ルアー 写真

ピーナッツIIはさまざまなシチュエーションで使える高評価クランクベイト!冬から春先の低水温でも頼りになるシャローエリア攻略アイテム!

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから長年に渡って発売されているクランクベイト・ピーナッツIIは、シャローエリアをチェックするのに適したバス釣りアイテムです。

人気は高く、さまざまなシチュエーションで使われていますよ。

その中から、冬から春先にかけての低水温期における使い方をご紹介しましょう。

ピーナッツIIってどんなクランクベイトなの?基本スペックはこちら!

ピーナッツIIは、ベーシックな機能を搭載したクランクベイトです。

全長50ミリで自重9グラム、小粒なフォルムなのにキャストしやすいウエイトが与えられています。

しかも、メーカー希望本体価格は、720円。

これなら大胆に扱えそうですから、大遠投にチャレンジしたり、カバーギリギリを狙ってアプローチする人が多いのも肯けます。

ピーナッツIIは3種類から選べる!

このクランクベイトには、3種類の潜行レンジを狙えるよう、形の異なるリップが用意されています。

水深0.5メートルまで潜る設定のSSRタイプ。

水深1.0メートル前後を狙うSRタイプ。

そして水深1.5メートルまで潜れるDRタイプから選んでください。

リップに注目!

ピーナッツIIのリップそのものに注目しましょう。

透明もしくは半透明の樹脂で出来ていて、ずいぶんと分厚く作られています。

これによりカバーや地形変化に接触しても、カンタンには欠けたり破損したりしないようになっていますよ。

これも大胆に攻めることができるひとつの要因といえるでしょう。

DRタイプを活用して低水温期のバスを狙ってみよう!

さて、3種類の中から、寒い時期に是非使ってもらいたいのが、DRタイプです。

「水深1.5メートルまで潜らせて使うの?」と考える人がおられるでしょうが、実はそうではありません。

超スローにリトリーブして、何かにリップが触れたら巻取りを止めて浮かすために使うのです。

製品の分かりやすい使い方を解説している動画はこちら

ピーナッツIIを極めてスローなスピードで泳がせると、ウォブリングしていた振動すら、手元に伝わってこなくなる瞬間があります。

それほどゆっくりリトリーブしながら、コツン!と何かに触れる感触を察知することに努めてください。

それが水中に沈んでいるカバーや地形変化に当たったのかもしれませんし、バスのショートバイトかもしれません。

ラインが急に走り出したりフケたりしたら、バスの可能性が高いでしょう。

しっかりフッキングに持ち込んで、タフな低水温期のバスを手にしてくださいね。

製品のご購入はこちら

ダイワ(Daiwa) クランク ベイト ピーナッツII DR セクシーサンバーストチャート ルアー

ダイワ(Daiwa) クランク ベイト ピーナッツII DR セクシーサンバーストチャート ルアー

参考価格:¥694

Amazonへ

DAILYランキング