ソール シューズ 写真

ベルクロ式交換用ソールはダブルソールスパイクブーツ・チェンジソールシューズ対応の替えソール!3種類のソールタイプから選択可能!

FISHING JAPAN 編集部

プロックスからリリースされているベルクロ式交換用ソールは、同社フットウエア製品のダブルソールスパイクブーツ(PX575シリーズ)・チェンジソールシューズ(PX968シリーズ)に適合する取り替えソールです。

その特徴や製品ラインナップをご紹介しましょう。

目次

  • ベルクロ式交換用ソールってどんなソールアイテムなの?基本スペックはこちら!
  • ベルクロ式交換用ソールは岩場の歩行にも対応!
  • 滑りやすいコケの付いたエリアならフェルトソールがおすすめ!

ベルクロ式交換用ソールってどんなソールアイテムなの?基本スペックはこちら!

ベルクロ式交換用ソールは、3種類のタイプから選べる取り替え専用のソールです。

プロックス製品のダブルソールスパイクブーツ(PX575シリーズ)・チェンジソールシューズ(PX968シリーズ)に適合するように作られていますよ。

取り替え作業は簡単、マジックテープの着脱式になっているので、剥がしやすく取り付けやすいアイテムです。

ベルクロ式交換用ソールは岩場の歩行にも対応!

例えば、磯釣りの釣り場を思い起こしてください。

ゴツゴツした岩場が点在していますよね。

そんな状況なら、スパイクソールが適していますよ。

しっかり足に裏に岩の変化を感じるように踏みしめながら、一歩一歩進むようにしましょう。

滑りやすいコケの付いたエリアならフェルトソールがおすすめ!

ベルクロ式交換用ソールのフェルトソールなら、コケの付いたゴロタ石エリアに向いています。

コケは水分を含み、とても滑りやすいものです。

ゴロタ石は、大小形が異なりますから、踏み込んでも不安定です。

それらの上を上手く歩くには、スパイクよりもフェルトのほうが安心ですよ。

製品ラインナップはこちら

ベルクロ式交換用ソールには、スパイクとフェルトの要素をどちらも盛り込んだ、フェルトスパイクソールも用意されています。

あらゆる状況を想定しているので、釣り場に着いてから取り替えをして歩けるのが嬉しいですね。

両手にタックルを持って歩くケースが多いですから、釣り場での早歩きは禁物。

周囲を確認し、足の裏に伝わってくる感触を常に意識しながら、歩行するようにしましょう。

製品のご購入はこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング