バス ルアー 写真

極小ペンシルでバスの数釣りをしてみよう!浅瀬に追い込まれる小魚をイメージしながら操ると思わぬ大物がヒット!

FISHING JAPAN 編集部

じっと耳をすましていると、バシャッ!と水面の弾ける音が聞こえてきました。

そういう場所に向かって進んでみると、水面がユラユラと波立っていることが。

たぶん間違いなく、バスが小魚を襲ったのでしょう。

目次

  • 小魚を浅瀬に追い込んで捕食するバス
  • 浅瀬で操るためのルアーを選ぼう!
  • 数釣りを徹底すると何が見えてくるの?

小魚を浅瀬に追い込んで捕食するバス

バスは捕食する際、小魚がそれ以上逃げることができない場所へ追い込むケースがあります。

例えば、湾のように凹んだ地形の浅瀬など。

枝が沈んでいて追い込みやすくなっている場所も、バスは捕食に活用していますよ。

浅瀬で操るためのルアーを選ぼう!

共通点は、浅い水深であるということ。

水深10センチにも満たない浅瀬なら、使えるルアーは限られますよね。

ワームを真っ先にキャストしたくなりますが、ついばむようなショートバイトまでもフッキングに持ち込みたければ、やはりトレブルフックが2つ付いたフローティングルアーがおすすめです。

今回使用したのは、細身の極小ペンシルベイトです。

まさにひと口サイズなので、キャストした場所にバスが居れば、迷いなくバイトしてきましたよ。

枝に引っ掛かる恐れはありますが、うまく外せる練習を兼ねて、キャストを繰り返してみましょう。

数釣りを徹底すると何が見えてくるの?

ルアーが極小サイズなので、釣れてくるバスは大小入り混じる結果となります。

でも徹底して数を釣ることで、バスが好んで寄り付く場所が判明しました。

これをデータとして残しておくと、次回の釣行に活かせるようになりますよ。

数を釣るためのコツは、沖から岸へ向かってルアーをキャストしないこと。

バスは小魚を岸へ追い込むつもりですから、その進行ベクトルにルアーも合わせることが重要です。

沖にルアーを着水させて、ハイピッチで岸へ向かって泳がせます。

そこで枝などに触れたら、一旦停止。

襲うタイミングをバスに与えてあげましょう。

コンパクトなペンシルベイトでおすすめのアイテムはこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング