ルアー 写真

バーブレスフックの魅力とは!?人や魚に優しい釣りを楽しもう!オススメのバーブレスフックやペンチでカエシを潰す方法をご紹介!【動画】

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さん、バーブレスフックを使ったことはありますか?

バーブレスフックとは、カエシのついていないフックのことです。

カエシがついていないと、「フッキングした魚が逃げて釣果が悪くなってしまう・・・」と思われがちです。

今回は、そんな方に知ってもらいたいバーブレスフックの魅力に迫っていきましょう!

オススメのフックやカエシをペンチで潰す方法についても詳しくご紹介します!

目次

  • バーブレスフックはバラシが多い?
  • バーブレスフックの魅力とは?
  • ペンチで簡単にバーブレスに!
  • バーブレスで人や魚に優しい釣りを!

バーブレスフックはバラシが多い?

バーブレスフックと聞くと、どういったイメージをお持ちですか?

「魚に優しいけれど、バラシやすい難しいフック」といったイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか?

バーブレスフックには、通常のフックについているカエシ(バーブ)がありません。

その分、かかった魚とのファイトにおいて、ラインのテンションをずっと保っておかないとあっさりとフックが抜けてしまいます。

魚に優しいのは最高だけど、バラしてばっかりの釣りだと、やはり楽しくないですよね・・・

たしかに、バーブレスフックは、カエシがついているフックと比較すると、バラシやすい作りとなっています。

しかし、そんなデメリットを払拭するほどのメリットもあるんです!

バーブレスフックの魅力とは?

バーブレスフックのメリットとして、その魅力に迫っていきましょう!

1.魚にも人にも優しい!

ルアーのフックが、指や顔などに刺さった経験はありませんか?

痛い上にカエシがついているので抜くことができませんよね・・・

病院で抜いてもらわなければならないので、釣りどころではありません。

バーブレスフックは痛さこそありますが、比較的簡単に抜くことができます。

マキロンで消毒して絆創膏を貼ったら、釣りを再開することができますよ!

2.魚がかかりやすい!

フックになかなか魚がかからないと悩んでいる方は、一度バーブレスフックを試してみてください。

フッキングがうまくできないのは、カエシを越えられないからです。

グッとフッキングするのもコツがいります。

フッキングが決まると、その後は抜けにくくなりますが、先だけしか刺さっていない状態では、すぐに逃げられてしまいます。

バーブレスフックならスッと奥まで刺さります。

鰓蓋や骨に刺さることもあるので、魚のかかりやすさは抜群です!

3.リリースがスムーズ!

魚を傷つける原因は、ファイトが長引くこと、そもそものフッキングによるものなど様々です。

一つの原因として、体温の高い人間が触ることによる火傷があります。

フックを外す時は、どうしても魚を触ってしまいますよね・・・

バーブレスフックを使っていると簡単にフックが外せるので、魚を触る時間を短くすることができます。

その分、魚を傷つけることなくリリースできますよ!

リリースするつもりで釣りを楽しむなら、バーブレスフックがオススメです!

ペンチで簡単にバーブレスに!

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY