ウキのアップ写真

飛ばし浮きを使ってアジ・メバルを釣りたい!フロートリグにおすすめのタックル特集

FISHING JAPAN 編集部

アジングやメバリングで多用されるジグ単、確かによく釣れるのですが、釣り場で風が強くなってくると途端にキャストしづらくなってしまいます。

そんなときに重宝するのが、飛ばし浮き。

軽い仕掛け=リグやルアーを、遠くのポイントまで楽に届けてくれますよ。

ここでは、飛ばし浮きの特徴や、おすすめの関連タックルについてご紹介しましょう。

飛ばし浮きとは

飛ばし浮きとは、キャストしたい仕掛け=リグに重量を加えて、飛距離を出すことを目的とした釣り道具のことです。

浮きといえば通常玉ウキや中通しウキ・シモリウキ・へらウキなどをイメージしてしまいますが、今回取り上げるのは、フロートリグに用いるタイプ。

サビキ釣りなどで使う大型のものではなく、アジングやメバリングなどで盛んに用いられるようになった小型の飛ばし浮きに注目してみましょう。

「ルアーで釣るのにウキを使うって斬新だよね!」

確かにウキとルアーはなかなか相容れないもののイメージが強かったですが、そこは頭の柔軟なアングラーの登場で、便利なもの同士をくっ付けてみよう!という試みがあったことになります。

例えば、強風が吹いてきたとしましょう。

重さ1.0グラム前後のジグ単では、キャストした途端に足元近くへ落下してしまうに違いありません。

当然狙ったポイントまで届きませんから、釣果も伸びずに釣りを終了しなければならない事態に。

そういった展開を改善し、釣りをしっかり楽しむための工夫が、飛ばし浮きには詰め込まれているのです。

飛ばし浮きを用いて作るフロートリグって何?

飛ばし浮きにジグ単を装着した仕掛けのことを、フロートリグと呼びます。

沖合いにライズを発見したら、通常では届かないジグ単でも、フロートリグにするとバッチリ攻略することが可能になります。

フロートリグ用の飛ばし浮きは、各メーカーによってさまざまな種類が作られていますよ。

表層に浮き上がったままになるものや、自ら水中に沈んでいくもの、その沈みスピードがゆっくりしていものや素早いもの、サスペンドして中層で漂い続けるもの等々。

そこに装着するジグ単の重みによって、ゆったりと沈み始めるセッティングにすることも可能なわけですから、その日のシチュエーションに合わせて攻略アプローチを調整できるメリットがあります。

これは釣りをする上で、とても心強いですよね。

フロートリグで狙える魚は?

飛ばし浮きを用いたフロートリグは、見た目がキャロ=キャロライナリグです。

キャロ全体で浮き上がった状態になるので、表層から中層に漂う魚に対しては、とても効果を発揮するでしょう。

例えば、メバル。

ジグ単に装着するワームのカラーやボリュームを変えながらアプローチすれば、好釣果が期待できますよ。

それから、アジ。

潮目近くまでフロートリグをドリフトさせると、アタリがひんぱんに発生することがあります。

ただし、アジはボトム付近の深い層まで沈んでしまうことも多いですから、沈みセッティングのフロートリグで果敢に攻めなければならないケースも。

そう考えると、シーバスゲームやロックフィッシュゲームなどでも、飛ばし浮きを使ったフロートリグは有効といえるでしょう。

飛ばし浮きを使ったフロートリグでアジングを展開している動画はこちら

動画で使われている飛ばし浮きは、よくある中通しタイプではなくカン付きタイプでしたね。

そこにPEラインとショックリーダーを結んだ際に発生するヒゲ部分、つまり余り糸を結んで、操作性やアタリに対する感度をアップさせていますよ。

このフロートリグのことを、Fシステムと呼んでいます。

アングラーによって、どんどんフロートリグが進化し続けているのが分かりますよね。

飛ばし浮きを使った釣りにおすすめのタックルはこちら!

それでは、おすすめの飛ばし浮きと、それらを使うのに適した関連タックルを取り上げてみましょう。

まずは、飛ばし浮きから。

かなりの数が発売されていますから、どれを選ぼうか迷ってしまいますよね。

浮き上がるものや沈むものなど、設定もさまざまですから、じっくりチェックしてみましょう。

Arukazik Japan(アルカジックジャパン) シャローフリーク F-15.0g

Arukazik Japan(アルカジックジャパン) シャローフリーク F-15.0g

参考価格:¥377

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

アルカジックジャパンからリリースされている、カン付きタイプの飛ばし浮きです。

フローティング仕様なので、水面に浮き上がろうとしますよ。

前述の動画で観た、Fシステムを実践するのに適したアイテムだと考えてください。

自重が15.0グラムもありますから、アジング用のスピニングタックルなら結構遠くまで届けることができるでしょう。

ただし、フロートリグ自体が表層に残ってしまうので、ボトム付近にいる魚の攻略は難しくなってしまいます。

0.8グラムより重いジグ単をぶら下げれば、ゆっくりと落とし込んでいくアプローチも展開できますよ。

時折シーバスなどの他の魚種がヒットしてくるのも、スリルがあって楽しいですから、ぜひ試してみてください。

Arukazik Japan(アルカジックジャパン) シャローフリーク Dive D-11.7g

Arukazik Japan(アルカジックジャパン) シャローフリーク Dive D-11.7g

参考価格:¥445

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

こちらはもカン付きタイプの飛ばし浮きで、Fシステムを展開するのに向いています。

ただし、最初から浮力は与えられておらず、ゆっくりと水中へ沈んでいくダイブ仕様になっているのが特徴です。

岩礁帯などのボトムに変化のあるエリアなどを、積極的に攻めるのに向いていますよ。

また潮目付近などの流れのあるシチュエーションでは、リグそのものに沈む要素が付加されているほうが、水中を漂わせやすいですから、こういったシンキングタイプのほうが扱いやすいでしょう。

自分なりにアプローチ方法を変えられる自由度があるからこそ、アジングやメバリングの面白味も深まっていくわけです。

Arukazik Japan(アルカジックジャパン) フロート ブッ飛ビロッカーⅡ M SS

Arukazik Japan(アルカジックジャパン) フロート ブッ飛ビロッカーⅡ M SS

参考価格:¥591

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

これは中通しタイプの飛ばし浮きです。

まさにキャロそのもので、シンカー部分が飛ばし浮きに変わったと考えていいでしょう。

スローシンキング仕様ですから、着水とともにゆっくり沈んでいきます。

その間に発生する魚からのアタリを取りながら、釣りを展開するようにしましょう。

中通しの出入り口には、ラインの負担を抑えるSiCリングが装着されています。

ラインブレイクを気にせずに、安心して魚とのやり取りを楽しむこともできるでしょう。

シマノ(SHIMANO) ウキ ソアレ アウトシュート 01T グロー 3.6 SF-A21Q - -

シマノ(SHIMANO) ウキ ソアレ アウトシュート 01T グロー 3.6 SF-A21Q - -

参考価格:¥1,091

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

シマノから発売中のフロートリグ用飛ばし浮きです。

ラインの装着がカンタンで、少し浮くセッティングになっていますよ。

ボディカラーにグローを採用しているので、遠くに着水させても見つけやすいのがいいですね。

ダイワ(Daiwa) ウキ アジング メバリング 月下美人 月ノ雫II F(フロート) S 4.5g

ダイワ(Daiwa) ウキ アジング メバリング 月下美人 月ノ雫II F(フロート) S 4.5g

参考価格:¥370

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ダイワからリリースされている飛ばし浮きです。

フローティング仕様で中通しタイプ、ラインが突き出る穴は、水面の上になるようにバランスウエイトが配置されていますよ。

ボディデザインがティアドロップ型なので、空気抵抗を抑えて飛距離を伸ばすことができます。

また着水音が独特の柔らかさですから、メバルが逃げずに集まることも。

さまざまな工夫が盛り込まれている飛ばし浮きに仕上がっています。

ダイワ(DAIWA) メバリングロッド スピニング月下美人 MX 78MLS-S 釣り竿

ダイワ(DAIWA) メバリングロッド スピニング月下美人 MX 78MLS-S 釣り竿

参考価格:¥25,620

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

全長7.8フィートと長めのレングスが、飛ばし浮きを伴なったフロートリグをキャストしやすい状態にしてくれます。

自重80グラムでMLパワーを持っていますから、10グラム程度のリグを背負うことができますよ。

しっかりロングキャストして、ライズを直撃したり潮目を叩いたりしてみましょう。

乗せ調子でソリッドティップですから、繊細なアタリもフッキングに持ち込みやすいですよ。

シマノ(SHIMANO) ソアレSS アジング S74L-S

シマノ(SHIMANO) ソアレSS アジング S74L-S

参考価格:¥20,405

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

7.4フィートの長さでフロートリグを操りやすい、シマノのアジングロッドです。

リグ自体の長さも考慮に入れると、この程度の長さを持ったロッドは必要不可欠でしょう。

自重70グラムと軽量で、12グラムまでのリグをキャストすることができます。

2ピース仕様ですから、釣り場への持ち込みも便利でクルマにも積み込みやすくなっていますよ。

飛ばし浮きを駆使してアジングやメバリングを満喫しよう!

飛ばし浮きの特徴や、おすすめの関連タックルについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

ショートレングスのロッドでジグ単を操るのも楽しいですが、沖合いのポイントをロングキャストで攻略するのもスリリングです。

手付かずの魚の群れに遭遇する確率が高いですから、これまで経験したことのない好釣果に恵まれるかも。

飛ばし浮きを用いたフロートリグを使いこなして、より一層ライトソルトゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ソルトゲームの関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング