ルアーのアップ写真

ポップクイーンって使ってる?青物やシーバスを狙うのに用いる定番ポッパー

FISHING JAPAN 編集部

シーバスや青物をキャスティングゲームで狙うとき、ラインに結ぶ定番のポッパーといえば、ポップクイーンは外せないでしょう。

長い歴史のあるルアーで、豊富なサイズ・カラーバリエーションにより、さまざまなシチュエーションを攻略することができます。

ここでは、ヤマリアのポップクイーンの特徴や実釣インプレについてご紹介しましょう。

「本当にベーシックなデザインだよね!」

その通り!砲弾型のフォルムを採用しているので、向かい風も切り裂くように飛距離を伸ばしてくれます。

ポップクイーンとはどんなポッパーなの?実釣インプレをチェック!

ポップクイーンとは、ヤマリアからリリースされている、フローティング設定の樹脂製ポッパーのことです。

サイズが豊富にあって、最もコンパクトなのが、全長50ミリタイプ。

最大のものは、全長160ミリでウエイトが65グラムも与えられています。

これなら岩礁帯や防波堤から、ロングキャストで沖合いのナブラを撃つことができるでしょう。

ロッドワークにも俊敏に反応してくれるので、誘いはかけやすいですね。

実際にポップクイーンF160を使ってみたので、インプレをご紹介します。

組んだタックルは、いつもショアジギングに使っている10フィートのスピニングロッドと、C5000番の中型スピニングリールです。

PEラインには2号を巻いていましたが、この組み合わせなら軽くロッドを振り出すだけで、50メートルを超える飛距離を叩き出せます。

とにかくよく飛んでくれるので、着水先の表層を的確にかき回すことができますし、止め待ちして魚を浮かせることもカンタンです。

標準で付いているトレブルフックは、太軸の2/0サイズ。

スプリットリングの剛性も高めなので、大型の青物が掛かっても安心してやり取りを楽しめますよ。

以前ブリを掛けたことがあって、かなり引っ張られたのですが、トレブルフックは伸ばされず、フックアウトすることもなかったですね。

ポップクイーンF160をダイブさせたり、スプラッシュを飛ばしたりすると、独特の泡が発生します。

音も出ているんでしょうが、波立っているとあまり聴こえません。

ただし、発生した泡が、ボディ全体にまとわり付いているのが視認できますよ。

フィッシュイーターたちは、この泡に引き込まれて、ポップクイーンF160の周囲に接近してくるのではないでしょうか。

泡があれば、ボディの情報がそのまま魚に伝わることはありませんから、まるで小魚の群れを演出している感じなのでは?

群れは最も襲われる機会が多く、その要因となる泡を作り出せるポップクイーンの強みといえそうです。

シーバスゲームを満喫するならポップクイーンのF50・F80を使いこなしてみよう!

シーバスやチヌをターゲットにする際には、ポップクイーンの50Fや80Fを用いることが多くなります。

移動距離が短いのに、スプラッシュを確実に発生させることができるので、ルアーの真下に魚がロックオンしてきます。

そこからバイトに持ち込むのが、結構難しいのですが、止めて食わないようなら定速でトゥイッチしてみましょう。

ラインにたるみを持たせると、軽快にドッグウォークを始めてくれます。

水中らダイブする一歩手前ぐらいを続けていると、いきなり食い付いてくることが。

水飛沫を飛ばし過ぎないのかせキモなので、じゅうぶん注意してアプローチしてみましょう。

実際に泡が発生しているアクション動画を観てみよう!

ポップクイーンを海面でアクションさせている動画を見つけました。

全サイズがこのアクションをするのではないですが、とても参考になるはずです。

ボディを立ち浮き状態から横に寝かせて、その状態を短い移動距離の中で維持できると、バイトが増えるイメージですね。

あまり硬いブランクスのロッドを使わないようにして、ロッドワークで横に寝かせた状態をキープしてみましょう。

最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れてくると実践しやすいことに気づきますよ。

バイトがあったら、ラインテンションが張り詰めるまで待って、きっちりとフッキング作業をおこなうようにしたいですね。

ポップクイーンのデモンストレーション動画はこちら

ポップクイーンをキャストして操ってみたくなるおすすめのタックルを選んでみた!

ポップクイーンをキャストして自在に操るのに、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

青物をロングキャストで狙うなら、10フィート前後のショアジギング用ロッドで対応可能です。

PEラインの2号から3号を巻くとすれば、4000番から5000番の中型スピニングリールを用意すればOKでしょう。

これくらいのタックルになると、ロッドの自重が結構あります。

それを利用して、水平に持ち上げた位置から自然に下へ落とす感じで、アクションを加えてください。

力強くジャークする必要はありません。

ただし、口の部分が水面に浮き出るのを確認してから、次のアクションに移るようにしましょう。

そうすることで、泡と音が確実に発生しますよ。

アブガルシア(Abu Garcia) ショアジギング ロッド スピニング ソルティースタイル STJS-962MH-KR 2ピース イナダ サバ ワラサ サゴシ

アブガルシア(Abu Garcia) ショアジギング ロッド スピニング ソルティースタイル STJS-962MH-KR 2ピース イナダ サバ ワラサ サゴシ

最安値価格
¥13,377(amazon)

Amazonへ ¥13,377

楽天市場へ ¥14,106

Yahoo!へ ¥14,269

アブガルシアブランドからリリースされている、ショアジギング用のスピニングロッドです。

全長は2.92メートルあるので、しっかり振り切るとかなりの飛距離を稼ぐことができますよ。

2ピース仕様で、仕舞寸法は148.5センチまで縮まります。

これなら岩礁帯や防波堤エリアにも、持ち運びしやすいでしょう。

標準自重は208グラムとやや重めなので、ウエイトを活かしたジャークアクションをおこなうようにしたいですね。

先径は1.9ミリで、元径は13.5ミリです。

適合するルアーウエイトは、最大で80グラムまでなので、ポップクイーンをキャストするには丁度いいでしょう。

適合するPEラインは、1号から3号までです。

ブランクスは、MH=ミディアムヘビーのパワーを持ち、レギュラーアクションに仕上がっていますよ。

実際に手にしてみると、やや重く感じるものの剛性感はじゅうぶん。

ガイドの足周りはしっかりしていますから、フルキャストを連続するのに向いている印象です。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

アブガルシア(Abu Gacia) スピニングリール OCEANFIELD 5000

アブガルシア(Abu Gacia) スピニングリール OCEANFIELD 5000

最安値価格
¥8,360(Yahoo!)

Amazonへ ¥8,800

楽天市場へ ¥9,290

Yahoo!へ ¥8,360

5000番サイズの中型スピニングリールなので、納得のラインキャパが得られますよ。

ウエイトは381グラムとやや重めで、ギア比は4.8対1に設定されていますから、ハンドル1回転につき76センチのラインを巻き取れるようになっています。

最大ドラグ力は、9キロもありますから、きっちり調整して大型魚の引きに耐えたいですね。

ボールベアリングは、6個搭載しています。

本体に標準で装備されているスプールのラインキャパは、PEラインなら3.0号を240メートル巻けます。

付属の替えスプールのラインキャパは、PEラインの2.0号を200メートル巻けます。

実際に手にしてみると、大き目のボディでゴリゴリ巻ける感じがいいですね。

もう少しハイギア設定のほうが、手返しは良くなりそうな印象ですが、ハンドルノブも握りやすくて使い続けたくなりますね。

実売価格は8千円前後と、とても安い価格帯に抑えられています。

メイン機としてはもちろん、予備用にストックしてクルマに常時積んでおくのもいいかもしれませんよ。

ポップクイーンをフルキャストしてフィッシュイーターをバイトに持ち込もう!

ポップクイーンの特徴や実釣インプレ、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

よく飛んでくれるので、広範囲をきっちり探れるルアーとして、欠かせない存在になるでしょう。

ポップクイーンの大きいタイプをキャストする際は、ロッドティップからの垂らしを長めにして、振り子の要領で軽く振るところから始めてください。

ポッパーの関連記事はこちら

ヤマシタ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング