ウェーダーのアップ写真

シマノのウェーダーを駆使して釣りを楽しみたい!おすすめアイテム特集

FISHING JAPAN 編集部

シーバスゲームやサーフエリアでのヒラメゲーム、河口域でのチニングゲームなとでひんぱんに使われているウェアが、ウェーダーです。

お腹や胸辺りまで覆い尽くしていて、シューズと一体型になっているものが多くリリースされていますよ。

ここでは、人気のシマノが発売しているウェーダーについて、詳しくご紹介しましょう。

「渓流釣りでもウェーダーは欠かせないよね!」

岸辺に立ったまま釣りをおこなうのではなく、水の中に足を踏み入れて実践するつもりなら、事前にウェーダーを履いておきたいですよね。

シマノのウェーダーとは

シマノからリリースされているウェーダーとは、防水処理レベルがかなり高くて、広範囲を歩いてもさほど疲れないようにシューズデザインやソール形状にこだわったウェアのことです。

長靴の機能が、腰や胸まで伸びたイメージでしょうか。

ただし、カンタンに水が浸入してくるような作りにはなっていない、加えて釣り自体がやりやすいところが、シマノらしさといえます。

広範囲を歩いてポイントを探し移動するのが、ウェーディングスタイルですから、足上げがしやすくないといけません。

また、水中では強い水圧がかかることから、表面生地のダブつきを極力無くすことも重要になってきます。

そこでシマノが採用したのが、コアアクトというコンセプト。

これにより、ウェーダーに最適な3D形状の構造を開発し、足を上げた際の身体の傾きを抑えています。

傾きがなければ、スムーズに足を前に運べますからね。

こういったこだわりを持ってデザイン設計されている、シマノのウェーダー。

ソルトウォーターゲームはもちろん、渓流や本流域でのリバーゲームでも多用されるようになっています。

実際にこのコアアクト・コンセプトに基づいたウェーダーを履いてみると、水の中で楽に足を上げ降ろすことができますよ。

早く歩を進める必要はありませんから、ボトムの地質や凹凸の状態を感知しながら、釣りのヒントになる要素を見つけ出してみましょう。

シマノのウェーダーに使われている素材

シマノのウェーダーに使われている素材に注目しましょう。

まずは、ドライシールド。

これはシマノがオリジナル開発した防水・撥水・透湿生地で、レインウェアにも積極的に使われています。

かいた汗による水蒸気を外部へ放出し、蒸れを抑えてくれる効果がありますよ。

当然高い防水性能を兼ね備えていますから、ウェーディングゲームを実践するのに適した素材といえるでしょう。

その他マックスデュラやクロロプレンなどを活用したウェーダーもラインナップされているので、お好みの素材を選ぶようにしてください。

マックスデュラは、非透湿が特徴で防水性能が高くなっていますよ。

クロロプレンは、ネオプレーンとほぼ同じと考えていいでしょう。

生地自体が分厚くなるので、冬場などの水温が冷たい時期に重宝します。

釣りをする時期や釣りスタイルに合わせて、着用素材を交換しながら使いたいですよね。

サイズが幅広く揃っているのも、大きなメリットでしょう。

シマノのウェーダーのソールに注目!

シマノのウェーダーのソール、つまり足の裏面については、4種類用意されていますよ。

フェルト・スパイク・ラジアル、そしてブーツを別で履くソックスタイプから選んでください。

目安はやはり釣り場のシチュエーションでしょうか。

フェルトなら砂底や落ち葉が堆積しているエリア以外なら、オールマイティに歩くことができます。

そこにスパイクを追加したフェルトスパイクなら、かなり滑りにくくなりますよ。

ラジアルならサーフなどで活用しやすいでしょう。

濡れてしまっているコンクリート護岸や海苔の付いた岩場などには、足を踏み入れないようにしてください。

ソックスタイプなら、釣り場に合わせてシューズを履き替えることが可能です。

シマノのウェーダーからおすすめのアイテムを選んでみた!

それでは、シマノの数あるウェーダーの中から、おすすめのアイテムを取り上げてみましょう。

まずは、サーフなどの砂地で活躍してくれるタイプから。

ソールはラジアルで、チェストハイのデザインのものが使いやすいでしょう。

大型のヒラメやマゴチ、青物などを釣り上げたいですよね。

シマノ(SHIMANO) ウェーダー XEFO・ドライシールドウェーダー (中丸チェストハイ・ラジアルソールタイプ) ZT WA-231P タングステン M

シマノ(SHIMANO) ウェーダー XEFO・ドライシールドウェーダー (中丸チェストハイ・ラジアルソールタイプ) ZT WA-231P タングステン M

最安値価格
¥20,095(amazon)

Amazonへ ¥20,095

楽天市場へ ¥21,329

Yahoo!へ ¥20,411

サーフゲームで重宝する、XEFOブランドのウェーダーです。

チェストハイタイプなので、胸まで水飛沫や水の浸入をカバーしてくれますよ。

ロングロッドにメタルジグやヘビーウエイトなシンペン・ミノーなどを結んで、沖へ向かって大遠投するのに適しています。

水中に立ち込んで、下半身を柔軟に動かせるサイズを選びたいですね。

素材は耐久性に優れたドライシールド3層透湿・防水加工になっていて、ブーツ部分はPVCが採用されています。

ヒザ部分には、クロロプレン製のパッドを内蔵していて、尻部とともに2重生地で高い耐久性を誇っています。

ソフトな取り外し式ショルダーベルトは、肩への過度な負担がかかるのを抑えてくれます。

ブーツ内部には、クッションのあるカップインソールが装着されています。

クロロプレン製のソックスも用意されているので、保温性も高まっていますよ。

ソールは、ラジアルソールタイプです。

実際に履いてみると、ソールがとても柔らかくて曲がり・復元ともにレスポンスよく、足裏でボトムをしっかり感じ取れるのがいいですね。

実売価格は、2万円台前半とリーズナブルな価格帯に収まっています。

これならサーフゲームを本格的にやり込みたいアングラーにおすすめできるでしょう。

シマノ ウェーダーWA-258Q黒 S

シマノ ウェーダーWA-258Q黒 S

最安値価格
¥14,104(Yahoo!)

Amazonへ ¥17,185

楽天市場へ ¥14,245

Yahoo!へ ¥14,104

こちらは、河川などのゴロタ石を含むボトムで立ち込むのに適した、マックスデュラウェーダーです。

素材は、ナイロンオックスのPVC防水加工生地で、摩擦に強いのが特徴です。

ウェーダーの内側は、メッシュ仕上げになっていてドライ感が心地いいですよ。

取り外し式ショルダーベルトは、肩への負担を減らしてキャストを繰り返すのに適しています。

ブーツ部分は、特殊なPVC素材を使い、ソフトな履き心地をもたらしてくれます。

ソールは、カットピンフェルトになっていますから、川底に足をとられて滑ってしまうことを防いでくれるでしょう。

実際に装着してみると、フェルトが石や岩をしっかりとらえて、安定した歩みを実現させてくれます。

水深が分からないエリアでは歩くスピードを落として、つま先で沈下物の有無や地形変化を探りながら、ゆっくりと前進するようにしましょう。

実売価格は、1万円台とコスパがかなり優秀なアイテムです。

初めて渓流釣りにチャレンジしたい人には、よくマッチするはずです。

シマノ(SHIMANO) XEFO ドライシールド ストッキングウェーダー WA-224J ブラック L

シマノ(SHIMANO) XEFO ドライシールド ストッキングウェーダー WA-224J ブラック L

最安値価格
¥20,728(amazon)

Amazonへ ¥20,728

楽天市場へ ¥21,898

Yahoo!へ ¥20,982

シマノのストッキングウェーダーで、ブーツが付いていないタイプです。

装着した後、ウェーディングブーツを履くようにしてください。

素材はドライシールドで、ヒザや尻部の生地を二重にして耐久性を向上させています。

付属のショルダーベルトは、肩への負担を抑えるソフトタイプのバックル式になっていますよ。

ウェーダーとシューズの隙間から、砂などが入ってくるのを防ぐグラベルガードが標準で装備されています。

グラベルガード自体がダブつかないように、ジョイントタブが付いていますよ。

また3.5ミリもの厚みを持った、クロロプレンソックスで足を包むように作られています。

裏側には滑り止めが配置、摩擦にも強い仕様が嬉しいですね。

実際に履いてみると、ドライシールドのベタつかない着心地は快適そのもの。

ウェーダーブーツを変えられることから、複数の種類のソールを用意しておいて、釣り場のシチュエーション・ボトムの状態に合わせて履き替えられるのが、大きなメリットとなりそうです。

シマノのウェーダーを使いこなしてウェーディングゲームを楽しもう!

シマノのウェーダーの特徴や、おすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ウェーダーを履いて立ち込むエリアは、安全なところばかりとは限りません。

いきなり深くなっているブレイクラインもあれば、泥が堆積していて足をとられるようなところも点在しています。

危険と隣り合わせだからこそ、自分の身体にマッチしたウェーダー選びを真剣におこないたいものです。

妥協せずに、素材やソールの性能にもこだわって、最高のウェーダーを見つけ出してくださいね。

シマノの関連記事はこちら

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング