リール 写真

ベイトリールのバックラッシュはプロレベルでも発生するトラブル!あきらめてラインをカットするのはまだ早い!簡単な対処法をご紹介します!

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さん、楽しい釣行中にトラブルが起きてしまったことはありませんか?

数多くあるトラブルの中、特に上級者でもやってしまうのが、ベイトリールによるキャスティング時のライントラブル。

それがバックラッシュです。

ラインが何重にもからまり、見るからに無惨なグチャグチャ状態。

とても治す気にはならず、泣く泣くカットするしかない・・・

しかし、あきらめるのはまだ早いですよ!

実は、適切な対処法があるんです!

いったいどのように対処したらいいのでしょうか?

早速ご紹介しましょう!

目次

  • バックラッシュが起きても慌てない
  • ラインの引き出しは極力ゆっくり
  • 絡みがとれない場合もあきらめないで

バックラッシュが起きても慌てない

スプール周りがラインでぐちゃぐちゃになってしまった・・・

そんな時は、まず一呼吸して落ち着きましょう!

ここで、イライラしてラインを強く引っ張ってしまうと、ラインに折れ癖がついてしまいます。

そして、後々その部分からラインブレイクしやすくなってしまうんです。

そのまま巻き込んでしまうと、スプールとリールの間の溝にラインが入り込み、これもラインに傷が付いて、もっとひどい事態になってしまいます。

たとえ、ナブラが目の前にあって早くルアーを投げたくても、我慢してじっくり治すのに取り組みましょう。

ラインの引き出しは極力ゆっくり

まずはリールのクラッチボタンを押して、スプールをフリーの状態にします。

そして、レベルワインダーからラインをゆっくり送り出します。

急に引っ張ると、さらにラインが絡まってしまいます。

あくまでゆっくり引き出しましょう!

引っかかって引き出せなくなったら、スプールの部分で絡みを見つけます。

それが手でもほどけるか、やってみましょう。

ほどけたら、さらに引っ張り、スプールのラインが正常な状態のところまで引き出します。

それができたらリールの外のラインにテンションをかけて巻き直します。

絡みがとれない場合もあきらめないで

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY