無敵スペックの新製品!ゼニスの最新イカメタル専用ロッド グランシャリオのココがすごい!

FISHING JAPAN 編集部

イカ釣りといえば、ティップランやエギング、ヤエン釣りやウキ釣りなど、いろいろな楽しみ方があり、釣り経験を問わずだれもが楽しめることが特徴ですよね。

特に、春のぽかぽか陽気のなか、これから夏に向けて最盛期を迎えるイカメタルのシーズンを楽しみにしているアングラーも多いのではないでしょうか?

今回は、2021年にZENITH(以下ゼニス)より発売される、イカメタル専用モデルGrand Chariot(以下グランシャリオ)についてみていきたいと思います!

これからのイカメタルが1番盛り上がる季節を目前に、イカ好きアングラーには欠かせないマストチェックアイテムになっていますよ。

イカメタルってなに?

イカメタルとは釣り船から主にケンサキイカをターゲットに狙うルアー釣りのことで、福井県(敦賀市)から広まったと言われています。

もともとは漁師さんたちが使用していた釣法のひとつで、エサではなくスッテと呼ばれる疑似餌の一種を使用しています。

スッテには、鉛スッテと浮きスッテの2種類があり、鉛スッテのことをメタルスッテと呼ぶことから、イカメタルと言われるようになりました。

基本的には、メタルスッテのみ又は、メタルスッテと枝1本のスッテのみといった、かなりシンプルな仕掛けで、主に夜釣りで楽しむことができます。

お手軽で単純な仕掛けでありながら、フッキングでターゲットに仕掛けて勝負していったりと、釣りの醍醐味を味わうことができる釣法です。

初心者から経験者まで、広く親しまれている人気ゲームとして広まるのも納得ですね!

イカメタルに向いているロッドってどんなもの?

イカメタルは、イカのアタリが繊細なので手でアタリを感じるだけではなく、自分の目でティップ(ロッドの穂先)からわかるアタリを確認することも、とても重要になっています。

そのアタリを逃さないようにするためには、イカの引きについていくことのできる張りのある細い竿先のロッドが必要です。

さらに、バット部分(ロッドの根本部分)にパワーがあると、瞬間的なアワセにも対応できるため、格段と釣りやすくなります。

イカメタル専用ロッドは、穂先が柔らかくイカからの小さなアタリに反応することができるので、取れるアタリの数も自然と増えてきます。

つまり、イカメタル専用ロッドを選ぶ3つのポイントはコレ!

1:自分の目で確認できる抜群の視認性
2:微かなアタリでもわかる高い感度
3:一瞬でアワセに対応できる強度

他のターゲットの釣りと比べてみても、イカメタルはロッドによって釣果が左右されると言えるので、ロッド選びがいかに大切であるかわかりますね!

それを踏まえて、ゼニスの最新イカメタル専用ロッド、グランシャリオはどこがオススメなのでしょうか?

ゼニスのグランシャリオ、こだわりはココ!

イカメタルに最適なロッドとしてゼニスより今年発売されるのがグランシャリオです。

このロッドは、視認性を最大限に高められるように追求されたイカメタル専用モデルで、オモリグ(中オモリ)にもうってつけのロッドです。

ブランクス(※1)をすべてパールホワイトで仕上げ、スレッド(※2)も爽やかなメタルブルーに仕上げたこだわりの色味で、釣っている本人だけではなく同船者から見ても、アタリがわかるくらい見やすいカラーになっているようです。

さらに、小さなアタリでもティップに伝えられるよう、先端に向かって徐々に細くなるようにテーパーを意識した専用設計になっています。

船上からでも見やすいカラー設定とアタリのわかりやすいティップ設計は、イカメタル専用ロッドには絶対外せないポイントを考えて作られているということです!

では、アタリがきたときに、すぐさまアワセられるような強度はどうでしょうか?

※1:ガイドやグリップを除いた竿の本体。ブランクとも呼ばれます。
※2:仕掛けの中で、糸で何かを結びつける時や、ロッドに何かを固定する時などに使用する糸。

オクマの独自技術UFRを採用

グランシャリオは、オクマの独自技術UFR(Ultimate Flex Reinforcement)を取り入れています。

これは、ロッドの強度・感度アップにおける画期的な技術を指します。

ロッドブランクの周りに縦方向のファイバーの外層を利用することで、従来のロッドの3倍の強度と持ち上げ力を備えています。

瞬時のアワセも問題なく対応できそうですね!

竿の先端が詰まっているソリッド素材に比べ、竿先端の中が空洞になっているチューブラー素材を使用しているため、チューブラー特有の反発力と感度の良さがあり、アタリを感じやすいのも特徴です。

もちろん中が詰まっていない分、軽量化も実現しています。

例えば、オモリグではアンダーキャストをするため、比較的ロングレングスになることが多いですが、その長ささえ感じない究極のバランスと扱いやすさになっています。

ターゲットとのファイトに耐えられるパワフルさでありながら、とても小さいバイトでさえ感じ取る事ができる、十分な感度を備えているグランシャリオ。

要するに、とても見えやすく、ロッド先端が柔軟になり、耐久性が向上し、破損から保護されるのに軽量という、美味しいメリットだけが盛りだくさんになっているということです!

実際に使用した感想はどんな感じ?

ここで、実際にグランシャリオを使用した、フィールドテスターのプロトテストの感想をご紹介したいと思います!

福井県で行われたプロトテスト当日の天候は、大雨と暴風で大荒れの夜。

イカの活性も悪くなかなか思うように釣れなかったようです。

3月下旬とはいえ、かなり寒く条件は厳しかったのではないでしょうか?

やはり同船されていた皆さんも大苦戦されたようですが、ゼニスのロッドフィールドテスターの山田悠氏はオモリグのパターンを発見して船中で一番釣れたそうですよ!

やはりグランシャリオのティップはとても見やすい上に、ロッドのバランスとしゃくった時のバットパワーに、ティップのブレがないほど良いロッドに仕上がっているとか。

当日は、エサ巻きスッテ(※3)で挑まれたそうで、使用されたロッドとリールはこちらです。

ロッド:プロトオモリグ用672H
リール:オクマITX2500H

プロトテストの詳細は公式Instagramからもチェックできるので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

※3:針金でエサを巻き付けたエギ。一般的な物は、鶏のササミやキビナゴやイカの短冊などを巻き付けます。

グランシャリオの詳しいスペック表

グランシャリオの詳細スペックは以下の表をご覧ください。

ベイトリール、スピニングリール合わせて6機種展開になっています。

イカメタルかオモリグかで使用用途も変わっているので、ベストな1本を確認してくださいね!

機種名S/B使用用途Length錘負荷ライン(PE)ドラグ/MAX
GC-B610Mベイトイカメタル6'10~20号~1.02.0kg/45°
GC-B68MHベイトイカメタル6'8~25号~1.22.5kg/45°
GC-B69Hベイトイカメタル6'9~30号~1.52.5kg/45°
GC-S610Mスピニングイカメタル6'10~20号~1.02.0kg/45°
GC-S672MHスピニングオモリグ6'7~30号~1.22.5kg/45°
GC-S672Hスピニングオモリグ6'7~40号~1.53.0kg/45°

グランシャリオでイカメタルシーズンに備えよう!

さて今回は、今年発売されるゼニスの最新イカメタル専用ロッド、グランシャリオについて紹介してみましたがいかがでしたか?

イカメタルで最も重要になっている、視認性の高さと感度の良さ、突然のアタリにもスッと対応できる強度のすべてを兼ね備えている、間違いなしのこのモデル。

涼しげでスッキリとしたこの色味も、これからのイカ釣りシーズンに向けてもってこいですね。

ぜひその手にとって、イカとのエキサイティングなゲームに備えていきましょう!



ゼニスの公式SNSも要チェック!

Facebook

ZENITHさんの投稿 2021年3月31日水曜日

Instagram

ゼニスの気になる過去記事はコチラ

ゼニス」カテゴリの人気記事

DAILYランキング