釣り人のアップ写真

児島玲子さんが釣りの楽しさを教えてくれた!2020年に引退した生粋のプロアングラー

FISHING JAPAN 編集部

児島玲子さんは、長年に渡ってさまざまな釣りシーンを楽しむ姿を、我々アングラーに見せ続けてくれた、生粋のプロフェッショナルアングラーです。

2020年の3月をもって、釣り業界から引退をされましたので、今は一般の女性。

ここでは、児島玲子さんがたどってきた経歴や、残してくれたものについてご紹介しましょう。

「また釣り業界に復帰してくれないかな!」

1年間は仕事をしない!と、当人のインタビュー動画で語っていましたが、彼女が自由に釣りを楽しむことのほうが優先されるべきではないでしょうか。

児島玲子さんとは

児島玲子さんは、シマノ・ダイワのスポンサードを受けながら、さまざまな対象魚にチャレンジしてきたプロのアングラーです。

プロですから、結果が求められます。

初期のころ、村田基さんや田辺哲男さんと一緒にバス釣りをしているテレビ番組がありましたが、あまり口数は多くないものの、確実に魚を仕留めていく姿に驚かされたものです。

ベテランからのアドバイスをしっかりと把握して、次の自分の一投に対するギアチェンジの表情が、とても魅力的でした。

釣りは、自然を相手におこなう趣味ですから、あらゆる変化に対して敏感でなければ対処することはできません。

その変化をとらえることに最初から長けていて、足りなかった釣りの知識を後付けで加えていく彼女の釣りスタイルは、斬新かつ新鮮。

初心者アングラーにとって、分かりやすいお手本を得た感覚をもたらしたのは間違いないでしょう。

昨今の釣りガールは、日焼けが気になるのか、自分の映り方が気になるのか、釣りをしているのに釣りが最優先になっていないケースが見受けられます。

児島玲子さんと同船する機会があったなら、きっちりと習うことができただろうにと、ちょっぴり残念な気持ちになってしまいます。

児島玲子さんがエギングを楽しんでいる動画はこちら

引退を決心した児島玲子さん

児島玲子さんは、なぜ引退したのでしょうか。

年齢的なことや、後発の釣りガールが数多く現れたことなど、いろいろと理由になりそうな事例がありますが、本人が残した言葉に明確な答えがありました。

それは「本当に釣りが好きだから。」という言葉、ここに集約されている気がします。

これまでは冠スポンサーを意識した、プロのアングラーとしての釣りが大半だったでしょう。

プライベートで大好きな釣りを楽しむ時間が持てなければ、どんどん気持ちがすり減ってしまうのは当然です。

それでも自分に任された責任を、しっかり全うすることに力を注いできた彼女は、一度どこかでリセットするタイミングを欲し続けていたのかもしれません。

本来なら周りが気づいてあげるべきですが、もしかするとそういう労りの声も押し退けて、これまでがんばってきたのかもしれませんね。

釣りは、人の心を支えます。

そこに身を委ねたかったのでしょう。

児島玲子さんのエギングシーンは圧巻!

児島玲子さんは、多くの対象魚や釣りスタイルに接してきましたが、中でもインパクトの強いアプローチを見せてくれたのが、エギングシーンでした。

ヤマシタのプロスタッフとしてあらゆる釣り場に出向き、エギをキャストして誘いをかける姿は、エギングを身近なものに感じましたよね。

アオリイカに気づかれないように海に近づこうとする姿勢は、エギングをする上でとても重要です。

どんなエギを使うか?や、どんなシャクリ方をするか?などは、二の次でいいと分からせてくれました。

たぶん今は、プライベートでエギングを楽しんでいるはずです。

じゅうぶんリフレッシュしながら、自由に釣りと接してもらいたいですね。

児島玲子さんが楽しんだエギング!初心者におすすめのタックルはこちら

児島玲子さんが楽しんだエギングを初心者アングラーが実戦するのに、おすすめのタックルを取り上げましょう。

まずは、ロッドから。

あまりに硬くて重いものは、疲れてしまうだけでよくありません。

3.5号程度のエギを軽くキャストできるロッドを選びたいですね。

ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス MX・E 86M-S・E 釣り竿

ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス MX・E 86M-S・E 釣り竿

最安値価格
¥21,945(Yahoo!)

Amazonへ ¥76,113

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥21,945

ダイワのエギングロッド・エメラルダスMXです。

長さ2.59メートルの2ピース仕様、仕舞寸法は134センチとなります。

自重95グラムと軽めなので、手元にビンビン響いてくる感触がエギングをエキサイティングなものにしてくれるでしょう。

適合エギは、2.5号から4.0号までで、3.5号エギならドンピシャ使いやすいウエイトになりますよ。

実際に手に取ってみると、ブランクに採用したHVFナノプラスが、ダレのない張り詰めた感じを出しています。

ソリッドティップのメガトップを搭載しているので、曲がり込みも万全。

イカパンチを弾くことなく、鋭いカンナでしっかり引っ掛けることができますよ。

実売価格は2万円前半と、かなりリーズナブルな価格設定に収まっています。

ハイスペックなエギング専用ロッドで、2キロクラスのアオリイカを仕留めてみましょう。

フォール中のラインのたるみに注目して、横に滑るような動きが出たらロッドを立ててください。

メガトップの先端が曲がり込むようなら、アオリイカが抱いている証しでしょう。

フッキング後はラインテンションがたるまないようにして、ランディングまで持ち込むようにしてください。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 エメラルダス LT2500S-H-DH (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 エメラルダス LT2500S-H-DH (2019モデル)

最安値価格
¥13,475(Yahoo!)

Amazonへ ¥17,172

楽天市場へ ¥16,557

Yahoo!へ ¥13,475

ダイワのエギング専用スピニングリールです。

ギア比5.6対1で、ハンドル1巻き79センチのラインを回収できるように設定されていますよ。

ダブルハンドル仕様でエアローターを搭載、軽やかで滑らかな巻き心地を堪能できます。

自重は240グラムと、扱いやすい範囲にとどめてあり、ハンドルノブはラウンドタイプのEVAで、水に濡れた指でも滑りにくくなっています。

最大ドラグ力は10キロ、ラインキャパはPEラインの0.6号で200メートル巻けますよ。

実際に手に取ってみた感想は、エメラルダスシリーズ全般に施されたカラーリングが採用されているので、シリーズのロッドにもマッチする点がいいですね。

人差し指の届く範囲が絶妙で、ラインの放出を意図的に遮断→開放することもカンタンにおこなえます。

実売価格は1万円台と、とても低価格になっています。

これならエギング初心者の人でも、最初の1台に選びやすいでしょう。

ダイワのLTコンセプトに基づいて設計されている、軽くてタフなおすすめの逸品です。

使用後は、真水でしっかり水洗いして拭き取り、直射日光に当たらないように乾燥させてください。

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ エギ王 K ベーシック 3.5号 22g ムラムラチェリー #005 594-621

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ エギ王 K ベーシック 3.5号 22g ムラムラチェリー #005 594-621

最安値価格
¥865(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,117

楽天市場へ ¥1,001

Yahoo!へ ¥865

ヤマシタからリリースされている、扱いやすいエギです。

サイズは3.5号で、ウエイトは22グラムに設定されています。

カラーはムラムラチェリーカラー、目玉はシルバーに着色。

長さはカンナ抜きで105ミリと、イカが抱きやすい絶妙なサイズ。

布はアジ柄になっていて、着水してからの沈下スピードは、1メートルにつき約3秒かかります。

ケイムラ発光とピンクカラーを複合させているので、澄み潮からやや濁りの潮に効果があるでしょう。

実際にキャストしてみると、テンポよく沈んでボトムを取ることが可能です。

そのまま横方向にズル引いてもよし、ボトムに留め置いてもよし。

いきなり上方に跳ね上げてダートさせるのは後回しにしておいても、イカの反応をとらえられるケースがあります。

じっくりエギをイカに見せるアプローチから、入るようにしてください。

実売価格は千円前後と、比較的購入しやすい価格帯をキープ。

他のカラーと合わせて購入すれば、現場でカラーローテーションしやすいでしょう。

ヤマシタのエギのカンナは、鋭くて刺さりやすいですが、藻も引っ掛かりやすいですから、毎キャストごとにカンナをチェックして、挟まっているもの・刺さったままのものがないように注意しましょう。

もしカンナの中に伸びているものを見つけたら、工具などを使って元に位置に戻すようにしましょう。

リフリッシュした児島玲子さんを動画サイトで見たい!

児島玲子さんの経歴や、おすすめのエギングタックルについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

プライベートを充実させて、本人納得の上でまた活躍の場を設けてほしいですね。

今度はテレビではなく、動画サイトなどを上手く活用して、自由に釣りを楽しんでいる児島玲子さんを見せてください。

釣りガールの関連記事はこちら

釣りガール」カテゴリの人気記事

DAILYランキング