スティーズプロップの全体写真

スティーズプロップは2020年新発売のプロップベイト!シンキングもフローティングも選べる

FISHING JAPAN 編集部

2020年ダイワから新発売のスティーズプロップは、バス釣り用に作られたプロップベイトです。

ダブルスイッシャーをシンキングにして引っ張るというのは、ダイレクトリールでバストーナメントがおこなわれていた時代に脚光を浴びたアプローチで、それより前となるとオールドヘドンにラインナップされていたことが、広く知られていますね。

プロップの回転をバスが凝視することによって、小魚の群れを追う感覚になるのでしょう。

となると、このルアーのサイズと大して変わらない子バスも釣れてしまうことに。

もしかすると、ワームより釣れるルアーが登場するのかもしれませんよ。

スティーズプロップとは

スティーズプロップは、前後に金属製の回転プロップを装備した、バス釣り用ルアーです。

設定は3種類、フローティング・シンキング・ファストシンキングが用意されています。

全長は3つとも85ミリで、ウエイトが12.7グラム(フローティング)・13.8グラム(シンキング)・16.5グラム(ファストシンキング)となっています。

これだけウエイトがあれば、太いラインを巻いたベイトタックルで、難なくキャストできますよね。

スティーズプロップの回転プロップに注目

このルアーのプロップに注目してみましょう。

サクサス仕上げされているプロップタイプと、シルバー仕上げされているプロップタイプが用意されています。

サクサスとは、ダイワがフックの表面加工に用いている技術で、滑りがよくなり回転をスムーズに立ち上げていくメリットがあります。

着水即プロップを回転させてバスを誘いたいなら、サクサス仕上げタイプを選びましょう。

シルバー仕上げは、フラッシング効果の向上を狙ったもので、バスを広範囲から引き寄せるのに役立つでしょう。

4番サイズのトレブルフックを標準装備

スティーズプロップのフックは、少し大きめのサイズが装着されています。

トレブルフックの4番サイズですから、ビッグバスがバイトしてきても安心してやり取りを楽しめますね。

特にリアフックを吸い込むだけのような繊細なバイトにも、じゅうぶん対応できるでしょう。

リアフックの効能

プロップベイトにバスがバイトする場合、ベリーフックよりもリアフックに浅く掛かることが多発します。

これはバスがルアーを追尾している証拠で、プロップの回転にのみ集中し、凝視していると考えられます。

ボディ全体を見ずにプロップのみに惹き付けられることで、子バスも数多く釣れてしまうルアーといえるでしょう。

スティーズプロップで実釣している動画はこちら

スティーズプロップには、全部で8種類のカラーが用意されています。

視認性の高いものを選んでおくと、ルアーが沈んでいく様子をしっかり追うことができますよ。

ピンク系のカラーなら、バスからも見やすいのでバイト率が安定するでしょう。

2020年の3月に発売予定、メーカー希望販売価格は1,700円です。

3つのタイプがそれぞれトレースする層を、確実に攻略できるようになりたいですね!

ダイワ ルアー ガストネード 70FS サイトゴーストワカサギ

ダイワ ルアー ガストネード 70FS サイトゴーストワカサギ

参考価格:¥920

Amazonへ

楽天市場へ

ダイワ ルアー ガストネード 70S サイトシャイナー

ダイワ ルアー ガストネード 70S サイトシャイナー

参考価格:¥920

Amazonへ

楽天市場へ

「ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング