見えバス テクニック

【秘伝公開!】あの難しかった見えバスをカンタンに釣る方法

FISHING JAPAN 編集部

ときどきプカンと水面に浮いているバスを見かけます。

「見えバス」と呼ばれることが多いのですが、なかなか釣り上げるのが難しいことで有名です。

でも、せっかく見つけたからには何とかして釣ってみたいですよね。

どうやって釣ればいいのでしょうか??

目次

  • いきなり水辺に立たない
  • 腰を落として目だけで追う!
  • 難しいことはしない!

いきなり水辺に立たない

池に着いてすぐに水辺に立った時点で、見えバスは釣れなくなります。

釣り人の動きをバスが見つめているからです。

釣り人は意外と発見されやすい格好をしています。

例えば、ロッド。

ロッドって長いですよね?

その穂先がプルンと揺れるのまで、水中からはお見通しなんです。

腰を落として目だけで追う!

見えバスを釣るには、まず釣り人がうっかり水辺に立たないことが大前提です。

ロッドは必ず地面と平行に持つようにして、姿勢は屈みながらゆっくり水辺に近づくようにしましょう。

首より上を固定し、目だけを左右に動かしながら、バスの姿を探してみてください。

うまい具合に見つけることができたら、しっかりと距離を見定めてから、そのままの姿勢でバックします。

難しいことはしない!

2メートルから3メートル後ずさりした位置から水面が見えなければ、バスからも釣り人が見えていないことになるので、その位置でルアーを投げ入れてみてください。

当然先ほど計ったバスまでの距離に、2メートルから3メートルを加えるのを忘れないようにしましょう。

目の前にルアーが着水しなくても、少々離れたところに落ちたとしても、バスが食らいついてくる確率は非常に高いです。

よく見えバスの釣り方で、背中の斜め後ろに落とせば食ってくる!とか、具体的な着水位置を書いている記事がありますが、そのキャストの正確さを求めるのはなかなか難しいですよね。

ハードルを上げ過ぎずに、誰もができるアプローチから取り組んでいくのが初心者でも始めやすいですね。

投げるのに適したルアーは、小さいサイズのものがオススメ。

浮くタイプでも潜るタイプでも、自由に何度も試してみることが大切なので一度やってみてくださいね♪

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング