へドン ルアー

ディープなオールドタックルの世界!大人気のヘドン・ウーンデッドスプークをご存じですか?

FISHING JAPAN 編集部

バスルアーの老舗ヘドンが世に送り出したダブルスイッシャー(前後にプロペラがついたルアー)の中に、プラスチック製の量産型モデルが存在するのをご存じでしょうか。

その名も「ヘドン・ウーンデッドスプーク」。

緩やかにテーパー(先細り)のかかったボディの前後には、種類の異なるプロペラが付けられていて、ヘドンのタックルに対するこだわりがしっかり載せられています。

今回は、その「ヘドン・ウーンデッドスプーク」に込められた思いや使い方について、ご紹介します。

生産者の追い求めたハードルの高さが完成度の高さ!

強く引っ張って水圧がかかった状態なら、ルアーは釣り人の意図通りに動くのが当たり前ですよね。

大切なのは、そういう状態でないときの動き!

例えば、弱い引っ張りで、水圧が大してかからなくても、きちんと動いてくれるものがあるとしたら、それを目指すのが良いルアーを作るひとつの条件となります。

この条件はルアー開発者に課されたとっても高いハードルとでもいえばいいでしょうか。

その高い条件のハードルを確実に越えることが、全てのユーザーの満足度につながると考えたのが、ヘドンでした。

「ヘドン・ウーンデッドスプーク」のルアーにファンが多い理由とは?

ユーザーの中には、ルアーを強く引っ張る人もいれば、弱く引っ張る人もいるわけです。

その場合、前後に取り付けたプロペラが同じサイズ・同じデザインなら、前は回っても後ろが回らないケースが発生するかもしれません。

できる限りそういう状況が生まれないように工夫されたのが、ウーンデッドスプークのルアーだとされています。

プラスチック製に切り換えて大量生産をしたからには、不特定多数のユーザーが満足できるものを提供する責任をへドンは果たさなければなりません。

このルアー製造者としての努力の姿勢が、多くの釣り人に支持される理由になっていったのです。

小さいのに目立つツアー!?その動きの派手さが油断に見える時に…?

ウーンデッドスプークは、あまり大きなルアーではありません。

ボディが小さいのに、前後のプロペラがしっかり回ってアピール度が大きいという、動きが大小入り混じったルアーだといえます。

そのアンバランスが生み出す違和感は、バスにも確実に伝わります。

「小さいくせに目立ちやがって!」という最初の印象が、「もしかしてこいつ、油断しているのでは?」という心象に変わってくれたら、こちらの思うツボでしょう。

ウーンデッドスプークならではの誘いに乗ったバスが食らいついてくるのは、時間の問題です。

バスがルアーの後方に着いたら、等速運動をそのまま続けてください。

「こいつまだオレに気づいてないな!」と判断した瞬間に飛びついてくるはずです★

水温が下がり気味の季節でもよく効きますから、ぜひ試してみてくださいね。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

様々な釣り情報をお届けします!
SNSでも最新記事を配信中!よろしくね!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

1位

【徹底解剖】最近人気のエステルラインって?PEラインやフロロラインとの違いはこれだ!

状況や特徴によってラインを変えることも釣りの楽しみの一つです。

3位

ダイワファン必見★リニューアルしたベイトリール「タトゥーラ SV TW」がすごい!

タトゥーラ SV TWはSVスプール搭載で1台で色々なリグ、ロッドとのセットが可能になります!

記事ランキングをすべて見る

新着記事

新着記事をすべて見る