リール 写真

炎月CTは2019年新発売のタイラバ専用カウンター付き両軸リール!新しくフォールレバーを搭載!

FISHING JAPAN 編集部

シマノから2019年新発売の炎月CTは、タイラバゲームを楽しむための両軸リールです。

右巻きと左巻きの設定があって、新たにフォールレバーが標準装備されていますよ。

その特徴を詳しく見てみましょう。

目次

  • 炎月CTの基本スペック!どんな両軸リールなの?
  • 炎月CTにはワンタッチでフォール速度を設定できるフォールレバーを搭載!
  • カウンターにはフォールスピードを表示可能!
  • 防水システム・Xプロテクトを採用!

炎月CTの基本スペック!どんな両軸リールなの?

炎月CTは、船釣りでタイラバゲームを楽しむためのカウンター付き両軸リールです。

設定モデルは、4種類。

ギア比5.8対1のPGモデルと、7.8対1のHGモデル。

それぞれに右巻きと左巻きハンドルタイプが用意されています。

自重は250グラムと軽く、ラインキャパはPEライン1.5号を200メートル巻くことができます。

炎月CTにはワンタッチでフォール速度を設定できるフォールレバーを搭載!

この両軸リールには、ワンタッチでフォール速度を設定できるフォールレバーが付いています。

これまで制御することがむずかしかったフォールスピードをカンタン正確にコントロールできる新設計レバーです。

中層では早く、底付近ではゆっくりなどと制御できますよ。

リールをパーミングしている手でも、レバー操作可能な形状をしているのが嬉しいですね。

カウンターにはフォールスピードを表示可能!

炎月CTのカウンターに、フォールスピードを表示できるようになっています。

これにより、ヒットパターンを数値化して再現することが可能になりました。

フォールと巻き上げのスピードを液晶画面に表示しながら、同時に水深も把握できます。

これなら、その時々のヒットパターンを正しくとらえられるでしょう。

防水システム・Xプロテクトを採用!

このリールには、強力な防水システム・Xプロテクトを採用しています。

防水壁と特殊撥水グリスを併用していますから、ドライブギア軸スプール側ベアリングへの水の浸入をしっかりガードしてくれますよ。

ドラグには、カーボンクロスワッシャを採用しています。

PEラインを細糸にしても、安心してやり取りができますね。

滑り出しの良さと高い耐久性を備えていて、なおかつレベルワインド連動との相乗効果によって、ドラグの動き出しがとてもスムーズになります。

炎月CTは、2019年3月に発売予定です。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング