バス ルアー 写真

シャローエリアにバスは居るの?その特徴と釣り方・おすすめルアーをご紹介します!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、超シャローエリア、すなわち水深が10センチ前後の浅瀬にバスはいると思いますか?

答えは明確で、ずっと居続けることはできないはずです。

身体が外気に触れてしまいますからね。

でも、その超シャローこそがビッグバスを狙うための最重要ポイントになるのです。

ここでは釣り方と特徴・おすすめルアーについて、ご紹介しましょう。

超シャローエリアってどんなポイントなの?

超シャロー=水深10センチ前後の浅瀬だと考えてください。

そんなところに居られる魚といえば、いわゆる小魚やエビ・カニ・カエルの類いでしょう。

大きな体格のバスは、ちょっとスリムにならないと浮かぶことすらままならない状況です。

だから我々釣り人は、見落としがちになりやすいのです。

超シャローの特徴をチェック!バスが見逃さない好条件が揃っているのでは?

もう一度、よく考えてください。

超シャローにはバスが入りにくい印象はあるものの、そのバスが好んで捕食するベイトフィッシュが、数多く存在しているはずです。

たぶんベイトフィッシュも、「こんなところまで追いかけてこないだろう!」とタカをくくっているに違いありません。

そういうところに生じるのが心のスキ。

そしてそのスキを見逃さないのが、自然の中で生きているバスの特徴なのです。

釣り方とおすすめルアーはこちら!

もし、この超シャローに風が吹き込んだとしましょう。

波が立ち、その分だけ水深が一時的に増します。

それに乗ってバスが進入してきても、何ら不思議ではありません。

実際におすすめのトップウォータールアーを岸際に浮かせておくと、水面を割るようにしてバスが飛び付いてきますよ。

まだバスの居ない超シャローエリアに、あえてルアーだけ先に置いておくというアプローチ。

この釣り方で釣れると、仕掛けておいたトラップがボンッ!と弾けるような高揚感に満たされます。

ルアーをキャストしてアクションさせて釣る!という普段のスタイルとは異なるので、なかなか取っ付きにくいでしょうが、一度釣れるとヤミツキになりますよ。

是非試してみてくださいね。

超シャローエリアには、エンジン船やエレキ動力で進入するのは難しいですから、パドルを使ったカヤックを利用しましょう。

超シャローでも進入可能なカヤックパドルはこちら

シャローの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング