リール 写真

カルカッタコンクエストを使いこなしたい!シマノのハイエンド丸型リールを徹底チェック

FISHING JAPAN 編集部

シマノの丸型ベイトリールといえば、カルカッタコンクエストの名称がすぐに思い浮かぶでしょう。

その歴史は長く、バス釣りアングラーに愛され続けてきた名機です。

特徴は、鍛造フレームであること。

それが作り出す耐久性・巻き心地・剛性感が、高い評価のベースとなっているのです。

丸型なのにコンパクトな設計

最新のカルカッタコンクエストは、ずいぶんと軽量コンパクトになりました。

実際にカルカッタコンクエスト100をロッドにセットしてパーミングしてみると、手のひらの中にすっぽり収まってしまいます。

ロープロファイルリールよりも握りにくい印象が強かった丸型リールが、ここまでパーミングしやすければ、もっと多くのバス釣りシーンに登場させることができるはずです。

滑らかな巻き心地

カルカッタコンクエストは、滑らかな巻き心地が特徴です。

剛性感のあるボディフレームとマイクロモジュールギアによって、かなりシルキーな巻き取りを実感できますよ。

当然ルアーの動きや波動がしっかり手元に伝わってきて、次の展開へスムーズに俊敏に移れるというメリットを生み出します。

カルカッタコンクエスト100

カルカッタコンクエスト100は、2014年にフルモデルチェンジをしたリールです。

シリーズ中最もコンパクトで、ギア比も低く設定されていますよ。

ハンドル1巻きで59センチの巻き取りですから、普通にクランクベイトをリトリーブしても、ほとんど穂先が曲がらない程度のラインの張りを実現できます。

この状態でバスがバイトしてきたら、①ルアーに乗りやすく、②釣り人側もバイトを感知・対処しやすいメリットが発生します。

巻きものの釣りを極めたい人は、ぜひカルカッタコンクエスト100を手にしてみてください。

カルカッタコンクエストBFS HG

カルカッタコンクエストにベイトフィネス専用リールが存在します。

マグネットブレーキシステムのFTBを搭載し、軽量なスプーンルアーでもピンポイントへ正確に送り込むことができますよ。

8ポンドラインを45メートル巻けるスプールは、とてもシンプルな構造になっていて、ブレーキシステムを下支えしています。

カルカッタコンクエストDC

カルカッタコンクエストにDCブレーキを搭載したモデルは、遠投して探るアプローチに適しています。

実際に使ってみると、バックラッシュトラブルがほとんど抑えられているのに驚かされますよ。

スムーズで滑らかな巻き心地も健在、太いラインを用いて連続フルキャストを実践したい人におすすめのリールです。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング