リール 写真

バスXは2019年新発売のベーシックなバス釣りベイトリール!オールラウンドに使えるのが魅力

FISHING JAPAN 編集部

2019年ダイワから新発売のベイトリール・バスXは、コスパ優秀なオールラウンドモデルです。

ソルトウォーター対応なので、バス釣り以外にもシーバス・チヌ・ロックフィッシュを狙うのに使ってみましょう。

詳しい特徴をピックアップしてみました。

バスXってどんなベイトリールなの?

バスXは、大変コスパの優秀なベイトリールで、これからバス釣りを始める初心者の人におすすめのアイテムです。

機種は、右巻きと左巻きモデルがひとつずつ、合計2機種が用意されていますよ。

どちらかを選べるのは、ユーザーにとってとても大切な要素ですから、お気に入りのほうを選んでください。

バスXのギア比

このベイトリールのギア比は、7.5対1で統一されています。

ローギアモデルやハイギアモデルは設定されていませんが、7.5対1でハンドル1巻き75センチを巻き取れるので、オールラウンドに使えるでしょう。

自重は195グラム

バスXの自重は、195グラムと軽量です。

ベーシックモデルとしては破格の軽さで、手首への負担も抑えられるので、キャスティングを覚えるにはちょうどいいかもしれません。

最大ドラグ力は5キロに設定されています。

90ミリのアルミクランクハンドルを搭載

このベイトリールには、90ミリのアルミクランクハンドルが搭載されています。

重量のあるスイムベイトなど操るとき、力強く巻き取ることができるでしょう。

バスXのスプールは、直径32ミリのブランキングタイプです。

糸巻き量は、12ポンドラインを100メートル巻くことができますから、さまざまな釣り方に対応可能でしょう。

バス釣りはもちろん、ナマズ・シーバス・チヌ・ロックフィッシュなどの釣りに使ってみてください。

サブのリールとしてクルマに常に積んでおけば、メインリールにトラブルが起きても釣りを続けることもできるでしょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング