ルアーのアップ写真

バラムでビッグバスを釣りたい!使い方やおすすめタックルをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

ビッグバスを池原ダムや琵琶湖などで釣り上げている動画を観ると、8の字を描くようにしてボートの際で誘いをかけている姿に出くわすことが。

ロッドの先に付いているのは、全長300ミリのジャイアントベイト・バラムです。

こんな大きなボリュームのルアーに、バスが食い付いてくるのも驚きですが、その使い方も圧巻。

ここでは、マドネスジャパンからリリースされているバラムシリーズについてご紹介しましょう。

「実物はかなり大きくて重いよね!」

その通り!通常のバス釣り用タックルでは、キャストすら難しいですね。

バラムとは

バラムとは、マドネスジャパンから発売中のジョイント構造に作られているジャイアントベイトのことです。

サイズ設定は、2種類用意されていますよ。

全長300ミリのバラム300のほうは、自重が6オンスもあります。

1オンス約28グラムですから、なんと約168グラムもの重さが1つのルアーに。

レイクトローリング用ではなく、キャスティングアプローチで使う目的で作られているのですから、驚きですよね。

もうひとつのサイズは全長245ミリで、自重が3.7オンス=約103.6グラム。

バラム300よりは小振りとはいえ、自重100グラムオーバーは結構重いほうでしょう。

それら2つとも、4連のジョイント構造になっていて、フレキシブルにボディがうねるアクションを発生させますよ。

最後尾にはシリコン樹脂製のテールが付いていて、交換可能です。

50センチを超えるビッグバスなら、これくらいのサイズのベイトフィッシュを捕食しているのが普通なのですが、実際にルアーに仕上げてみると、かなり強烈にインパクトを与えてくれますね。

これをラインに結んでキャストするわけですが、独特の使い方でバスを誘いますよ。

その方法について、詳しく取り上げてみましょう。

「リップが付いていないから、トゥイッチヤジャークに対するレスポンスは良くないんじゃないの?」

実際には、それらのアクションを用いずに、もっとシンプルに使います。

バラムの使い方①タックルセッティング

バラムの使い方について、詳しく取り上げましょう。

まずは、専用のタックルを用意して組みます。

最大で170グラム近い負荷に耐えられなければなりませんから、硬くて張りのあるパワフルなベイトロッドが必要になります。

また、20ポンド以上の太いラインと、それを大量に巻けるベイトリールも準備しなければいけませんね。

各メーカーからリリースされていますが、あまりにトータルウエイトが重くなり過ぎると、キャストし続けるのが辛くなるでしょう。

手首やヒジ・肩などに負担のかかりにくい、適切なウエイトのタックルセッティングをおこなってください。

おすすめのロッド・リール・ラインは、のちほど挙げてみることにしましょう。

バラムの使い方②ファストリトリーブ→エイトストラップ

バラムの使い方は、キャストして着水、そこからいきなりファストリトーブを開始するところにキモがあります。

リップが付いていないので、トゥイッチやジャークを入れて誘うよりも、4連ジョイント構造を活かした早巻きアプローチのほうが、各所に潜んでいるバスを引き出すことができるのです。

いわゆるリアクションバイトを誘発させるのか狙いで、それでも食い付いてこないときは、ボート際まで引き寄せたバラムを、ロッドで8の字を描くようにして誘いをかけます。

これをエイトトラップと呼び、バラムを使う大きな理由になっていますよ。

エイトトラップを水中から見上げているバスは、その激しいアクションや水飛沫によって興奮状態に。

そうなればアングラーがそばにいることも気にならずに、豪快に襲い掛かってくるでしょう。

バラムをスムーズに操るのにおすすめのタックルを集めてみた!

バラムをキャストしてリトリーブするのに、おすすめのタックルをピックアップしてみましょう。

まずは、ベイトロッドから。

重めのウエイトにも負けずに、しっかりとロングキャストできるものを選びました。

エイトトラップにスムーズに移行しやすくするためには、振り回しやすい軽さにもこだわりたいですね。

シマノ(SHIMANO) バスロッド バンタム ファストムービング&ビッグベイト 2ピース 180XXH-SB 100~300g級の大型ビッグベイトに

シマノ(SHIMANO) バスロッド バンタム ファストムービング&ビッグベイト 2ピース 180XXH-SB 100~300g級の大型ビッグベイトに

最安値価格
¥42,580(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥42,580

シマノから発売されているビッグベイト・ジャイアントベイト専用のベイトロッドです。

全長は8フィートでダブルエクストラヘビーパワーのブランクスに仕上がっていますよ。

自重は190グラムと、バスロッドの中ではかなり重めになっていますが、バラムを操るならこれぐらいのパワーとトルクか必要になってくるでしょう。

適合ルアーウエイトは、最大で300グラムまでOK。

ラインは、PEラインなら8号、ナイロンラインなら35ポンドまで使えますよ。

ここまで太いラインを操れるなら、バラムからの負荷も受け取れるはずです。

実際に手にしてみましたが、剛性感の塊のようなロッドでした。

エイトトラップを実践するのにじゅうぶんなパワーを秘めていますよ。

ただし、長さが結構あるので、ロッドティップを水面に向けたときの扱い方には注意しましょう。

水面に突っ込まないようにしながら、ロッドで8の字を描けるように練習しておきたいですね。

実売価格は4万円台と、結構高めな価格になっています。

これほどの剛性スペックなら、納得できる価格設定かもしれませんね。

ロングキャストして垂直岩盤やコンクリート壁を狙う場合、早めのサミングで軌道修正してください。

もしそのまま飛距離を伸ばして、壁に直撃してしまったら、ボディが樹脂製ですから割れてしまう危険性があります。

サイドハンドキャストなら、キャストの際の初速を抑えやすいので、その辺の制動操作がスムーズにおこなえるでしょう。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 18 カルカッタコンクエスト 400 右 ビッグベイト シーバス

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 18 カルカッタコンクエスト 400 右 ビッグベイト シーバス

最安値価格
¥8,298(Yahoo!)

Amazonへ ¥44,600

楽天市場へ ¥48,759

Yahoo!へ ¥8,298

シマノの丸型ベイトリール・カルカッタコンクエストです。

300番と400番が同時にリリースされたのが、2018年。

自重を比べると10グラムほどの差しかないので、ラインキャパによって選べばいいでしょう。

ギア比6.2対1で、ハンドル1巻き84センチのラインを回収することができます。

ラインキャパは、25ポンドラインで200メートル巻くことが可能です。

もっと太いラインを巻いて、キャスト&ファストリトリーブするのもOKでしょう。

キャストの際にはレベルワインドが連動しますから、スムーズなライン放出を実現してくれますよ。

実売価格は4万円台と、やや高めな価格に設定されています。

ハイエンドスペックモデルよりは抑えられた価格帯ですから、ジャイアントベイトを使いこなすつもりなら検討してみていいのではないでしょうか。

ラインキャパでいえば、シマノのアンタレスDC MDも候補に挙げられますよね。

モーリス(MORRIS) ナイロンライン デッドオアアライブ ストロング 150m 30lb ストロンググレー

モーリス(MORRIS) ナイロンライン デッドオアアライブ ストロング 150m 30lb ストロンググレー

最安値価格
¥1,009(amazon)

Amazonへ ¥1,009

楽天市場へ ¥1,082

Yahoo!へ ¥1,082

バリバスブランドから出ているナイロンラインです。

こちらは、30ポンドの強さで150メートルの巻糸量がありますから、ロングキャストにもしっかり対処できますよね。

バリバス独自のVA-G製法を採用しているので、ワンランク細い号数で同じ強さを実現しています。

しなやかさがあってスプールへの馴染みもバッチリ、耐摩耗性能も高いですから、カバーやストラクチャーに擦れても安心してやり取りを楽しめるでしょう。

カラーにはストロンググレーを使っていて、カモフラージュ効果を期待できます。

実売価格は千円台と、かなりリーズナブルな価格帯に収まっていますよ。

ナイロンラインは、他の素材と比べてどうしても吸水率が高いので、劣化してきたと感じたら巻き換えをおこなうように習慣を付けましょう。

販売価格帯が低く抑えられているのは、ライン交換をするのにありがたいですね。

フロロカーボンラインのように、水中に沈もうとしませんから、表層でバラムを使い続けたいケースで有利に働くでしょう。

伸びはじゅうぶんで、クッション性は期待できるレベルです。

バラムの使い方をマスターしてビッグバスを釣り上げよう!

バラムの特徴や使い方、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

最初はその大きなホリュームに驚いてしまうかもしれませんが、キャストして丁寧に着水させ、ファストリトリーブを繰り返してみましょう。

いきなり強烈なバイトが発生して、ロッドが弓なりに曲がるかもしれませんよ。

ビッグベイトの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング