リールのアップ写真

アンタレスDC MDのインプレチェック!シマノの人気ベイトリールの実力とは

FISHING JAPAN 編集部

アンタレスDC MDがシマノからリリースされたのが、2018年です。

かなり使いこなしているヘビーユーザーの人も、多くなっているはず。

そこでここでは、アンタレスDC MDを実釣で試してみたインプレをご紹介しましょう。

バス釣りはもちろん、シーバスゲームやロックフィッシュゲーム・ショアジギングなどでも用いてみました。

特にPEライン2号とのマッチングは素晴らしく、とんでもない飛距離を叩き出しては、沖合いを回遊する青物やヒラメ・ロックフィッシュなどを仕留めてくれましたよ。

アンタレスDC MDの強みをチェック!

アンタレスDC MDとは、シマノから発売中のハイエンドスペックなベイトリールのことです。

「ビッグベイトに向いてるリールなんだよね!」

ん~、違う!とは言い切れませんが、ビッグベイト専用機と呼ぶには、ちょっともったいない気がしますね。

シンプルに、汎用機なんです。

実際に所有して感じたのは、どんな釣りにも使えるということ。

しかも、太いラインをぞんぶんに操れるのが強みだという印象ですね。

「じゃあ小さくて軽量なルアーは難しいのかな?」

太いラインをスプールに巻いているので、2グラムのスプーンをキャストしてみろ!と言われても、大した飛距離にはなりません。

ガチガチのベイトフィネスタックルを用意して、しなやかなロッドと細いラインを使えば、それなりにバックラッシュトラブルを抑えたアプローチができるでしょう。

でもそれって、太いラインを使っていない時点で、かなりスペックを活かし切れていない気がしますよね。

16ポンド前後のモノフィラメントラインや、PEラインの4号前後をスプールに巻いて、10グラム以上のルアーをキャストするのに向いていると感じました。

ショアからジグをキャストするなら、PEラインの2号を150メートル以上巻いてフルキャストしてみると、手返しよく広範囲を探ることができましたよ。

この辺りに高い汎用性を感じて、いろいろなアプローチに使ってみると、アンタレスDC MDが活きてくるのではないでしょうか。

シマノのインストラクターである村田基さんの愛機ですから、海外遠征帯同アイテムのイメージも強いですよね。

昨今の状況では、なかなか海外に出かけることが難しいですから、身近な釣り場でその優れた汎用性を使いこなしたいものです。

アンタレスDC MDのデモンストレーション動画はこちら

アンタレスDC MDの実釣インプレ①バス釣り

このベイトリールを、バス釣りで使ってみたインプレを取り上げましょう。

ラインはナイロンの20ポンド、その先端に結んだのは、30グラム程度のクローラーベイトです。

軽くロッドを振るだけで、独特のDCブレーキ音を鳴らしながら、飛距離を伸ばしていきますよ。

30グラムもウエイトがあって、羽根が畳まれて空気抵抗を抑えた状態なら、70メートルくらいなら余裕で飛んでいきます。

当然探れる範囲は広大になり、釣れるバスの数も比例して増えることに。

遠くでバイトがあっても、エキストラハイギアによりラインスラックを消すのは素早く、ガッチリとフックがアゴをとらえることに成功しますよ。

そのままゴリ巻きしても、問題なく引き寄せが可能なのは素晴らしいですよね。

握りやすいハンドルノブの出来栄えも秀逸で、バラシ軽減に役立っていると体感できます。

アンタレスDC MDの実釣インプレ②ロックフィッシュゲーム

アンタレスDC MDを、ロックフィッシュゲームで使ってみた際のインプレもご紹介しましょう。

スローシンキングになるようにセッティングされたメタルジグの40グラムを、ショックリーダーラインに結びます。

リールスプールに巻いているのは、PEラインの2号。

その状態で磯場から沖に向けてキャストすると、驚くほどの飛距離の伸びを見せてくれました。

逆風でなかったら、100メートルに達していたのでは?と感じるほどの伸びで、ラインスラックを取りメタルジグをフォールさせては、リフトを繰り返していたのです。

一気に重くなったので、ロッドを立ててこれまたゴリ巻き。

特に巻きにくくなることもなく、アイナメやカサゴ・ソイなどを獲ることができました。

太目のショックリーダーラインを結んでも飛距離が出るのは、とてもありがたいですよね。

アンタレスDC MDと組み合わせて使いたいおすすめタックルを集めてみた!

アンタレスDC MDと組み合わせて実釣で使ってみたい、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

まずは、ロッドから。

バス釣り用のものでも、ロックフィッシュゲームやシーバスゲームに転用できるタイプがあります。

飛距離を重視しつつ、幅広いルアーウエイトを載せられるものがいいですね。

シマノ(SHIMANO) バスロッド エクスプライド ベイト パワーゲーム 172H ジグ テキサスリグ フロッグ スイムジグ ビッグスプーン

シマノ(SHIMANO) バスロッド エクスプライド ベイト パワーゲーム 172H ジグ テキサスリグ フロッグ スイムジグ ビッグスプーン

最安値価格
¥21,945(amazon)

Amazonへ ¥21,945

楽天市場へ ¥21,945

Yahoo!へ ¥21,945

シマノからリリースされているバスロッド・エクスプライドの172Hです。

全長7.2フィートでHパワーのブランクスを搭載、自重は125グラムと長さ・硬さと比べて軽めに作られていますよ。

適合ルアーウエイトは、12グラムから42グラムまでなので、アンタレスDC MDで飛距離を伸ばすのに向いているウエイトといえるでしょう。

バス釣り用ルアー全般はもちろん、海のロックフィッシュゲームに用いるテキサスリグやフリーリグ・ジグヘッドリグ・チャターベイトなどにもマッチしますよ。

実際に振ってみると、とても振り抜けが良好で曲がり込みからの復元もスムーズ。

ガイドシステムはコンパクトに抑えられていますから、ラインが絡みにくくなっています。

ナイロンやフロロカーボンなどのモノフィラメントラインも扱いやすいですが、PEラインのすり抜けもいいですね。

ショックリーダーラインとのノットの引っ掛かりが気になるところですが、特にトラブルなくキャストを続けられます。

実売価格は2万円台前半と、とても低価格な設定になっていて、汎用性の高さからもおすすめの1本です。

コルクを用いたグリップなので、海での使用の後はしっかり洗って塩気を取り除き、拭き取りして乾燥しておくようにしましょう。

ガイド周りに残っている塩分も、丁寧に取り除いてくださいね。

ステンレスフレームだからといって、腐食しないとは限りませんから。

クレハ(KUREHA) ライン フロロマイスター 240m 16lb

クレハ(KUREHA) ライン フロロマイスター 240m 16lb

最安値価格
¥1,100(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,191

楽天市場へ ¥1,190

Yahoo!へ ¥1,100

クレハから出ている定番のフロロカーボンラインです。

16ポンドで240メートルの巻糸量ですから、アンタレスDC MDなら何度か巻き換えに使えますね。

硬くてゴワゴワした感触はなく、しなやかでスプールに馴染みやすいテイストになっています。

平行巻きで収められているわけではありませんが、テンション緩めなので型付きが無く、最後までしっかり使い切れるように巻かれているのが良心的ですよね。

実際に使ってみると、キャストの際の高切れはほとんどありませんし、フロロカーボンラインらしい水中への沈み込みを見せてくれます。

伸びの無さが高い感度を生み出し、カバーやストラクチャーに擦れても、傷みは少なくなっていますよ。

積極的に攻める釣りを展開したいアングラーは、ぜひ一度使ってみてください。

実売価格は千円台と、驚くほどの安い価格を実現しています。

幅広いユーザーから愛用されているのが、よく分かる完成度ですね。

ちなみに、ショックリーダーラインとして使うと、やや張りやコシが足らない印象を受けます。

やはりこのラインは、道糸に使うことを目的に設計されているのだと実感できますよ。

VARIVAS(バリバス) ライン キャスティングMAXパワーX8 200m 2号

VARIVAS(バリバス) ライン キャスティングMAXパワーX8 200m 2号

最安値価格
¥3,189(楽天市場)

Amazonへ ¥3,676

楽天市場へ ¥3,189

Yahoo!へ ¥3,216

バリバスから発売中のキャスティングゲーム専用PEラインです。

8本撚りで、強くてしなやかな仕上がりになっていますよ。

こちらは、太さが2号で200メートルの巻糸量がありますから、アンタレスDC MDのスプールにはちょうど合いますね。

カラーには、原糸と同じホワイトを採用、このほうが色落ちの心配をしなくて済みますし、25メートルごとにマーカーも配置されているので、巻き取り量のイメージを付けることができます。

実際に使ってみたのですが、ライントラブルなく滑らかにガイドを抜けていく様子は、さすがバリバス製品と納得させてくれるレベル。

実売価格は3千円台と、やや高めの価格設定ですが、このスペックなら納得してしまうのではないでしょうか。

ショックリーダーラインとのノットの仕上がりもしっかりしていて、結束が緩んだりほどけたりしたことはありません。

アンタレスDC MDを駆使してビッグフィッシュを釣り上げよう!

アンタレスDC MDの特徴やインプレ、マッチするおすすめタックルを取り上げてみましたが、いかがでしたか?

さまざまな釣り場でこのベイトリールの機能を活かしながら、ビッグフィッシュを釣り上げてくださいね!

ベイトリールの関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

DAILYランキング