応することができますよ。

ここでは、スピンガヴァチョの特徴や使い方、おすすめのタックルについてご紹介しましょう。

スピンガヴァチョとは

スピンガヴァチョとは、ジャッカルから発売中の小型中空フロッグルアーのことです。

全長はなんと、46ミリしかありません。

なかなかこんなに小さな中空フロッグ、他メーカーでも見たことがありませんよね。

ウエイトもそれに合わせて、たったの6.2グラム。

これならベイトタックルのヘビーな組み合わせでは、全く飛距離が伸びないでしょう。

そこで登場させたいのが、スピニングタックルです。

こちらなら6.2グラムもあれば、余裕で飛んでいってくれますよね。

流行りのパワーフィネスにも使えますから、ぜひスピニングタックルで使ってみましょう。

またバス釣りの初心者なら、不慣れなベイトタックルよりも、断然スピニングタックルのほうが扱いやすいですよね。

カバーエリアはもちろん、オープンエリアでもじゅうぶん操れるはずです。

注意したいのは、用いるライン。

いつもの細いラインだと、カバーに擦り付けるようなアプローチが難しくなります。

かといって、せっかくの中空フロッグで、フックがウィードレスセッティングされているわけですから、カバー接触は積極的におこないたいところ。

となれば、ラインはスピニングリールに巻けるもので強度の高い、PEラインがおすすめです。

ナイロンやフロロカーボンラインで太いものを巻くと、すぐに糸ヨレが発生してしまうからやめておきましょう。

スピンガヴァチョのウエイトを考慮すれば、1.5号前後のPEラインでバッチリなはず。

1.5号もあれば、ショックリーダーライン無しで直結して使うこともできそうなくらい、強いラインといえますね。

スピンガヴァチョの実釣インプレ

スピンガヴァチョの実釣インプレをおこなってみましょう。

前述のスピニングタックルにスピンガヴァチョを装着、オカッパリでフィールドに出てみました。

スピニングロッドの長さは6.10フィートでMLパワー、スピニングリールのサイズは2500番。

そこにPEラインの1.5号を巻いて直結しています。

まずは、岸際のカバー周りへキャスト。

6.2グラムはロッドティップを曲げるほどの重さですから、ブランクスの弾力を利用し軽く振ってキャストすることが可能です。

ゆるゆると飛んでいくスピンガヴァチョ、当然着水音は静かで穏やかですから、バスが警戒心を膨らませることはほぼありません。

着水してすぐに動かさずに、そのまま浮かせておきましょう。

テールから伸びているシリコンスカートが、水に馴染んで垂れ下がっていくのを、バスもじっと見つめていますよ。

それが強い誘い効果となってくれているのです。

自分なりのスピンガヴァチョの使い方を膨らまそう!

スピンガヴァチョを木の枝などに引っ掛けて、水面までぶら下げ状態にしてください。

いわゆる提灯釣りをするわけですが、水面を何度も叩くよりも、ちょっと引き上げて水面から離してしまう時間を設けるほうが、バイトを誘発しやすいことがあります。

さまざまなアプローチの仕方を自分なりに編み出しながら、スピンガヴァチョの使い方を広げていきましょう。

フックはフッ素コートが施された刺さりの良いものなので、強めのフッキングをしなくても口の中に残ってくれますよ。

そのままラインテンションを緩めずに、一気にランディングしてしまうのがコツです。

スピンガヴァチョのデモンストレーション動画はこちら

スピンガヴァチョにマッチしているおすすめタックルをピックアップ!

それではスピンガヴァチョを操るための、おすすめタックルを取り上げてみましょう。

前述の通り、スピニングタックルでアプローチしたいですよね。

あまり硬いロッドを選ぶと、フッキングの際に弾いてしまうかもしれませんから、胴に乗せるイメージの柔軟さを持たせるほうがいいでしょう。

シマノ(SHIMANO) バスロッド ポイズンアドレナ センターカット2ピース スピニング 2610UL/M-2 ワーミングロッド オカッパリ ワーム

シマノ(SHIMANO) バスロッド ポイズンアドレナ センターカット2ピース スピニング 2610UL/M-2 ワーミングロッド オカッパリ ワーム

最安値価格
¥34,760(Yahoo!)

Amazonへ ¥40,700

Yahoo!へ ¥34,760

シマノから発売中のバス釣り用スピニングロッドです。

ロッドティップとバットのバランスが、他のロッドにはない味付けになっているのが特徴的。

全長は2.08メートルで、ULからMパワーへ可変するブランクスになっていますよ。

継数は2本で、仕舞寸法は106.5センチですから、さまざまなオカッパリシーンへ持ち込むことができます。

自重は90グラムとかなり軽めで、先径は1.4ミリと繊細に作られていますね。

適合するルアーウェイトは、2グラムから15グラムまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら1.5ポンドから8ポンドまでです。

PEラインを通してみた感じでは、1.5号前後までじゅうぶん対応してくれました。

グリップ長は210ミリと短めなので、振り回しやすくなっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.1パーセントです。

実際に使ってみると、ダルさは全く感じられず、シャープな張りがそのまま高い操作性に直結している印象ですね。

キャストフィールも上々で、フッキングレスポンスも高め。

ただし、フックを確実に貫通させることより、乗せたまま引き寄せるイメージで使うほうが、ランディングできる確率は上がるでしょう。

実売価格は3万円台と、やや高めな価格に設定されています。

キャストして柔軟に操りたい人に、おすすめの1本といえそうですね。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック 2500S バス用スタンダードモデル エギング

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック 2500S バス用スタンダードモデル エギング

最安値価格
¥18,590(楽天市場)

Amazonへ ¥20,136

楽天市場へ ¥18,590

シマノのスピニングリール・ストラディックシリーズの2500番です。

ギア比5.3対1で、ハンドル1巻き78センチのラインを巻き取れるようになっています。

ただ巻きやスローリトリーブに向いていて、なおかつ力強い引き寄せパワーも持ち合わせていますよ。

最大ドラグ力は4.0キロで、自重は220グラムと軽めの設定です。

スプール寸法は、直径47ミリでストロークが17ミリ。

ラインキャパは、PEラインの1号で120メートル巻けます。

実際に使ってみると、ローターもハンドルもスムーズに回ってくれる印象ですね。

太目のPEラインでパワーフィネスの釣りをするのに向いていますから、スピンガヴァチョのウエイトともマッチしやすいでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

バス釣りのライトリグを操作するのにも使えるので、1台持っておくと重宝しますよ。

シマノ(SHIMANO) PEライン ピットブル 4本編み 150m 1.2号 ライムグリーン 27.0lb PL-M54R 釣り糸

シマノ(SHIMANO) PEライン ピットブル 4本編み 150m 1.2号 ライムグリーン 27.0lb PL-M54R 釣り糸

最安値価格
¥855(楽天市場)

Amazonへ ¥1,084

楽天市場へ ¥855

Yahoo!へ ¥865

シマノから出ている4本撚りのPEラインです。

巻き数は150メートルもあるので、スプールにじゅうぶんな量が収まってくれますね。

太さは1.2号で、 最大強力は12.2キロに設定されています。

カラーは、視認性の高いライムグリーンを採用していますよ。

原糸には、均等性に優れた4本編み工法=VT工法を使っています。

実際に使ってみて、糸潰れがほとんど発生しないのが嬉しいですね。

実売価格は800円台と、とても安い価格帯に設定されています。

これなら異なる号数を揃えておいて、釣り場のカバの濃さなどに合わせて使い分けができるでしょう。

ショックリーダーラインとも相性が良く、ノットのすっぽ抜けトラブルは皆無でした。

リーダーが食い込みやすいので、とても結びやすいですよ。

スピンガヴァチョを駆使してビッグバスを釣り上げよう!

スピンガヴァチョの特徴や使い方、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

体長46ミリは、とてもコンパクトで操作性の高まる要素になります。

ちょっとしたカバーポケットにも、スルリと入ってくれるので、バスを誘いやすいですよ。

バイトがあれば完全に口の中に収まってしまうのも、フッキング率向上に役立っていますよね。

ただし、フックの位置が最後尾にはありませんから、バイト即フッキングはやめておいたほうがいいでしょう。

しばらくバスに持って行かせて、ラインスラックが消えた時点でフッキング動作に移るのがおすすめです。

スピニングタックルでは、ロッドを立ててラインスラックを消すことも大切になってきますよ。

ジャッカルの関連記事はこちら

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング