ロッド 写真

シマノのランドメイトとホリデーいそ Rの違いは?人気ラインナップのインプレも合わせてご紹介します!

FISHING JAPAN 編集部

ランドメイトは波止サビキやウキ釣りからマダイ・青物に対応する遠投モデルまでが揃う、メタリックオレンジカラーが特徴的なロッドです。

一方、ホリデーいそ Rは磯・波止釣りから遠投サビキにも使えるベーシックモデルで、長い間釣り人から愛されてきたロッドと言われています。

同一のブランクが使われており、価格帯もそこまで変わらないのでどちらを使えばいいか迷う釣り人も多いのではないでしょうか。

気になる2つのロッドの違いや、人気のラインナップをチェックしていきましょう!

ランドメイトとホリデーいそ Rの違いはリールシート

この2つのロッドの違いとして、まずあげられるのはリールシートです。

両者ともに遠投モデルには、遠投はDPSパイプシートが使われています。

異なるのは従来のモデルで、ランドメイトのリールシートには、FSリールシートというクッションのないシートが使われています。

一方、ホリデーいそ Rにはクッション入りのLSリールシートが使用されており、その違いが価格帯に影響しているようです。

そして、もう1つの違いがロッド自体の塗装です。

ランドメイトはメタリックオレンジカラーが好評ですが、ホリデーいそ Rは暗めの紫と黄色のグラデーションが少々個性的です。

価格帯はそれほど変わらず、どちらも釣り初心者が使いやすいロッドに変わりはないので好みで選ぶのがいいかもしれません。

3-450pts・3-530pts・4-450ptsのインプレ

ランドメイトには全部で14タイプのラインナップがあります。

その中でも人気な3-450pts・3-530pts・4-450ptsのインプレをご紹介します。

3-450pts

3-530pts

4-450pts

ホリデーいそ R 2号 450のインプレ

ホリデーいそ Rは、アオリイカモデルも合わせると全部で26タイプのラインナップがあります。

その中でもアマゾンで評価が高かった2号 450のインプレをご紹介します。

ランドメイトとホリデーいそ Rのインプレでは、共通してサビキ釣りやちょい投げなどをする上で扱いやすいという評価が多くありました。

値段も手頃で、初心者から何かあったときの予備ロッドとしてまで活躍します。

両者を見比べて、自分の好みにあうロッドを検討されることをおすすめします!

ランドメイトとホリデーいそ Rの公式HPはこちらをご覧ください。

ご購入はこちら!

シマノ ロッド ランドメイト 磯 3-450PTS 4.5m

シマノ ロッド ランドメイト 磯 3-450PTS 4.5m

参考価格:¥7,695

Amazonへ

楽天市場へ

シマノ(SHIMANO)ショアジギング 磯竿 17 ホリデー磯 3号 450PTS

シマノ(SHIMANO)ショアジギング 磯竿 17 ホリデー磯 3号 450PTS

参考価格:¥9,801

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

関連記事

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング