スイベルのアップ写真

スイベルってどれがいいの?糸ヨレ防止対策におすすめのアイテムを徹底チェック

FISHING JAPAN 編集部

釣りにおいてラインは必要不可欠のものです。

ラインと仕掛けやルアーなどをつなぐ際に、直結すれば回転が発生して糸ヨレが起きてしまう可能性があります。

そんなとき頼りになるのが、スイベルです。

ただスイベルには、数え切れないほどの種類やサイズが用意されていますから、どんなときにどれを使えばいいか迷ってしまうことも。

ここでは数あるスイベルの中から代表的なものピックアップして、その機能をご紹介します。

スイベルとは

スイベルとは、ラインとラインをつなぐ際に、その間に挟む糸ヨレ防止パーツです。

中心部分を指でつまむと、その両端がクルクルと回転することが分かりますよ。

この効果により、もし結んだラインが回転してしまっても、スイベルも同じ方向へ柔軟に回ることで、糸ヨレを防止することができます。

とてもシンプルな形状の釣り道具ですが、これが存在することによって、釣った魚を確実に取り込むことができるのです。

スイベルの種類と役割①タル型スイベル

スイベルには、さまざまな種類があります。

まず最初に挙げるのが、上記の写真にあるようなタル型スイベルです。

これが最もオーソドックスな形をしていて、日本独自のサルカン、いわゆるヨリモドシの外観にそっくりですよね。

ルアー釣りはもちろん、投げ釣りや磯釣り・川釣り・船釣りなどでも、ひんぱんに使うケースが多々あるでしょう。

ルアーや仕掛けが一定方向に回転してしまった場合、スイベル自体が回転して糸ヨレが激しくなるのを防ぎます。

追従の動きをよくするために、回転部分にベアリングを入れている、ベアリングスイベルというパーツも存在しています。

ベアリングスイベルは、ショアジギングなどのキャスティングゲームやルアー釣りなどに使われることが多いですね。

スイベルの種類と役割②三つ又スイベル・スナップパーツ付きスイベル

次に挙げるのが、三つ又スイベルやスナップパーツ付きスイベルです。

三つ又スイベルは、3つのスイベルを組み合わせたもので、枝スを結んで糸ヨレしづらい効果が得られますよ。

これを利用して、ヘビーキャロライナリグに仕上げるアングラーも出てきました。

スナップパーツ付きスイベルは、スイベルの一端にスナップが付いているもので、主にルアーの交換や仕掛けの取り外し・取り付けなどに便利なアイテムです。

ワンタッチで付け替えが可能なので、ラインを結び直す手間が省けますよね。

おすすめのスイベルはこちら

それではおすすめのスイベルをご紹介しましょう。

サイズが大きくなるほど重量が重くなり、強度も増すようになっています。

重さは水中での沈みを早くし、ルアーや仕掛けの動きを阻害しますから、魚が気づいて食い付かない原因になることも。

かといって、あまりに小さいサイズのスイベルを使うと、耐久性・剛性が落ちますから最悪の場合破損してしまうかも。

その辺りの匙加減が、アングラー個々の経験値で判別できるようになれば、釣りが一層楽しくなるはずです。

NTスイベル(N.T.SWIVEL) タル型サルカン クロ # 20

NTスイベル(N.T.SWIVEL) タル型サルカン クロ # 20

最安値価格
¥125(Yahoo!)

Amazonへ ¥231

楽天市場へ ¥164

Yahoo!へ ¥125

いわゆるスイベルのベーシックな形が、このNTスイベルのタル型サルカンです。

強度もじゅうぶんですから、ラインとラインの結束用にぜひ使ってみましょう。

ただし、回転の具合はそれなりで、スルスルと滑らかに回るというものではありません。

NTスイベル(N.T.SWIVEL) パワースイベル クロ #8

NTスイベル(N.T.SWIVEL) パワースイベル クロ #8

最安値価格
¥129(Yahoo!)

Amazonへ ¥245

楽天市場へ ¥185

Yahoo!へ ¥129

かなり強度を向上させたのが、このパワースイベルです。

8番サイズで強度がなんと27キロもありますから、結構な大物が掛かったとしても破損することはないでしょう。

安心して釣りを楽しみたいなら、このアイテムを選ぶことをおすすめします。

NTスイベル(N.T.SWIVEL) 2リング/BBパワー ニッケル 0

NTスイベル(N.T.SWIVEL) 2リング/BBパワー ニッケル 0

最安値価格
¥594(Yahoo!)

Amazonへ ¥671

楽天市場へ ¥1,392

Yahoo!へ ¥594

こちらは中心部分にベアリングの入ったスイベルです。

ベアリングの回転効果で、滑らかに両端のラインアイが回転するようになっていますよ。

これなら糸ヨレの心配がほとんどなくなるでしょうから、船釣りにおけるバーチカルジギングなどにも活用できるでしょう。

強度が高いのも嬉しいですね。

ショアジギングなどのキャスティングゲームなどでも、メタルジグのアイにつないで使うと、ライントラブルが軽減されるでしょう。

NTスイベル(N.T.SWIVEL) 三又サルカン クロ #1

NTスイベル(N.T.SWIVEL) 三又サルカン クロ #1

最安値価格
¥229(Yahoo!)

Amazonへ ¥265

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥229

この三つ又スイベルなら、船釣りにおける胴付き仕掛けを作る際に、枝スを結ぶ箇所として使えるでしょう。

魚が掛かっても各部が回転するので、糸ヨレによるバラシを抑えることができます。

また一方にオモリ、一方にワーム+フック、そしてもう一方にリールからの道糸を結ぶと、バス釣りで活用するヘビーキャロライナリグをカンタンに作ることが可能です。

キャスティング時やフッキング時に大きな負荷が掛かっても、NTスイベル製ならびくともしないでしょう。

ただし、素早くリトリーブして回収してしまうと、リグ全体が回転して絡まりが発生するかもしれませんので、注意しながら操作することを心がけてください。

オーナー(OWNER) P-09 マイクロスナップ 0 72809

オーナー(OWNER) P-09 マイクロスナップ 0 72809

最安値価格
¥214(楽天市場)

Amazonへ ¥298

楽天市場へ ¥214

Yahoo!へ ¥214

オーナー社からリリースされているスナップパーツ付きスイベルは、なかなか斬新なデザインをしています。

片方のラインアイを大胆にも取っ払ってしまって、中心のタル部分にスナップパーツを直接取り付けていますよ。

こうすることで、トータルウエイトを下げることができ、極小ルアーのアクションの妨げになることを避けていると考えられます。

こういった細やかな工夫こそ、魚を釣るためには必要なのでしょう。

スイベルを使いこなして大物を釣り上げよう!

スイベルの種類や特徴、おすすめアイテムを特集しましたが、いかがでしたか?

シンプルな構造だからこそ、無駄のない造形とバランスが求められるのだと痛感します。

指先ほどの小さなパーツですが、これがあるとないとでは、釣果自体が大きく変わっていくに違いありません。

さまざまなサイズのスイベルを使ってみて、自分の釣りスタイルに無駄や無理がなかったか、検証してみるのもいいかもしれませんね。

スイベルの関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング