ルアー バス 写真

フラットサイドクランクって結局何がイイの?既存のラウンドタイプクランクベイトと異なる要素をじっくりチェック!

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りでよく使われるようになった、フラットサイドクランク。

これまでのクランクベイトと何が違うのでしょう?

その特徴や使い方について、取り上げてみましょう。

目次

  • 既存の丸々太ったクランクベイトの特徴は?
  • アビール力の高さに注目!
  • バスに警戒心を与えたら釣れなくなる・・・
  • フラットサイドクランクのメリットとは?

既存の丸々太ったクランクベイトの特徴は?

既存のクランクベイトは、もっと丸々と太ってましたよね。

それをラウンドタイプと呼びましょうか。

このラウンドタイプ、太っているということは、水に浸けると強く浮き上がろうとします。

つまり、浮力が高いのです。

アビール力の高さに注目!

浮力が高ければ、カバーやストラクチャーに触れたときにかわしやすく、水押し効果も高いといえるでしょう。

要するに、アピール力がハンパない!というわけです。

それってバスにとっても刺激的なはず。

興味を持ったバスは、遠くからでも反応してくれるでしょう。

バスに警戒心を与えたら釣れなくなる・・・

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY