バス ルアー 写真

釣れるトップウォーターとはどんな釣り方を実践することなの?ルアーと釣り人の関わり方を考えてみた!

FISHING JAPAN 編集部

トップウォーターのバス釣りを難しく考える人が、結構いますよ。

誰が引いたのか分からないレールなど気にしないで、我が道を歩いてみませんか。

釣れるトップウォーターとはズバリ、何物にも縛られないバス釣りをすることです。

ここでは、ルアーと釣り人の関わり方について、お話します。

釣りにレールは要るの?釣れるトップウォーターを目指すためのハジメの一歩

トップウォーターの釣りは、水面に浮くルアーを生き物のように泳がせて、バスを誘うのが基本のように言われてきました。

でも、よく考えてください。

そのルアーを作った人の動かし方と、我々釣り人の動かし方では、全然違うのではないでしょうか?

釣れるルアーは人を選ばないという事実

作った人の動かし方には、一生かかっても重ねることはできません。

また、重ねる必要もありません。

ということは、ルアーを作ろうと志す人がやるべきことは、たったひとつ。

誰がどんなふうに使っても、どう動かしたとしても、釣れるルアーを作ることなんです。

釣れるルアーはさほど多くはないという現実

果たして、そういう考えで作られたルアーは、この世にどれほど存在するのでしょうか?

あれこれとレールや踏切を用意しないと、走り出すことすらできないルアーまがいのものが、多く存在しています。

釣るための道具と笑顔に満ち溢れている動画はこちら

動画で使われているトップウォータールアーはこちらからチェックしてください。

我々は、釣りを楽しみたい釣り人です。

だから釣るための道具を選び、存分にキャストを繰り返しましょう。

その先にあるのは、一匹の魚との出会い、そして笑顔です。

釣れるトップウォーターを実践すれば、そのどちらも得ることができるでしょう。

釣れるトップウォーターをフォローしてくれるアイテムはこちら

トップウォーターの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング