ルアー 写真

ローリングベイトの使い方特集!シーバスに効果的なおすすめカラーもピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

シーバス釣りで、おすすめのルアーやよく釣れるルアーを検索すると、必ず出てくるのがローリングベイトです。

タックルハウスからリリースされていて、多くの釣り人から支持されていますよ。

ここでは、ローリングベイトの特徴や使い方についてご紹介しましょう。

おすすめサイズやカラーも特集します!

ローリングベイトのルアーカテゴリーは?

ローリングベイトとは、ミノーである!という人がいます。

いやいや、バイブレーションだろう!という意見も。

そのフォルムは確かにミノープラグそのものであり、ラインを結ぶアイの位置が背中にあってシンキング仕様なので、バイブレーションプラグの要素も含んでいますね。

でも実際使ってみると、ローリングベイトはミノーでもバイブレーションでもありません。

ジグとも言えず、そうなると新しいカテゴリーを生み出したエポックルアーといえるかもしれません。

ローリングベイトの動き

ローリングベイトの動きは、その名の通り、ローリングアクションを繰り返すところにあります。

背中・側面・腹の順に、ボディをロールさせながらシーバスに晒すことに。

その明滅状態が、シーバスの捕食スイッチを入れるのでしょう。

ローリングアクションを発生させているのは・・・

ローリングベイトのローリングアクションを発生させているのは、独特の細身フォルムと、ラインアイの付け根・背中の真ん中に設置されたリップです。

それらによる絶妙なアクションが、シーバスを引き寄せる要因になっているのです。

ローリングベイトのサイズ

ローリングベイトには、さまざまなサイズやセッティングが存在します。

サイズは、48ミリ・55ミリや、66ミリ・77ミリ・88ミリ・99ミリのものが用意されていますよ。

通常ウエイト仕様やライトウエイト仕様のものもありますし、リップレスやボトムチューンされたものも存在します。

ルアーが多様化しているのは、それだけローリングベイトのユーザーが多いことを表しています。

要望が、次世代のローリングベイトを作り出していくわけです。

ローリングベイトの使い方

ローリングベイトの使い方は、ステディリトリーブが基本です。

投げて巻く!を繰り返すことで、バイトチャンスが生まれるのです。

ただし、急に早巻きしたところで、アクションは破綻しません。

そこまで作り込まれたルアーだといえるでしょう。

ローリングベイトを使うポイント

ローリングベイトを使うポイントは、広大なシャローエリアがおすすめです。

河川の河口域や支流との合流域などで、フリキャストしてリトリーブを繰り返してください。

カラーはそのエリアのベイトフィッシュに合わせることが基本で、そこから膨張色などにローテーションしていきながら、シーバスの反応をチェックするようにしましょう。

ローリングベイトのおすすめサイズやカラー

ローリングベイトのおすすめサイズやカラーをピックアップしてみました。

重いほど遠くへ飛びますが、それだけで釣果が良くなるわけではありません。

ゆっくりフォールさせながらシーバスにルアーを見せたいなら、ライトウェイトタイプや48・55・66サイズ辺りを使ってみてください。

冬場のデーゲームでもそれなりにシーバスが食います。この色は成績いいですよ。

出典:amazon

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング