リール 写真

スコーピオンMGLは2019年新発売のマイクロモジュールギアを搭載したベイトリール!

FISHING JAPAN 編集部

2019年シマノより新発売のベイトリール・スコーピオンMGLは、鮮烈な赤いボディカラーで登場です。

150番サイズはそのままに、メインギアにはあのマイクロモジュールギアを搭載。

大いに期待できるスペックに仕上がっていますよ。

目次

  • スコーピオンMGLの基本スペックをチェック!
  • スコーピオンMGLのラインキャパは16ポンドラインで100メートル!
  • MGLスプールを採用して高い遠投性能を発揮!
  • スコーピオンMGLのメインギアにはマイクロモジュールギアを搭載!

スコーピオンMGLの基本スペックをチェック!

スコーピオンMGLは、バス釣り用ベイトリールとして長年に渡り支持されてきた、スコーピオンシリーズの最新モデルです。

右巻きと左巻き仕様が用意されていて、ギア比は6.2対1・7.4対1・8.5対1から選べるようになっています。

ちなみに8.5対1のギア比モデルで、ハンドル1巻き91センチも巻き取ることができます。

スコーピオンMGLのラインキャパは16ポンドラインで100メートル!

このベイトリールの自重は、210グラム(150XGのみ215グラム)。

最大ドラグ力は5.5キロで、スプール寸法は直径34ミリ・幅25ミリです。

ラインキャパは、16ポンドラインで100メートル巻くことが可能です。

MGLスプールを採用して高い遠投性能を発揮!

スコーピオンMGLには、ニューマグナムライトスプール(MGLスプール)が採用されています。

スプールの中心面はもちろん、側面にも穴を開けて、慣性モーメントを下げていますよ。

それにより飛距離が伸び、さまざまなウエイトのルアーが扱いやすくなっているのです。

低弾道でルアーをキャストすれば、その性能の高さを体感できるでしょう。

スコーピオンMGLのメインギアにはマイクロモジュールギアを搭載!

このベイトリールには、評価の高いマイクロモジュールギアが搭載されています。

ギアの歯部分を可能な限り小型化して作られています。

その歯を密に数多くかみ合わせることで、ギアの強度を低下させることなく滑らかな動力伝達が出来るようになりました。

また、巻き上げるときのギアが発生させるノイズが抑えられ、感度も飛躍的に向上しています。

スコーピオンMGLのハンドルの長さは、42ミリ(150XGのみ45ミリ)。

ベアリング数は、ボールベアリングが7個でローラーベアリングが1個。

メーカー希望販売価格は、27,000円です。

2019年4月に発売予定です。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング