靴のアップ写真

シマノの磯靴で岩礁帯エリアの釣りを楽しみたい!

FISHING JAPAN 編集部

足が滑りやすい状態が続くと、危険が伴ないますから釣りに集中できません。

それを解消してくれるのが、シマノの磯靴です。

豊富なラインナップの中からどれを選ぼうか迷ってしまうのですが、よく活用しているものをご紹介しましょう。

「履いてみると、幅広くて心地いい印象が強いんだけど!」

その通り!まるで足の裏が岩に吸い付いているかのような安定感を、シマノの磯靴から感じますよね。

優れたソールや、磯靴全体の屈曲性・バランスの取れたデザインなどが要因ではないでしょうか。

シマノの磯靴をショアジギングやロックフィッシュゲームなどで使ってみた!

シマノの磯靴を日々のソルトウォーターゲームで活用しています。

特に岩礁帯エリアには、普通のシューズで乗り込むことはできません。

波がかぶっていて濡れていますし、海藻などがベッタリと付着しているケースがあるからです。

気にするようにしているのは、ソールの種類。

ピンの突き出たフェルトタイプか、ピン付きラジアルタイプの磯靴を選べば、足の滑りはかなり抑えられますよ。

具体的には、シマノのカットラバーピンフェルトソールを装着した磯靴を、よく履いています。

高い耐滑性を発揮してくれるフェルトソールが付いていて、耐滑性の合成ゴムと硬度のあるステンレスピンを埋め込んでいますよ。

こうすることでグリップ力と耐久性がアップ、しっかりと磯場や岩礁帯を歩き込むことができます。

実際に波をかぶって濡れている場所や、海藻の張り付いた面に足を置くことがあるのですが、滑りを抑えた高いグリップ力に支えられますね。

グッと踏み込んでも、滑る方向にはなりませんし、そこから踏み出しても、足が安定しない展開にはなりませんでした。

何よりサイズ感・フィット感がバツグンなので、足首から保持されている感覚になります。

シマノの磯靴には、Boaフィットシステムを搭載しているタイプがありますよ。

このシステムには、専用のダイヤルが付いています。

そのダイヤルを指でつまんでグルリと回すだけで、素早くフィットさせることが可能なのです。

ダイヤル自体はコンパクトで操作性は高く、特殊繊維生地のウェビングガイドで足の甲をソフトにホールドしてくれるのがいいですね。

自分の足のカタチに、磯靴のほうから合わせてくれるのですから、長時間のランガン釣行にバッチリハマるでしょう。

また磯靴の内部には、カップインソールが配置されているものがあります。

柔らかいクッションを備えていて、通気性・フィット性のある3Dシェイプに設計されているのが特徴です。

シマノの磯靴にはブーツタイプもラインナップ!

シマノの磯靴には、ブーツタイプも用意されていますよ。

幅がワイドに作られていて、アッパー部分の素材は、表がゴムで裏はジャージになっています。

そしてソールは、ステンレスで出来た強力なスパイクソールが配置されています。

スパイクには34本のピンが付いていて、磯場や岩礁帯エリアでも高いグリップ力を生みます。

またふくらはぎの接触する部分は、ゆったりとしたサイズ感を出していますよ。

内部のカップソールは、ホールド感を重視しているので、足裏が安定するでしょう。

サイドにファスナーが走っているので、脱いだり履いたりするのがとても楽です。

波飛沫をしっかりカバーしてくれますし、少々の水溜まりなら歩けるでしょう。

丁寧に地形変化を感じ取りながら歩を進めよう!

シマノの磯靴で足元を安定させれば、ショアジギングゲームやロックフィッシュゲームなどを、存分に楽しめるようになるでしょう。

滑ってしまう危険に怯えていると、いつまでも大胆で積極的な釣りを展開できません。

かといって、磯靴を履いたから100パーセント安全というわけではありませんから、注意深く歩を進めるように心がけましょう。

基本的にはカカトから足を下ろして、足裏全体で磯場や岩礁帯のカタチをとらえます。

傾きの角度が把握できてから、次の一歩を踏み出すようにしましょう。

シマノの磯靴からおすすめのアイテムを選んでみた!

豊富なラインナップのシマノの磯靴から、おすすめのアイテムを取り上げてみましょう。

実際に履いてみて、良い印象を持ったものから選んでみました。

磯場で滑りにくかったり、足そのものが疲れにくかったものばかりです。

キャストの際に、下半身が安定するベースにもなってくれていますよ。

シマノ(SHIMANO) カットラバーピンフェルトフィットシューズ LT FS-041Q レッド 27.0

シマノ(SHIMANO) カットラバーピンフェルトフィットシューズ LT FS-041Q レッド 27.0

最安値価格
¥12,382(Yahoo!)

Amazonへ ¥12,383

楽天市場へ ¥12,936

Yahoo!へ ¥12,382

シマノからリリースされている、カットラバーピンフェルトソールの磯靴です。


Boa Ghilliesを搭載していて、コンパクトなダイヤルと布地のワイヤーホールで足全体をホールドしてくれますよ。

微調整できるのがありがたいですよね。

足の甲の部分を、柔らかくホールドしてくれるので、履き心地はバツグンです。

磯靴の爪先に注目すると、コスレに強い素材が配置されていますよ。

岩礁帯を歩いていると、どうしても地形変化に爪先が強く当たってしまいますから、この仕様は耐久性アップにつながるでしょう。

くるぶし部分をしっかりガードする、ミドルカットデザインも採用しています。

内部に配置したカップインソールは、足裏をしっかり支えててくれます。

通気性・クッション性・フィット性の高い3Dシェイプで、3ミリ厚の発泡EVAを使っていますよ。

また滑りにくさを作り出しているフェルトソールには、耐滑性の合成ゴムと高硬度ステンレスピンを埋め込んであります。

グリップ力と耐久性が高いのは、この仕様のおかげなのです。

素材は、本体が合成皮革と繊維で、BOAシステムパーツは特殊強化樹脂とステンレスワイヤーで出来ています。

ソールはカットラバーピンフェルトソールで、フェルトは12ミリ厚のPP繊維、ピンはステンレススチール、ラバーは耐滑性合成ゴムを使っています。

サイズは24.5センチから/25.0/25.5/26.0/26.5/27.0/28.0/29.0センチまで用意されていますよ。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

釣具店などで試着してから、自分にベストのサイズを選ぶようにしましょう。

シマノ(SHIMANO) GORE-TEX・シューズ・ファイアブラッド FS-176S ブラッドレッド 23.0cm

シマノ(SHIMANO) GORE-TEX・シューズ・ファイアブラッド FS-176S ブラッドレッド 23.0cm

最安値価格
¥32,560(amazon)

Amazonへ ¥32,560

磯釣りに特化した、シマノの磯靴です。

素材には、アッパーに合成皮革・繊維・ゴアテックス生地・ゴムを使っていますよ。

BOAシステムパーツは、特殊強化樹脂・ステンレスワイヤーで構成しています。

ソールは、ジオロック・フレックスカットラバーピンフェルトソールになっていて、フェルトに12ミリ厚のPP繊維、ピンにステンレススチール、ラバーに耐滑性合成ゴムを採用しています。

磯場で機動性の高い動きをするために作られたもので、通気性に優れたメッシュ素材のアッパーを配置していますよ。

3Dシェイプのカップインソールは3ミリ厚の発泡EVAなので、通気性とクッション性を・フィット性を装備しています。

ミッドソールとアッパ-の内側に、EVAクッションを搭載していて、履き心地が向上していますよ。

実売価格が3万円台と、ハイエンドスペックモデルらしい価格帯に設定されています。

実際に履いてみると、ソールがかなり柔らかく感じますが、接地力の高さを生むのは間違いないでしょう。

シマノの磯靴を履いてフィールドに足を運ぼう!

シマノの磯靴の特徴や、おすすめのアイテムをご紹介しましたが、参考になりましたか?

さまざまな種類がリリースされているので、購入の際は釣具店へ出向いて試着することをおすすめします。

店舗スタッフさんに積極的に質問をして、よく似た機能を持っている他の磯靴にも、足を通してみてください。

特にBOAシステムに関しては、一度自分でダイヤルを回してみるといいでしょう。

どれくらいのフィット感になるのか分かれば、購入する目安になるはずです。

シューズの関連記事はこちら

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング