ルアー バス 写真

フラットサイドクランクって結局何がイイの?既存のラウンドタイプクランクベイトと異なる要素をじっくりチェック!

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りでよく使われるようになった、フラットサイドクランク。

これまでのクランクベイトと何が違うのでしょう?

その特徴や使い方について、取り上げてみましょう。

目次

  • 既存の丸々太ったクランクベイトの特徴は?
  • アビール力の高さに注目!
  • バスに警戒心を与えたら釣れなくなる・・・
  • フラットサイドクランクのメリットとは?

既存の丸々太ったクランクベイトの特徴は?

既存のクランクベイトは、もっと丸々と太ってましたよね。

それをラウンドタイプと呼びましょうか。

このラウンドタイプ、太っているということは、水に浸けると強く浮き上がろうとします。

つまり、浮力が高いのです。

アビール力の高さに注目!

浮力が高ければ、カバーやストラクチャーに触れたときにかわしやすく、水押し効果も高いといえるでしょう。

要するに、アピール力がハンパない!というわけです。

それってバスにとっても刺激的なはず。

興味を持ったバスは、遠くからでも反応してくれるでしょう。

バスに警戒心を与えたら釣れなくなる・・・

しかし、ハイプレッシャーでタフコンディションの下ならどうでしょうか。

ラウンドタイプのアピール力が、逆に災いして、バスに警戒心を与えてしまうかもしれません。

「あれ、おかしいな?このポイントで食ってこないなんて・・・。」

そんなときに取り出して欲しいのが、フラットサイドクランクになります。

フラットサイドクランクのメリットとは?

フラットサイドクランクは、見ての通り太くはありません。

ラウンドタイプのお肉部分をキレイに削ぎ落として、側面がフラットになっていますよ。

そのおかげで高かった浮力が抑えられました。

アピール力が下がったことにより、バスが警戒心を抱くケースが減ることにつながります。

フラットサイドにした効能として、ボディの広い面と薄い面を交互に見せることが可能になります。

ボリュームやシルエットが一定しない対象物を見せられると、バスは確認するためにいつもの間合いより近づこうとします。

近づき過ぎたバスは、思わず口を開いて対象物を噛んでしまいます。

これがリアクショバイトであり、効率よくリアクションバイトを誘発できるのが、フラットサイドクランクということになるのです。

短い移動距離の中でしっかり誘える、しかも刺激を与え過ぎないというメリットを駆使して、ビッグバスを狙ってください。

フラットサイドクランクのカテゴリーでおすすめのアイテムはこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング