魚 写真

ヘラブナ釣りを始めよう!竿や道具の選び方・初心者入門編

FISHING JAPAN 編集部

ヘラブナ釣りをしたことはありますか?

専用の釣り座を組んで、座った状態で静かにアタリを待ちます。

繊細にウキを沈めては釣り人をヤキモキさせてくれますが、そのやり取りにハマっている人が続出。

都心部にも専用の釣り堀があったりしますから、まずは釣り竿をレンタルして始めてみませんか?

ヘラブナとは

ヘラブナは、日本におけるゲームフィッシュの代表として知られています。

元々琵琶湖に生息していたゲンゴロウブナから枝分かれして、釣りを楽しめる魚種に人為的に変えられていった経緯を持っているのが特徴です。

専用の釣り堀が各地に設置され、釣り方はもちろん関連道具の使い方などが広く知られるようになりました。

釣り堀なら、釣れる時期を気にせずオールシーズン楽しめますよね。

河川や湖・池などに生息する野ベラを狙うために、ボート釣りを楽しむ人も増えていて、老若男女を問わず親しまれている釣り対象魚といえるでしょう。

ヘラブナが水中で泳ぐシーンをとらえた動画はこちら

ヘラブナ釣りに使う竿

ヘラブナ釣りには、延べ竿が用いられます。

リールを取り付けるタイプではなく、穂先に直接道糸を結び付けて、竿のしなりとパワー・トルクでヘラブナとのやり取りを楽しむわけです。

釣り人がその操作を誤ると、いきなりラインブレイクしてしまうことも。

かといって、太い道糸や仕掛け・ハリスを使えば、賢いヘラブナに見破られてしまいますから、一気に釣れなくなりますよ。

そういうヘラブナとの駆け引きが、高いゲーム性を生み、多くの釣り人を魅了してやまない魚へと昇華していったのです。

ヘラブナ釣りのウキや仕掛け・エサ

ヘラブナ釣りには、専用のヘラウキや仕掛けを使います。

ハリスの長さや針のサイズ、グルテンを用いた練りエサの練り加減にも、じゅうぶん注意を払わなければならないでしょう。

まずはベテランの釣り人から、釣り方や道具の選び方をレクチャーしてもらうところから始めてください。

SNSなどで知り合いになる機会が得られますから、積極的にヘラブナ釣りの世界へ飛び込むようにしましょう。

ヘラブナ釣りを秋の野池で楽しんでいる動画はこちら

初心者におすすめのヘラブナ釣り用竿

まずはおすすめのヘラブナ釣り専用の釣り竿をご紹介しましょう。

あまりに高額な竿を手に、ヘラブナ釣りを始める必要はありません。

1万円前後の価格帯からでも、じゅうぶんにヘラブナ釣りを楽しめますよ。

長さは個人の好みで選べばいいでしょうが、取り回しのしやすいものから始めるようにしたいものです。

あまりに重い竿だと、ウキの動きに対して俊敏にアワセを入れることが難しくなりますから、購入前に釣具店で伸ばして握ってみることをおすすめします。

「えっ、そんなこと釣具店でやっていいの?」

釣具店だからこそ、やるべきでしょう。

店内に並べている竿を触らせないお店なら、別の釣具店を探したほうがいいですね。

来店した人それぞれの釣り経験に合わせて、きっちりと相談を受けてくれる釣具店を見つけてください。

ダイワ(Daiwa) へら竿 陽舟 15 釣り竿

ダイワ(Daiwa) へら竿 陽舟 15 釣り竿

最安値価格
¥16,280(amazon)

Amazonへ ¥16,280

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥21,882

ダイワのヘラブナ竿・陽舟は、コスパ優秀なヘラブナ竿として有名です。

長さのバリエーションは、10種類。

8尺=2.40メートルから、18尺=5.40メートルまで揃っていますよ。

穂先はソリッドタイプではなくチューブラータイプですから、パワーとしなやかさを兼ね備えた仕様になっています。

最も長い18尺モデルでも自重108グラムしかありませんから、疲れ知らずでイメージ通りに使い続けられるのではないでしょうか。

仕掛けやラインが絡みにくい、からまん穂先が標準装備されています。

ヘラブナ専用ウキ

ヘラブナ専用ウキも、釣りを始める前に揃えておきたいものです。

カヤをメイン素材に使っていて、足部分は水切れの良いカーボンで出来ていますよ。

やや長めのパイプトップですから、視認性が良好で使いやすいでしょう。

使うオモリとのマッチングで、浮力が足る・足りないが判明しますから、釣りで使用してから別のウキを少しずつ増やしていくようにしてください。

ヘラ浮き 里恵(りえ) カヤボディー、パイプトップ、カーボン足 1~3番 3本セット (10255set)

ヘラ浮き 里恵(りえ) カヤボディー、パイプトップ、カーボン足 1~3番 3本セット (10255set)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

ヘラブナ用に作られたウキに関しては、相当な数・種類が作られています。

釣り場のさまざまなシチュエーションに合わせて、浅い層や中層・底周りを狙えるようにセッティングされていますよ。

高額なウキほど繊細なアタリが取れるようですが、初心者が購入するなら、もっと安いものでじゅうぶんです。

浮力に差のあるタイプをいくつか選んで、釣り場へ持参するようにしましょう。

保管は、専用のウキケースがありますから、そちらもウキ購入時に揃えておくようにしたいですね。

針・ハリス

ヘラブナ釣り用の針やハリス・仕掛けに関しても、かなりのアイテム数が用意されています。

針にハリスを結んでセット売りしているタイプもありますから、針の結び方に不安のある人は、セットしているものを使うようにしましょう。

ただし、ヘラブナ釣りを本格的に楽しみたい・続けたいなら、針は結べるようになっておいたほうがベターです。

お気に入りの針やサイズ、ハリスの太さを選べるようになることで、ヘラブナ釣りの魅力をより一層理解できるようになるでしょう。

OWNER(オーナー) OH へら鮒スレ 茶 3-0.6

OWNER(オーナー) OH へら鮒スレ 茶 3-0.6

最安値価格
¥130(Yahoo!)

Amazonへ ¥165

楽天市場へ ¥131

Yahoo!へ ¥130

ヘラブナ釣りに慣れてきたら、針とハリスを結ぶ練習を始めましょう。

でなければ、釣り場でハリスが傷んだり、針を交換しなければならないときに対応できないままになってしまいます。

何より、自分が気に入った針の形やサイズを、いつまでも選べないままになってしまいますよ。

カン付きではない、昔ながらの針のハリスにしっかり結べるようになるには、反復練習しかありません。

最初は大きめサイズのへら針と、やや太めのハリス(1号以上)を用意して、練習をスタートさせればいいのではないでしょうか。

結び方は、次の動画を参考にしてください。

針とハリスを結ぶ外掛け結びの結び方動画はこちら

針とハリスを結べるようになれば、自分の好みの針を選べるようになります。

ハリスも太いものや細いものから選ぶことができますよ。

この自由度の幅広さが、他のヘラブナ釣り用の道具を選択していくことにも拡大していき、無限の組み合わせが楽しめることに気づくのです。

当然、練りエサの配合や種類の組み合わせ、オモリの設定やタモ・針外し・竿掛け・椅子等々、こだわりたくなる対象物が目白押しです。

ヘラブナ釣りの魅力や面白さとは

ヘラブナ釣りの面白さを端的に語るのは、なかなかに難しいでしょう。

それほど奥深いもので、釣り人それぞれに惹き付けられる要素が異なります。

もし、3つに絞って挙げるとすれば、次のように分類できるのではないでしょうか。

ヘラブナ釣りのここが面白い①ゲーム性や戦略性が極めて高い

ゲーム性という言葉は、ルアー釣りの世界でよく用いられますが、ヘラブナ釣りのゲーム性こそ、それに勝るとも劣らないハイレベルなものといえるでしょう。

例えば、ウキに注目してください。

ウキの浮力バランスから始まり、それに適合させるハリスの長さ、そのウキにフィットするエサの配合に至るまで、細かく設定していかなければ、当日のヘラブナのアタリを引き出すことは難しいでしょう。

水を見て、気温を見て、風を見て、そして頭で考える行程抜きでは、ヘラブナ釣りは成立しません。

ゲーム性の高いヘラブナ釣りを村田基さんが楽しんでいる動画はこちら

ヘラブナ釣りのここが面白い②ベテランと初心者の引き出しの差が釣果に如実に表れる

隣りに座って、同じ竿・同じ仕掛け・同じエサを投入しても、ベテラン釣り師と初心者では、圧倒的に釣果に差が出ます。

どんなに効果な釣り竿やウキを揃えたとしても、その差はカンタンには埋まりません。

常に経験がモノを言う世界ですから、他人よりひとつでも多くの引き出しを持つことが重要です。

というより、それを欲する姿勢が、ヘラブナ釣りには必須なのです。

ぼんやり時間を過ごしていては、上達の道は開けないということでしょう。

ヘラブナ釣りのここが面白い③誰もが真剣に釣りと向き合える

老若男女を問わず、ヘラブナ釣りをしてみたい!と志せば、誰もが分け隔てなく楽しめるところが、魅力的で面白いところではないでしょうか。

体力を伴なう釣りでは、やはり若い男性が有利でしょう。

そういうアドバンテージが誰にも付加されず、本人の経験値のみで楽しめるところが、ヘラブナ釣りの人気を支えています。

これからもっと多くの釣り人が、へら竿を振るようになるかもしれませんね。

釣り初心者」カテゴリの人気記事

DAILYランキング