リール 写真

ダイワ2019年新型リールにスティーズCT SV TWが登場!コンパクト+タフ=CTコンセプトに大注目!

FISHING JAPAN 編集部

リール 写真

スティーズCT SV TW 700H

出典:ダイワ

ダイワの2019年新型リールラインナップの一角が、ついに判明しましたよ!

その名は、スティーズCT SV TW。

あのハイエンドモデル・スティーズシリーズに、新しいコンセプトを纏った機種が追加されることになったのです。

詳しいスペックと実使用インプレッション動画をチェックしてみましょう。

目次

  • スティーズCT SV TWの基本スペックはこちら!どんなリールに仕上がっているの?
  • スティーズCT SV TWには直径30ミリのG1ジュラルミン製SVスプールを搭載!
  • コンパクト+タフ=CTという新しいコンセプトのベイトリール!
  • 自重やギア比を総チェック!

スティーズCT SV TWの基本スペックはこちら!どんなリールに仕上がっているの?

スティーズCT SV TWは、バス釣り用のベイトリールとして人気の高い、スティーズシリーズに属している新型リールです。

でも、画像を見た第一印象は、「えっ、これまでのモデルとボリューム感が全然違う!」。

そうなのです、驚くほどコンパクトに仕上げられているのです。

スティーズCT SV TWには直径30ミリのG1ジュラルミン製SVスプールを搭載!

ボディがコンパクトに見える最大の理由は、その中心部に装着されているスプールのサイズによるものでしょう。

なんと、直径30ミリにまで絞り込まれているのです。

その素材はG1ジュラルミン製、小型のSVスプールに仕上げられていますよ。

これほどまでの小径スプールは、バス釣り用のベイトリールではほとんど見たことがありません。

コンパクト+タフ=CTという新しいコンセプトのベイトリール!

この30ミリ小径スプールにより、コンパクトな要素を手に入れたスティーズCT SV TW。

それに加えてタフなボディ構造を合わせ持っているので、コンパクト+タフ=CTという新しいコンセプトが成立しているとのこと。

このCTコンセプトを搭載した機種が、あと2つ用意されているようです。

ダイワからの続報を期待しましょう。

自重やギア比を総チェック!

流麗な曲面で仕上げられているこのリール、自重は150グラムに設定されています。

ベイトフィネス専用リールではないので、このウエイトでもじゅうぶん軽く感じますね。

ギア比は、Hタイプが6.3対1で、ハンドル1巻き59センチを巻き取れます。

XHタイプが8.3対1で、ハンドル1巻き76センチを巻き取れますよ。

リール 写真

スティーズCT SV TW 700XHL

出典:ダイワ

スティーズCT SV TWの糸巻き量は、12ポンドラインで70メートルになります。

最大ドラグ力は4.5キロ、ボールベアリング数は12個+1個(ローラー)です。

メーカー希望販売価格は、58,800円。

2019年3月に発売予定となっていますよ。

その実使用インプレッション動画を、じっくり観てみましょう!

スティーズCT SV TWの最新動画はこちら

同メーカーの現行おすすめアイテムはこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング