タチウオ 釣り人 写真

タチウオシーズン開幕!テンヤはタチウオの習性に合わせてチョイスしよう!テンヤの種類や取り込み方を中心に爆釣のコツを詳しく解説します!

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さん、タチウオシーズン開幕です!

1年の半分は狙うことができる昨今のタチウオ。

様々なアタリで釣り人を翻弄する様は、まるで忍者のようです。

あるいは知らぬ間に餌を取る様は、幽霊さながらとも言えるでしょう。

今回は、そんな釣り人を夢中にさせるタチウオ釣りに注目し、どのようにアタリを明確に出すかを考えてみましょう!

タチウオの習性に合わせたテンヤの使い方がポイントですよ!

目次

  • タチウオの誘い方
  • タチウオテンヤの種類
  • タチウオの取り込み方

タチウオの誘い方

タチウオは潮が速いときや2枚潮では、なかなか釣れません。

なぜなら、道糸が膨らんでアタリが取りにくいからです。

また、たくさんの人が一緒に乗る乗合船では、仕掛けのおまつりを免れることは難しいです。

潮が大きいと船の流れも速く、掛けを安定させるのも一苦労で、ポイントも定まりにくい傾向にあります。

そのため、可能な限り小潮を狙いましょう!

タチウオのアタリパターンは様々です。

テンヤをじっとさせていると、知らぬ間に餌がなくなることがあります。

小アタリは、モゾモゾとしたものや小さくコツンとしたもの、テンヤが浮いたように感じるものがあります。

つまり、テンヤの重み以外を感じたときは、全てアタリと思ってもいいでしょう!

ただ、そのタイミングであわせてもなかなか乗りません。

ある意味、タチウオが餌を食べにくくすることも大事です。

興味を引きつけて一瞬食べる間を与え、そのアタリの回数を増やすことをオススメします!

タチウオテンヤの種類

白色系

白ボディーやシルバー系のテンヤヘッドは、太陽光が十分差し込んで、逃げるベイトがきらきらと白っぽく見えます。

そのため、水深約20mまでの釣りに適しています。

ただし、太陽光は上から差し込んでくるため、動かない物体は、水中から眺めると黒っぽく見えます。

したがって、白色のテンヤは動きがなければアピールにかけてしまいます。

しかし、この白色のテンヤの使い方は、他にもあります。

白いキャンパスとして、オリジナルのカラーリングを試すことができるんです。

白色の下地は上から塗る色を映えさせる効果があります。

こういった意味から白色のテンヤは可能性が広がって面白いです!

自分で作るホログラフの貼り付け

ホログラフは、光の加減で見え方に変化が生じる面白さがあります。

市販のホログラフを自分の好みで貼りましょう!

ベイトには鱗があり、細かいきらきらを演出する効果があります。

蓄光ボディに半透明のものを貼ると、斑点状の発光になるかもしれません。

いずれにしても水深の深いところでは、色による勝負は難しいです。

ラメ系

ベイトが逃げる際、後ろから見ると赤いエラが覗いて見えるという事から、テンヤに赤系のラメを貼ることもあります。

アピール度が高く、演出効果が抜群です。

ここまで様々なテンヤのデザインを紹介してきましたが、結論的に言うと、やはり一番重要なのは、イワシの持つニオイやフェロモンです。

これが魚の習性から一番の餌であると、魚自身がDNAとしてわかっています。

そのため、潮の流れに合った錘を付けなければ、テンヤは成り立たないと考えていいでしょう。

タチウオの取り込み方

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY