バス ルアー 写真

極小ペンシルでバスの数釣りをしてみよう!浅瀬に追い込まれる小魚をイメージしながら操ると思わぬ大物がヒット!

FISHING JAPAN 編集部

じっと耳をすましていると、バシャッ!と水面の弾ける音が聞こえてきました。

そういう場所に向かって進んでみると、水面がユラユラと波立っていることが。

たぶん間違いなく、バスが小魚を襲ったのでしょう。

目次

  • 小魚を浅瀬に追い込んで捕食するバス
  • 浅瀬で操るためのルアーを選ぼう!
  • 数釣りを徹底すると何が見えてくるの?

小魚を浅瀬に追い込んで捕食するバス

バスは捕食する際、小魚がそれ以上逃げることができない場所へ追い込むケースがあります。

例えば、湾のように凹んだ地形の浅瀬など。

枝が沈んでいて追い込みやすくなっている場所も、バスは捕食に活用していますよ。

浅瀬で操るためのルアーを選ぼう!

共通点は、浅い水深であるということ。

水深10センチにも満たない浅瀬なら、使えるルアーは限られますよね。

ワームを真っ先にキャストしたくなりますが、ついばむようなショートバイトまでもフッキングに持ち込みたければ、やはりトレブルフックが2つ付いたフローティングルアーがおすすめです。

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY