帽子 写真

釣りにおすすめのキャップはどれなの?釣行時にかぶりたい帽子を種類別にピックアップ!

FISHING JAPAN 編集部

熱中症対策で、釣りに行くときにキャップやハットなどの帽子をかぶる人が増えてきました。

もちろんファッションアイテムとしても、頭にキャップがあれば映えますよね。

実際、釣行時にキャップは必要なのか、その理由をピックアップしてみましたよ。

熱中症対策のために強い日射しを防ぎたい!

とにかく釣り場は暑いですから、常に汗をかくことになります。

水分補給のために、ジュースや水は必需品。

でもそれ以上に、日射しを確実に防いでくれるキャップやハットなどが、釣りには必要でしょう。

熱中症を未然に防ぐためにも、しっかり対策したいものです。

視界を良好にするために偏光グラスとともに装着したい!

偏光グラスをかけていれば、水面のギラつきを抑えて水中の様子がよく見えるようになります。

その効果を確実なものにするために、キャップのツバで上からの太陽光も遮断してみましょう。

ツバの裏側部分をブラックカラーにすると、より反射光を抑える効果が得られますよ。

不意のケガから頭部を守りたい!

釣り場では何が飛んでくるか分かりません。

重くて硬いジグやルアーなどが自分のほうへ向かってきたとき、キャップをかぶっていればケガすることを防げるかもしれませんよ。

急な天候変化による雨で頭部が濡れるのを防ぎたい!

釣りをしていたら空の様子が急変!というケースは、多々あります。

レインウエアを取りに駐車しているクルマまですぐに戻れないとき、キャップをかぶっていれば濡れるのを防ぐことができます。

釣り大好き女子ならファッションにこだわりたい!

釣り女子ならファッションセンスを活かして、キャップをかぶる人が結構いますね。

当然男子も、自分なりのファッションアピールアイテムとして、キャップをかぶってみてください。

ニューエラなどのフラットキャップも流行っていますから、色々試してみたくなりますね。

釣りにおすすめのキャップをチェック!

釣りにおすすめの帽子を種類別にご紹介します。

まずは、キャップ。

前面にはさまざまなロゴデザインが配置されているものが多く、ツバ部分がフラットになっているタイプも人気です。

偏光グラスをかけやすいように、側面を大胆にカットしたデザインのキャップも出てきました。

かぶり心地、見た目のかっこよさ、ロゴのインパクト、値段、パーフェクト!YouTubeでキムケンがかぶっててカッコいいと思い即購入。色ちがいで他にも欲しくなりました!

出典:amazon

人気の釣り向きハットはこちら!

次におすすめするのが、ハット。

頭の周囲にツバが付いているので、太陽光で首筋や耳などが日焼けするのを防ぎたい人にバッチリです。

釣り好き女子にも人気で、UV対策仕様になっているものがいいでしょう。

雨に濡れる事無く、視界もカッパの様に遮られず快適でした。

出典:amazon

サンバイザーなら通気性バツグンで釣りにいいかも!

最後にご紹介するのが、サンバイザーです。

こちらも日射しをしっかり防げますし、頭部がオープンですから通気性はバツグン。

頭皮に開放感を与えたい人におすすめですよ。

「釣りロマンを求めて」2013年7月13日放送の「旬の投げ釣り 砂浜にきらめく シロギス」の回で番組内で着用していて一目惚れして購入しました。
意外にも安くて使いやすく良かったです。

出典:amazon

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング