ルアー テクニック バス釣り

【ホントに!?】これは使える!!ルアーを動かさないでバスを誘うテクニックとはいったい・・・!?

FISHING JAPAN 編集部

ルアーを投げて、そのルアーを動かして小魚の動きに似せるようにして、バスを誘い出す。

それがバス釣りだと思っている方は多いと思います。

しかし!!

そんな常識をくつがえす、ルアーを動かさないでバスを誘う方法があるのをご存じですか?

ルアーを静止したままにしておくことを、ポーズと呼びます。

長い静止なら、ロングポーズ。

これが効果を発揮する方法があるので、どんなテクニックなのかを見ていきましょう!!

目次

  • 相手は自然!
  • 進撃の一手を見逃すな!
  • 観察する姿勢!

相手は自然!

釣り場の状況は千差万別、常にその表情を変えていくので、いつも同じ釣り方をしていてもバスが反応しないことがあります。

そこで、「ルアーは動かすもの」という既成概念をぶち壊してみましょう!!

自由な発想のもとに、バスと相対することで解決の道が見えてくることが多々あります。

何かにとらわれたり縛られたりしている時点で、自然に棲む生き物に追いつくことはできないのかもしれません。

進撃の一手を見逃すな!

ルアーを投げて着水させ、そこでそのままじっと止めておく、いわゆるポーズさせておきます。

動かさないので、波は起きず音も鳴りません。

しかし、よく考えてみましょう。

投げたルアーが水面を叩いたとき、それまでなかった大きな波や音が、辺り一面に届いたはずです。

この初手の一撃が、この釣り方のキモとなるのです!!

観察する姿勢!

それまで静かだった場所の様子が一変したことで、そこに棲み続ける生き物にとってすさまじい刺激になります。

皆がその一点に集中して凝視するのです。

これをうまく活用します!

せっかくバスも凝視してくれているのに、早々とルアーを引っ張って動かしてしまっては、意味がありません。

じっくり時間をかけて、今度は釣り人が自然の変化を凝視すればいいのです。

釣れないときに、どうしてもテンポが急ぎ気味になってしまって、大切な自然からの情報を見落としがちになります。

ルアーをポーズさせることでバスを誘い込むこともできますが、釣り人が冷静になるきっかけに用いることもできるのです。

早急にルアーを動かすのではなく、一度観察することでバス釣りのヒントが得られるかもしれませんね!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング