リール 写真

ベイトリールのバックラッシュはプロレベルでも発生するトラブル!あきらめてラインをカットするのはまだ早い!簡単な対処法をご紹介します!

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さん、楽しい釣行中にトラブルが起きてしまったことはありませんか?

数多くあるトラブルの中、特に上級者でもやってしまうのが、ベイトリールによるキャスティング時のライントラブル。

それがバックラッシュです。

ラインが何重にもからまり、見るからに無惨なグチャグチャ状態。

とても治す気にはならず、泣く泣くカットするしかない・・・

しかし、あきらめるのはまだ早いですよ!

実は、適切な対処法があるんです!

いったいどのように対処したらいいのでしょうか?

早速ご紹介しましょう!

目次

  • バックラッシュが起きても慌てない
  • ラインの引き出しは極力ゆっくり
  • 絡みがとれない場合もあきらめないで

バックラッシュが起きても慌てない

スプール周りがラインでぐちゃぐちゃになってしまった・・・

そんな時は、まず一呼吸して落ち着きましょう!

ここで、イライラしてラインを強く引っ張ってしまうと、ラインに折れ癖がついてしまいます。

そして、後々その部分からラインブレイクしやすくなってしまうんです。

そのまま巻き込んでしまうと、スプールとリールの間の溝にラインが入り込み、これもラインに傷が付いて、もっとひどい事態になってしまいます。

たとえ、ナブラが目の前にあって早くルアーを投げたくても、我慢してじっくり治すのに取り組みましょう。

ラインの引き出しは極力ゆっくり

まずはリールのクラッチボタンを押して、スプールをフリーの状態にします。

そして、レベルワインダーからラインをゆっくり送り出します。

急に引っ張ると、さらにラインが絡まってしまいます。

あくまでゆっくり引き出しましょう!

引っかかって引き出せなくなったら、スプールの部分で絡みを見つけます。

それが手でもほどけるか、やってみましょう。

ほどけたら、さらに引っ張り、スプールのラインが正常な状態のところまで引き出します。

それができたらリールの外のラインにテンションをかけて巻き直します。

絡みがとれない場合もあきらめないで

絡みが手で解けない場合、その絡みを親指で押さえながら、リールのハンドルを3回程度回します。

そして、ラインを引き出せる緩みができたら、ラインを送り出します。

さらに引っかかる絡みが出来たら、同じように親指で押さえてリールを巻きます。

この動きを繰り返して、解いていきましょう!

この動作を釣り場でやりたくない場合は、スペアリールを用意しておき、絡みは家に帰ったらゆっくりトライしてみてください。

バックラッシュは、飛んでいるルアーの速度より、リールのスプールが早く回り過ぎると起こります。

特に、ルアーが着水した瞬間に起こりやすいですよ!

バックラッシュを防ぐには、スプールを抑えるサミングという技術を磨くことをオススメします。

また、メーカーによってはブレーキ機構など、できるだけバックラッシュを防げる機能を搭載したリールもあります。

ぜひ釣り人の皆さんも、バックラッシュの予防と起きてしまったときの対処法を覚えておいてくださいね!

もしバックラッシュが起きてしまっても、あきらめてラインをカットするのはまだ早いですよ!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング