釣り イメージ

釣り人あるある!!釣りに行けないときに起こるかもしれない禁断症状!

FISHING JAPAN 編集部

釣りに行きたいのになかなか行けない・・・。

休みが取れなかったり、天気が悪かったり。

急な用事が入ったり、釣りに行こうと思うとなぜか都合がつかなくなってしまう・・・。

釣り人の皆さん、そんな経験はありませんか?

今回、釣りに行けないために起こるかもしれない、禁断症状あるあるの一例をご紹介しますね。

釣りに行けないストレスを、釣り道具を買うことで発散!!

釣りに行きたいのになかなか行けない。

釣りに行けないストレスを発散するために、ついつい新しい釣り道具を買ってしまう!

そんなことはありませんか?

意識的か、あるいは無意識なのか?

「次に釣りに行くときに使おう!」と思って、良さそうな釣り道具を見かけるとついつい買ってしまう・・・。

そして、なかなか釣りに行けないので、道具だけがたまっていってしまう・・・。

皆さん、そんな経験あるかもしれませんね。

ついつい覗きに行ってしまう、魚屋の生け簀やスーパーの鮮魚コーナー!

魚を釣りたくても釣りに行けない。

ついつい魚を見るために魚屋をのぞいてしまったり。

生け簀で泳いでいる魚を見つめながら、ここに釣り糸を垂れたいなぁ・・・。

なんて妄想してしまったり。

公園の池や水槽など、ついつい魚を探して覗き込んでしまう。

そうなるとかなり重症ですね。

日常生活のいろいろなものが釣り竿に見えてしまう?!

釣りに行けない禁断症状が進むと、釣りを連想させるちょっとしたものにも反応するようになってしまいます。

フィッシングメールを魚釣りと関係あるように勘違いしてしまったり。

レシートの「お釣り」の文字にも反応してしまったり・・・。

街中で釣り道具を持ち歩いている人をついつい見てしまう・・・。

もちろん、弓道部の人たちが持ち歩く道具にも反応してしまったりするかもしれませんね。

イメージトレーニングのしすぎ?寝ていても釣りの夢をみてしまう・・・。

そして、現実世界で釣りに行けないストレスを発散させるために、夢の中で釣りをするようになってしまいます。

でも、釣ろうと思ってもなかなか釣れなかったり。

肝心の道具を忘れるという悪夢だったり・・・。

やっぱり、そうなると本当に釣りをしに行った方が良いかもしれませんね。

釣りに行きた過ぎて、でもなかなか行けない。

そのせいで軽い禁断症状が出るようになると、あなたの釣り人としての熱中度もなかなかのものですね。

常に釣りを意識するようになったり、あるいはイメージトレーニングをしすぎて、釣りをする夢を見たりなど・・・。

釣り人の皆さん、定期的に釣りをしに行って、ストレスを発散しましょうね。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング