エギ 写真

ライトエギングで小型のイカを狙ってみよう!ライトエギングのテクニックやおすすめエギを大公開

FISHING JAPAN 編集部

本格的にアオリイカを狙うエギングではなく、湾内や防波堤からツツイカ系の小型イカにライトタックルでアプローチするスタイル、それがライトエギングです。

見えているヒイカなども、ライトエギングで攻略することができますよ。

ここではライトエギングのテクニックやおすすめエギについてご紹介しましょう。

ライトエギングのテクニック

実はライトエギングのテクニックというほどのものは、ほとんど存在していません。

通常のエギングでおこなっているシャクリやフォールを、ライトエギングでも実践すればOKです。

ただし、ターゲットとなるイカが小さいので、エギも小さめ、ロッドは軟らかめのほうが操作しやすいでしょう。

夜におこなえば数釣りが楽しめますし、日中におこなえばヒイカなどがエギに抱き付いてくる瞬間を目の当たりにできるでしょう。

夏が過ぎるとライトエギングの出番!

夏を過ぎると、新子イカの季節になります。

小型のイカで数釣りを楽しむには、ライトエギングでアプローチするのがおすすめです。

遠投して広く探るのではなく、ヒイカなどがサスペンドしていそうなテトラや岸壁・藻などをフォールで誘ってみましょう。

ライトエギングでおすすめのエギ

ライトエギングで必要となるのは、小型のエギです。

通常のエギングでは3.5号を中心に使いますが、ライトエギングでは1.8号から2号を中心にエギを揃えてください。

そしてスローに沈んでいくタイプのほうが、イカに抱き付くタイミングを与えられるでしょう。

ライトエギングに適したロッド

ライトエギングに適したロッドは、7フィートから8フィートのライトアクション程度の軟らかいタイプでしょう。

小型のエギでもしっかりキャストできて、着水後操りやすいメリットがあります。

硬くて長くて重いロッドでは、せっかくヒイカが掛かっても弾いてしまうでしょう。

ライトエギングで使えるリール

ライトエギングでおすすめのリールは、0.5号程度のPEラインが150メートル巻けるスピニングリールならOKでしょう。

小振りなほうが軽量で操作しやすいですよ。

2000番から2500番サイズから選んで、巻き心地や扱いやすさを確かめてみましょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング