リール 写真

スーペリアは2019年新発売のタフに使えるスピニングリール!アジングやメバリングからショアジギングまで幅広く対応!

FISHING JAPAN 編集部

ピュアフィッシングジャパンから2019年新発売となるスーペリアは、タフに扱えるスピニングリールです。

機種は全部で10種類、1000番から5000番まで設定されていますよ。

その特徴を詳しくご紹介しましょう。

目次

  • スーペリアの基本スペック!どんなスピニングリールに仕上がっているの?
  • スーペリアには耐腐蝕性能の強いベアリングを内蔵!
  • ボディにはDURAMETAL=高強度アルミ鋳造合金を採用!
  • ドラグワッシャーの組付け順序を変えられる!

スーペリアの基本スペック!どんなスピニングリールに仕上がっているの?

スーペリアは、タフユースに耐えられるスピニングリールです。

アジングやメバリングはもちろん、バス・シーバス、ショアジギングまでフル対応できるラインナップが揃っていますよ。

合計10種類の機種(1000番~5000番)の中から、自分のやりたい釣り方に合わせて選んでください。

スーペリアには耐腐蝕性能の強いベアリングを内蔵!

このスピニングリールには、ソルトシールドベアリングが搭載されています。

撥水コートを全体に施した新開発ボールベアリングで、ハンドル回転時の異音の原因である塩ガミを抑えてくれます。

これにより、回転フィールや耐久性能が大幅にアップしました。

また、HPCRベアリングも搭載しているので、耐久性・滑らかさも向上しています。

ボディにはDURAMETAL=高強度アルミ鋳造合金を採用!

スーペリアのボディに注目してください。

釣り場でのタフユースを想定して、DURAMETAL=高強度アルミ鋳造合金を採用しています。

これまでのリールに採用されていたボディカバー=側板を、ボディに一体化してありますから、より頑丈になっています。

ドラグワッシャーの組付け順序を変えられる!

このリールには、カーボンマトリックスハイブリッドドラグを搭載しています。

アブガルシア独自のカーボンマトリックス素材とフェルト素材と組み合わせたもので、使用時の張力変動を抑えて、広いレンジで滑らかなドラグパフォーマンスを発揮できるようになっています。

また、ドラグワッシャーの組付け順序を変えることもできますよ。

それにより、LightとToughの2通りのドラグ設定が出来るようになりました。

最小サイズの1000Sのメーカー希望本体価格が9,600円で、最大サイズの5000Hが11,500円。

かなり低価格な設定で、釣り人にとっては購入しやすいのが大きなメリットになりますね。

スーペリアは、2019年2月に発売予定です。

同メーカーの現行おすすめアイテムはこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング