リール 写真

ダイワ Xファイア が熱い!最先端テクノロジー搭載ハイバリュースピニング搭載!

FISHING JAPAN 編集部

河川、サーフ、湾岸、磯、沖など、多様なシーンで楽しむことができるシーバスフィッシング!

特にソルトウォーターでにおけるルアーフィッシングでは、最も人気があると言っても過言ではありません。

また、シーズナルパターンを読んで、豊富なバリエーションから適切な釣法を選び、勝負できるところも魅力のひとつ。

そんな中、夏も終わりにさしかかり、入れ食い状態が期待できるこれからの季節は、潮通しの良い場所でスピニングテールを巻き続けることが多くなるのではないでしょうか。

そこで今回は、2017年6月にダイワから新しく発売されたシーバスフィッシング専用スピニングリール Xファイア をご紹介します!

一体どのような魅力がつまったリールとなっているのでしょうか?

早速、見ていきましょう!

最先端ダイワテクノロジー搭載のハイバリューピニング

NASA発!磁性流体を利用した「マグシールド」機能!

波による水しぶきや風による埃や砂、そして塩がみ。

そんな過酷なソルトフィッシングに用いるリールの機能として、防水・防塵は必須であること間違いなしです。

そこで、ダイワはリールに独自の防水機能「マグシールド」を搭載しました。

これには、NASAが開発した磁力に反応・吸着する特殊液体マテリアル、磁性流体を採用しています。

この磁性流体、特に防水に適したものを「マグオイル」と名付け、これを活用してボディとローターの隙間に壁を作ることで、従来のゴムパッキンでは叶えられなかった摩擦のない軽やかな回転性能と高い防水性能の両立に成功しました!

個体ではなく、液体で防水を!という発想力は、さすがダイワと言わざるを得ません。

感度抜群!強さと軽さを兼ねそろえた「エアローター」!

「マグシールド」機能の開発により、それまで防水機能を担っていたローターの形状を変化させることが可能となりました。

そのため、滑らかな曲線を描くアーチ型最適リム構造のカプセルボディにより、負荷を分散させることで、強度を抑えることなく、大幅な軽量化を実現しています。

この「エアローター」は、「マグシールド」と「カプセルボディ」というダイワならではのテクノロジーが相乗効果をもたらした結果と言えます。

新世代ドラグ機能!快適なファイトを実現した「ATD」!

「ADT(オートマチックドラグシステム)」は、「ファイト中のドラグ調整を減らし、ラインブレイクを防ぎながら魚を速く獲り込むことができるドラグ」をコンセプトに開発されました。

スムーズな滑り出しをもって魚の引きに追従するため、魚に違和感を与えにくく、ラインブレイクがしにくい構造となっています。

ダイワの手がける小型スピニングから電動リールまで、あらゆる製品に採用されています。

2017年6月発売

2017年6月より発売中です。

シーバスフィッシングに最適な季節がやってきます。

ぜひチェックしてみて下さい!

アイテム別特徴はこちら

アイテム特徴
2510PE-Hベイエリアのシーバスを中心とした適応範囲の広いアイテムで40~60g程度のジグを使ったライトジギングもこなせる巻取りスピード重視のハイギア仕様
2510RPE-H3000サイズのボディに2500サイズのローター&スプールを組み合わせたパワー優先のRカスタム・ハイギア仕様
3012Hサーフや磯場でのシーバス・フラットフィッシュゲームのほか、シイラ、カツオ、小型青物まで狙えるミドルサイズ・ハイギア仕様

スペック表はこちら

品番巻取り長さ(cm)ギヤー比自重(g)最大ドラグ力(kg)標準巻糸量:ナイロン(lb-m)標準巻糸量:PE(号ーm)ベアリング(ボール/ローラー)ハンドル長さ(cm)ノブ仕様メーカー希望本体価格(円)
2510PE-H845.620578-150,12-1001-200,1.5-1507/155 T型28,500
2510RPE-H845.622078-150,12-1001-200,1.5-1507/160 T型ラージ29,500
3012H955.623578-200,12-1501-280,1.5-2007/160 T型ラージ30,500

関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング