水面 写真

強風でボートやカヤックがすぐに流されて釣りにならない!こんなときビッグバスを釣るにはどうすればいいの?

FISHING JAPAN 編集部

釣り場に着いてみたものの、池の水面が波立つくらいの強風に晒されていた!という経験はありませんか?

ボートやカヤックを浮かべても、あっという間に流されてしまいます。

秋が深まると季節風が強まりますから、強風対策は不可欠といえるでしょう。

目次

  • 強風でボートやカヤックを留めていられない!
  • 風下に流れ着いたら何をすればいいの?
  • まず底に何が沈んでいるのかチェック!
  • クランクベイトで攻略開始!

強風でボートやカヤックを留めていられない!

強風が吹くと、一定の場所にボートやカヤックを留めておくことが難しくなります。

そんなときは、風に流されてみるのがイチバン。

いったいどこに流れ着くのか、ちょっと楽しみですね。

釣りを始めたい気持ちをグッと抑えて、しばらくの時間身を風に任せてみましょう。

風下に流れ着いたら何をすればいいの?

画像のような岸際にたどり着きましたよ。

水面は波立っているものの、吹き曝しだったスタート地点よりは幾分かましです。

当然風下なので、いろいろ流れ着いているものが浮いていますね。

ここからボートやカヤックを動かしても、またここに戻されてしまいますから、腰を落ち着けてこのエリアを攻略してみることにします。

まず底に何が沈んでいるのかチェック!

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY