イシダイ タモ 写真

イシダイ落とし込み釣りに初挑戦!荒天やまずめ時のテクが釣果につながった!?プロの知識と熟練された腕前を一挙大公開!

FISHING JAPAN 編集部

9月の初旬、和歌山県の湯浅の南に位置する由良沖の一文字堤防にて、イシダイの落とし込み釣りに挑戦しました。

こちらの堤防は、以前からイシダイの釣果が上がっている釣り場です。

今回は、その時に使用したエサやタックル、テクニックを詳しくご紹介しましょう!

エサはイガイのダンゴがベスト!

この時期のイシダイやマダイ狙いの落とし込みのエサは、イガイのダンゴがベストです。

しかし、9月に入ってから、台風や35度以上の高気温が続いたため、関西の堤防からイガイがほとんど落ちてしまい、エサの確保が大変でした。

さらに、サブエサに大きめのイワガニも用意しました。

この日同行した釣り仲間は、太仕掛けでかかり釣り用のダンゴを使ってイシダイを狙いました。

底狙いなので、さしエサはオキアミをメインに使うようでした。

一文字の内側は関西の堤防と変わらない高さですが、外向きの堤防は、潮によって7m強から8mのタモが必要です。

今回は、念のため9mのタモを準備しました。

イシダイ専用タックル

水深は、当初15m近くと聞いていましたが、落としてみると7~8ヒロぐらいで底がとれました。

当日のタックルは、落とし込みイシダイ竿にイシダイ専用ヘチリールを使用しました。

道糸は視認性の高いオレンジ色のナイロン、6号です。

ハリスはフロロカーボンの6号を1mで、針はグレ針9号を用意しました。

当日は予想に反して横風が強く、外側は高さもあるので、オモリは捨て糸にガンダマ6Bを2個使用しました。

堤防の壁には着生物がほとんど付いていないので、壁際ではなく底か、底から1ヒロぐらい上のタナを狙うのが基本だと言われています。

しかし、朝夕のまずめ時は必ず、上ダナにイシダイも上がってくると予想しています。

エサの反応を見てサブエサに変えてみる

まずは、足元の良い内側から、イガイをエサに落ちるスピードを竿でコントロールしながらゆっくりと底まで探っていきました。

時々、コツッと触ってくるアタリがありますが、針掛りしないので、外道だと思います。

イガイのエサにあまり反応しなかったので、イワガニを使って同じ内側を落とし込んでいくと、ガシラやフグが釣れました。

不思議だったのは、この内海では筏やカセでクロダイが釣れているのに、その気配が全くなかったことです。

ダンゴで底釣りをしていた同行者は、堤防の内側、前、5m程にポイントを作り、打ち返していましたが、結構アタリが多く、ガシラ、グレ、アジ、アイゴ、マトウダイなど多くの魚種を釣っていました。

強風下でのアタリの探り方

しばらくすると、内側で釣っていた友人が44cmのマダイを釣り上げました。

続けて掛かったマダイは惜しくも針ハズレでしたが、マダイの群れが堤防に近づいたのかと思い、丹念に内側の際から底、少し前をイガイで探りました。

イガイはあたらず、イワガニではガシラが釣れるだけでした。

外側の高場はかなり水面まで距離があるので、強風、横風というコンデションの中、かなり難しい釣りとなりました。

一通り、西側コバから外側を、東側テトラまで丁寧に探っていきましたが、アタリはありませんでした。

波気があり、テトラの傍にはクロダイの姿が見えても不思議はありませんが、全くその気配もありません。

ルアー釣りの若い常連釣り人が2人、堤防に乗っていましたが、この日は全く魚の気配がないと言っていました。

まずめ時のプロの勘

夕方になり、迎えの船が来る少し前、上ダナにイシダイが浮いてくることを信じて、黙々と打ち返していました。

東端のテトラ帯の少し手前、2ヒロ半ぐらいで初めて、イガイでガツンとアタリがあり、あまり大きくはなかったですが、40cmのイシダイを釣ることができました。

本アタリはこの1回でしたが、丁寧に探った甲斐がありました。

この堤防は違う状況であれば、大型のイシダイも狙える可能性が高いでしょう。

釣り人の皆さん、ぜひ今回の釣行を参考に、落とし込み釣りにチャレンジしてくださいね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング