魚 写真

パズデザイン リバード90sはデイゲームでスローなタダ巻きでも食わせ可能!人気シンペンの使い方や特徴などを動画を交えてご紹介します!

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さん、スローな釣りは得意ですか?

ナイトゲームではリアクションに頼らず、しっかりと見せて食わせるのがほとんどです。

スローな展開ではフラフラと漂うシンキングペンシルが有効となりますが、ハイプレッシャーによりスレているフィールドが多くなっています。

単調なスラロームアクションはバイトする寸前で見切られる事も多く、特にデイゲームや澄み潮や常夜灯下等の視覚が効く場所では、顕著に見切られる場面も多くありました。

今回はイレギュラーアクションでデイゲームでもスローなただ巻きで食わせることができるリバード90Sの特徴やインプレ、使い方をご紹介します。

パズデザイン リバード90Sの特徴とは?

最大の特徴はただ巻きでのイレギュラースラロームです。

スライドする幅やスピードが一定のスラロームアクションは、人的プレッシャーが高い場合や活性が低い状態だと「魚は出てくるものの、後ろにくっついて、なかなかバイトまで持ち込めない」という場面も多くなります。

そんな場面でもリバードのイレギュラースラロームアクションは、アングラー側も予測不能なスライド幅とスピードの変化でチェイスしている魚、ルアーをじっくり見ている魚をバイトに持ち込みます。

特に流れの変化に差し掛かった時のアクションの変化は秀逸です!

リバード90Sの使い方は?動画でアクションもチェックしましょう!

使い方のコツを2点ご紹介します。

まずはリトリーブ時にラインを張り過ぎないことです。

S字にアクションするルアーは、ラインスラックがないと十分にスライドする事ができないので本来の動きが出せません。

そのためリトリーブ時はラインとティップをなるべく一直線に近い状態でキープし、そのラインが少し弛む位のスピードで巻くのがオススメです。

早巻きするとラインが張りすぎて上手くスラロームしません。

早巻きが得意なルアーもありますが、リバードはスローな釣りでこそ真価を発揮します!

リバードのアクションを最大限に引き出すため、ワイドスナップを使用しましょう。

クロスロックタイプは可動域が狭いので、動きがおとなしくなり、上手くスラロームが出ない原因になります。

リバードはイナッコ、イワシ、アユ、サッパ、イカ等、どのベイトを捕食していても対応できるので、捕食ベイトがわからない時、混在している時にもオススメです!

イレギュラーアクションは動画でも確認できます。

どのようにアクションしているか理解するほど、釣れるイメージを持つことができるので、動画をチェックしてみましょう!

動画はこちら

リバードのインプレと人気カラーはライムチャートイワシ!

リバードは6月~11月に、店頭でよく売れるルアーです。

プレッシャーの高いフィールドでも釣れる!

べた凪の水面が静かな状態でも釣れる!

激流では難しいが、スローに巻ける状況であれば一番釣れる!などインプレでも高評価です。

その中でも多く検索されているカラーは、ライムチャートイワシです!

人気シーバスプロ小沼さんがイチオシしているカラーです。

濁りの中でもアピールし、イナっ子パターンにも効果的ですよ。

ベイトが小さい時や常夜灯、デイゲームなどはクリア系やフラッシングが効果的ですが、ナイトゲームでカラーを迷ったらライムチャートイワシを買ってみるのもいいですね。

是非一度試してみてはいかがでしょうか?

ご購入はこちら

Pazdesig(パズデザイン)/reed(リード) リバード90S/Re-bird 90S #017キンクロ RB90S-017

Pazdesig(パズデザイン)/reed(リード) リバード90S/Re-bird 90S #017キンクロ RB90S-017

最安値価格
¥1,590(楽天市場)

Amazonへ ¥1,870

楽天市場へ ¥1,590

Yahoo!へ ¥1,590

バス釣り」カテゴリの人気記事

DAILYランキング