ルアー お手入れ 人工芝

【試したい】あなたもこれでストレスフリー!ルアーを洗う時のフック絡みに悩まされない方法はこれだ!

FISHING JAPAN 編集部

お気に入りのルアーはやっぱりきれいにお手入れしたいですよね。

しかし、ルアーをまとめて洗うとフックが絡み合って面倒なことに・・・。

ザルやカゴに入れるとさらに網の目に引っ掛ってしまう・・・。

そんな経験ありませんか?

もっとストレスフリーで簡単なお手入れ方法はないのでしょうか??

目次

  • 使うたびにお手入れすることが大切
  • 助っ人アイテムは人工芝だった!

使うたびにお手入れすることが大切

釣りで使ったルアーに付着した汚れや塩分は道具の劣化を早め、故障や破損の原因となるので、面倒でも使うたびにお手入れするのが、ルアーを長持ちさせるコツです。

ミノーやペンシルといったプラグを使うソルトウォーターフィッシングでは、ロッドやリールのほかルアーの洗浄もそのひとつ。

海水で濡れたまま放置するとフックやスプリットリングがさびるだけでなく塗装も傷んでしまいます。

そこでボックスから取り出し、ぬるま湯で洗って干す方は多いかと思いますが、このときルアーをどうやって洗い、そしてどうやって干すのか迷う方もいるのではないでしょうか?

1本ずつ手に取って洗って、洗濯バサミで吊るすという方もいれば、まとめて洗う方もいるでしょうが、まとめて洗ったりした場合、問題となるのがフックの処理です。

まとめて洗うとフックが互いにからみ合い、その数が多いと解くにはちょっと骨が折れる作業になってしまいます。

ザルに入れても同じことで、#4や#6クラスのトレブルフックはザルの目を通るため、ルアー同士が解けたと思ったら、次はザルに引っかかり・・・なんていうことになってしまいます。

助っ人アイテムは人工芝だった!

実はそんな問題を解決するのが人工芝なんです!

100均などで売っている樹脂製の人工芝は毛足が硬くて粗いです。

その粗雑さが幸いし、ルアーを乗せてもフックが沈まず通気性も良いんです。

しかも並べてこのまま洗って乾燥させるだけという手軽さもうれしいですね♪

うっとうしいフックがらみとおさらばできます!!

風呂場で芝の上に並べてシャワーでザーッと流しそのまま乾燥へ。

乾けば拾い集めるだけ(笑)

イライラもなく便利で快適、しかもローコスト。

ぜひ試してみてくださいね♪

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

1位

Newステラ発売決定!2018年シマノ新作フラッグシップモデル全機種スペック大公開!!

待ちに待った日本を代表するハイエンドスピニングリールが2018年新しくなります!

2位

【シマノ2018年新作リール最新情報】バンタムシリーズに待望のベイトリールが登場!

新作リールの感触を真っ先に確かめたい人は1月から開催されるフィッシングショーへ行きましょう。

3位

昔からレッドヘッドカラーがルアーに使われるのはなぜ?その理由をじっくり考えてみよう!

ルアーには数多くのカラーが塗られていて、それぞれに理由があります。

記事ランキングをすべて見る