ルアーのアップ写真

熱砂シースパローロング130HSはサーフヒラメ攻略シンペン!2021年追加カラー登場

FISHING JAPAN 編集部

シマノから発売中のサーフヒラメゲーム用シンペンといえば、超ロングキャストが可能な熱砂シースパローロング130HSを忘れてはいけません。

ロングでスリムなボディに固定重心を設置して、なんと飛距離90メートルなら難なくクリアできてしまいます。

2021年には新しい5種類のカラーが追加ラインナップ、ますます目が離せませんよね。

ここでは、熱砂シースパローロング130HSについて、詳しくご紹介しましょう。

熱砂シースパローロング130HSとは

熱砂シースパローロング130HSとは、シマノからリリースされているサーフヒラメゲーム用のシンペン=シンキングペンシルのことです。

全長は130ミリと長くてスリム、ウエイトは37グラムも与えられていますよ。

まるでショアジギング用のキャスティングメタルジグのような重さですから、専用タックルで振り抜いたときの飛距離は圧倒的。

平均して90メートルを軽く超えていく記録が、叩き出されています。

これなら広大なサーフエリアの中から、ヒラメやマゴチを探し出すのもたやすいでしょう。

例えば、サーフヒラメゲーム用のロッドで、ブランクスパワーがMH以上のものを使うだけで、しっかり飛距離を稼いでくれますよ。

フルパワーで振り抜かなくても、7割から8割程度のチカラでキャストしとてみて、90メートルに到達するほどのスペックを秘めています。

岸から潮の様子を観察しながら、離岸流の存在を確認出来たら、その沖合いへ向けてキャストしてみましょう。

着水してボトムまで落とし、リトリーブをスタートさせます。

ウエイトが重いことで、ボトムタッチの状態を遠くからでも判別できますし、ただ巻きリトリーブをするだけで、ラインアイを支点にして左右にウォブリングアクションを発生。

それを巻き心地軽めで実現できますから、リトリーブしていて手首などが疲れてしまう心配も、ほぼ要らないでしょう。

ヒラメやマゴチからのアタリは、手元に明確に伝わってきます。

となれば、サーチベイトとしてこれ以上のシンペンは、なかなか見つけにくいことになりそうですね。

メタルジグと投げ比べれば、そのサーチ能力を体感できるのではないでしょうか。

ラインアイは、横向きアイになっているので、飛行時の姿勢が安定しますよ。

熱砂シースパローロング130HS

このシンペンには、4番サイズと大き目のトレブルフックが、3つも装備されています。

細身シェイプなボディと相まって、フッキング効率はバツグン。

ヒラメの食い上げバイトを確実にとらえて、ランディングにまで持ち込めるようになっています。

フックアイは、それぞれ貫通ワイヤーでラインアイとつながっていますから、強烈な衝撃でボディが破損するような事態になっても、フッキングした獲物をバラシてしまうことにはなりにくいでしょう。

実際にサーフでキャストしてみましたが、水深1メートル程度のレンジをスローでただ巻きすることができました。

熱砂シースパローロング130HSの2021年追加カラーは全部で5種類!

熱砂シースパローロング130HSの2021年追加カラーは、全部で5種類用意されています。

●013 キョウリンコノシロカラー

●014 キョウリンRHカラー

●015 キョウリンイワシKカラー

●016 キョウリンアカキンGカラー

●017 キョウリンチャートPカラー

シマノオリジナルの狂鱗ホログラム仕上げを採用していますから、ウロコ模様がくっきり浮かび上がっていますよ。

フィッシュイーターたちは、このウロコ模様に反応してしまうケースが結構ありますから、バイトを効果的に誘発できるでしょう。

ウロコの大きさをより強調した、強鱗ホログラムも魅力的ですね。

熱砂シースパローロング130HSをキャストするのにおすすめのロッドを選んでみた!

熱砂シースパローロング130HSをサーフでフルキャストするのに、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

シマノなら熱砂=ネッサシリーズが用意されています。

さまざまな種類の中から選ぶとすれば、やはりブランクスに張りのあるロングレングスのものになるでしょうか。

シマノ(SHIMANO) ロッド ネッサ BB S1002MH パワーロッド ヘビーウェイトルアー サーフゲーム ヒラメ

シマノ(SHIMANO) ロッド ネッサ BB S1002MH パワーロッド ヘビーウェイトルアー サーフゲーム ヒラメ

最安値価格
¥18,864(amazon)

Amazonへ ¥18,864

Yahoo!へ ¥18,864

シマノのサーフヒラメゲーム用スピニングロッド・ネッサBBシリーズのMHパワータイプです。

全長は3.1メートルもありますから、かなりロングレングスといえますね。

継数は2本ではなく3本なので、仕舞寸法は110.3センチにまで縮まりますよ。

自重は186グラムとやや軽め、先径/元径は2.4/16.2ミリと太目に作られています。

適合するルアープラグウエイトは、10グラムから45グラムまでですから、熱砂シースパローロング130HSをしっかり飛ばせるでしょう。

適合するPEラインは、0.8号から2号までとなっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、95.5パーセントです。

実際に手にしてみると、ガイドシステムはステンレス製でKガイドを採用しています。

これならラインが絡み付くトラブルも、きっちり抑え込めるでしょう。

グリップ部分はCI4+を素材にしていてスリムですから、軽量で手によく馴染みます。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっているのが嬉しいですね。

熱砂シースパローロング130HS追加カラーの気になる発売日はいつ?

熱砂シースパローロング130HS追加カラーの気になる発売日は、2021年の5月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、2,100円です。

サーフヒラメゲームを楽しむ際は、隣りに立つアングラーとの距離を常に意識して、密にならないように配慮しましょう。

2021年ニューモデルの関連記事はこちら

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング