潮見表アプリ『タイドグラフBI』がApple Watchにも対応しました!より便利に使える裏技も紹介!

FISHING JAPAN 編集部

『タイドグラフBI』というアプリをご存知ですか?

今釣り人の間ですごく話題になっている潮見表アプリで、総ダウンロード数も20万を突破していますよ。

そんな釣り人に大人気の潮汐アプリが、Apple Watchに対応しました!

今回は、アプリの使い方など詳しくご紹介します。

『タイドグラフBI』ってどんなアプリ?

タイドグラフBIは、港や海釣り公園など、実際に魚が釣れた実績のある3,000ヶ所に合わせたピンポイントな潮見表や天気予報、水温などを確認することができるアプリです。

3,000ヶ所という潮汐ポイントの多さと、1度に確認することができる情報の多さが釣り人にウケているように感じます。

他にもタイドグラフBIでは以下の情報がチェック出来ます。

精度の高い天気予報を表示

天気予報は「天気・気温・雨量」に加え、釣りをする上で特に重要となる「風向・風速・波の高さ・水温」がすべてタイドグラフの下に表示されます。

3,000ヶ所のピンポイント天気予報を取得できるので、天候に左右されない計画的な釣行を行うことができます。

天候と魚の釣れやすさについてはこちら

魚の活性と関連性の高い”気圧”をグラフで表示

低気圧は魚の活性を上げるとされています。

気圧が低いと、餌となるプランクトンが水中で浮き上がり、魚自体も浮袋の関係で浮きやすくなるため活性が高まります。

タイドグラフBIは気圧の変動をグラフで詳細に表示するので、釣りの狙い時を確認することが出来ます。

気圧と魚の関係性についてはこちら

魚の釣れる時間がわかる”BI(爆釣指数)”

アプリでは魚の釣れやすさを数値化した”BI”(爆釣指数)を表示しております。

この数字が大きいほど魚が釣れやすいことを示しており、タイドグラフ内では星の数でBI(爆釣指数)を示します。

BI(爆釣指数)は潮汐や複数の自然条件など魚の食活性に関係するあらゆる要素と過去の釣果データを独自のノウハウで数値化し、1時間毎の魚の釣れやすさを導き出しています。

釣行日時や釣行場所を選ぶ際の参考にして、より釣果の良い釣行を計画できます。

釣り場でも安心な警報・災害お知らせ機能と雨雲レーダー

タイドグラブBIでは、気象庁が発表した警報・注意報や地震、津波、台風の詳細情報をリアルタイムに表示します。

海釣りを行う際に気になる波浪警報や高潮警報も確認することができます。

最新の情報が更新されると赤いバッチでお知らせするので、釣りも安全に楽しむことができます。

Apple Watchに対応開始!

タイドグラフBI(iOS版)は2020年10月12日のバージョンアップで、Apple Watchに対応しました。

iPhoneとApple Watchをペアリング(同期)すれば、お手持ちのApple Watchで簡単にタイドグラフの確認が可能です。

釣り場でスマホを取り出すのは面倒だと感じる方も多いでしょうから、ぜひApple Watchをお持ちの方はWatchアプリのお試しをおすすめします。

Apple WatchでタイドグラフBIを見る方法

Apple WatchでタイドグラフBIを見る方法を詳しく説明していきます。

①iPhoneとApple Watchをペアリングする

まずは、お手持ちのApple WatchとiPhoneのペアリングがお済みでない方は、下記手順でペアリングを行ってください。

②マイポイントを登録する

スマホアプリでマイポイントを登録してください。

マイポイント画面に表示される一番上のポイントのタイドグラフをApple Watchで見ることができます。

※Apple Watchでは当日のタイドグラフのみ表示します。

※Watchで表示するポイントを変更したい場合は、スマホアプリのマイポイント画面でマイポイントの順番を変更してください。

③Watchアプリを開く

Watchアプリを開くと、スマホのマイポイント画面で一番上のポイントのタイドグラフが表示されます。

※通信環境が整っていないエリアでの使用はできません。
※スマホと同期できない状況でのWatchアプリの使用はできません。

【注意】Appの自動インストールがオフになっている場合

iPhone側の設定で、「Appの自動インストール」がオフになっている場合、Watchアプリは自動インストールされないため、手動でアプリをインストールする必要があります。


①「Appの自動インストール」の設定を確認する

Watchアプリを開いて、「一般」をタップして下さい。

一般の画面の上から3つ目にある「Appの自動インストール」がオフになっているか確認します。

※ここをオンにすれば、iPhoneにインストールされているアプリのうち、Watchに対応しているものは自動的にApple Watchにもインストールされます。

「Appの自動インストール」をオフにしたまま、Watchに手動でアプリをインストールをされたい方は下記手順をご確認下さい。

②アプリを手動でインストールする

WatchアプリのTOP画面の一番下にある、「利用可能なAPP」を確認します。

「Tidegraph」のインストールボタンを押すと、Watchにアプリがインストールされます。

Apple Watchでもっと便利にタイドグラフBIを使う裏技!

Apple Watchには、長時間アプリを使用しなければスリープ解除後にHOME画面に戻ってしまうという仕様があります。

そのため、釣りをしていてふとタイドグラフを見たいと思って手首を上げても、タイドグラフの画面は表示されません。

そんな面倒臭さを解消する設定方法がありますので、ご紹介します!

「スリープ解除時にスクリーンに最後に使用したAPPを表示」を”常に”に設定

Watchアプリを開いて、「一般」をタップして下さい。

そして、「画面をスリープ解除」を開いてそのページの一番下にある「スリープ解除時にスクリーンに最後に使用したAPPを表示」を”常に”に設定してください。

このように設定するだけで、Watchアプリを長時間使用していなくても、手首を上げればすぐに最後に使用したアプリが表示されるので便利です!

タイドグラフBIを使ってもっと快適に釣りを楽しもう!

今回は今人気の潮見表アプリ「タイドグラフBI」についてご紹介しました。

ぜひ釣り人の皆さんも、タイドグラフBIを使って快適に釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

天気・気象・潮汐」カテゴリの人気記事

釣りアプリ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング