バス 写真

小春日和にディープからシャローへ乗り込んでくるバスがいる!冬直前に実践したい『待ち』の釣り方を徹底紹介!

FISHING JAPAN 編集部

冬を直前にして、少し暖かさが戻るタイミングがあります。

いわゆる小春日和に遭遇したら、バスがシャローエリアに出てきてカバーを物色し始めますよ。

そんな状況下で、どうやってバスを仕留めるか、詳しくご紹介しましょう。

目次

  • 寒さで一旦ディープに落ちたバスが再びシャローに上がってくるケースとは?
  • 岸際で枝を伸ばす木々に注目!
  • 水中の底付近の様子をイメージしよう!
  • ルアーを先に浮かべてから入ってくるバスを待つ!

寒さで一旦ディープに落ちたバスが再びシャローに上がってくるケースとは?

バスが一旦冷えて見限ったはずのシャローエリアに出てくるとき、効率よく捕食対象を探そうとします。

地形変化に沿ってディープからシャローに到着し、そのまま居座ることは、ほぼありません。

活発に動きながら、さまざまなポイントをチェックし続けますよ。

岸際で枝を伸ばす木々に注目!

釣り人としては、視認しやすい岸際にバスが現れてくれることを期待しますが、寒さがそれを許しません。

ではどこに現れるのか?

画像を見てください。

手前には緑色の濃い葉が繁った木々が生えていて、奥に向かうほど葉が散り枝のみの状態になっています。

手前と奥で異なるわけです。

水中の底付近の様子をイメージしよう!

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で記事の編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテラン釣り師や釣り雑誌元編集長、釣りガイドの人気インストラクターなど、バライティーに富んだ総勢15名が在籍し、釣り関連の幅広い記事を毎日配信しております。

釣り上級者から釣りを全く知らない方にも、釣りの魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるような記事配信に今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY