ミノー 写真

ジャクソンのGコントロールはヒラメ・青物狙いに最適!もちろんシーバスにも使えるミノーの使い方やインプレをご紹介!

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さん、ジャクソンのGコントロールは使ったことがありますか?

シーバスをターゲットにしたミノーですが、ヒラメを狙うのにも最適なんです!

特にサーフからヒラメを釣りたい時、ヒラメのいる場所にこのミノーをを投げることが出来たら、釣ることが出来ます!

今回は、Gコントロールの使い方やインプレの他、ヒラメのいる場所の見つけ方などもご紹介いたします!

Gコントロールは圧倒的な飛距離が魅力!

Gコントロールはジャンルで分けると、ヘビーシンキングミノーです。

ヘビーシンキングミノーは自重が重いので、より遠くまで投げることが出来ます。

しかし泳ぎのレスポンスが悪くなってしまうというデメリットが存在します。

つまり、ファーストリトリーブでしか泳がなくなってしまうのです。

そんなヘビーシンキングミノーの弱点を払拭したのが、Gコントロールです!

ベリー部分に設計したセカンドリップは、ボディを浮き上がせる揚力を発生させます。

その揚力によって、沈もうとする力を打ち消し、低速リトリーブでのレスポンスを飛躍的に向上させることに成功しました。

また、28gという重さがありながら、半分の14gクラスのシンキングミノー並のリトリーブスピードで泳ぐことも出来ます。

さらに、ヘビーミノーはウォブリング系のアクションが主流ですが、Gコントロールはウォブリングにローリングを加え、よりミノーライクなアクションを引き出しています。

釣りいろはの皆さんも使っていました!

Gコントロールは、もちろんオフショアでも使えます。

人気YouTuberの「釣りいろは」の皆さんは、ヒラスズキを狙っていました!

ヒラスズキといえば、荒磯で釣るイメージですが、オフショアでも狙えるんです。

ジャクソンのスタッフの方と釣りいろはの皆さんが楽しく釣りをしている様子は見ているだけで釣りに行きたくなります!

Gコントロールでヒラスズキを狙う!#1

非常に海が荒れていたので、ヒラスズキの活性も良くなっていたのか、最初から釣れています!

さらに良型のブリまで釣れていました!

海は非常に荒れていたので、皆さんも釣りに行くときは安全第一で出掛けてくださいね!

ヒラスズキを狙う!#2

2本立てになっているので、時間のある時にゆっくり見るのもオススメです。

最後は全員釣ることに成功して、和やかな雰囲気でした!

カラーラインナップやスペック詳細など、詳しい情報はジャクソンの製品ページをご確認ください。

ご購入はこちら!

サーフでのヒラメを狙う時の使い方は?

サーフでヒラメを狙って釣る!

釣り人なら憧れるシチュエーションですね。

サーフでの釣りは、魚がいる場所を見極めることが重要になってきます!

荒れたサーフでは、魚は比較的流れの緩やかなところにいます。

つまり、波が消える場所を探すのが鉄則です!

わかりやすく説明されている動画をご紹介いたします!

Gコントロールの使い方も教えてくれていますよ!

サーフヒラメを釣り上げる!

非常に渋い状況でしたが、流石はプロです!

これからの季節は、サーフではマゴチが釣れ出します。

夏のマゴチは、産卵後の荒食いで食いつきが良いのでよく釣れます。

モチロンGコントロールでも狙えますよ!

インプレ・釣果写真をご紹介!

インプレや釣果写真をご紹介いたします!

様々な種類の魚が釣れていました!

MANさん(@man.4503)がシェアした投稿 -

みつおさんさん(@hikaruotoko3203)がシェアした投稿 -

jacksonさん(@jacksonlure)がシェアした投稿 -

Koji Tanakaさん(@koji.guild)がシェアした投稿 -

大きなブリにマゴチ、たくさんの青物が釣れていました!

皆さんも釣果写真を見ていると、釣りに行きたくなってきたのではないでしょうか?

今週末は、Gコントロール持って釣りに出かけてみると、良い釣果を出せるかもしれませんよ!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング