リサイクラー 写真

第一精工 リサイクラーDSフル装備は自宅でサクッと糸巻き可能!便利すぎると話題の特徴や詳しいインプレをご紹介します!

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さん、普段糸巻きはどうされていますか?

ライン購入時に釣具屋で依頼している方が多数だと思います。

しかし、ラインの種類や号数を変えたい・・・

裏返しに巻き直したい・・・

その度に釣具屋に持って行くのは面倒だし、気が引けると感じる方も多いはず。

自宅で簡単に糸巻きが出来たらどんなに楽でしょうか。

そこで今回は自宅で簡単に糸巻きが出来るリサイクラーDSフル装備の特徴や使い方、インプレをご紹介します!

目次

  • リサイクラーDSフル装備の特徴とは?ドラグ搭載で仕上がりも抜群!
  • 塩抜き伸縮スプールの使い方とは?
  • リサイクラーDSフル装備のインプレとは?

リサイクラーDSフル装備の特徴とは?ドラグ搭載で仕上がりも抜群!

ダブルスプール&リール取付けシートで、自宅でも簡単にラインの巻き取りをすることができます。

スプールへの巻き取りもギヤが内蔵されており、4倍速で回収可能なダブルハンドル付きです!

4つのボールベアリングで巻き心地も滑らかになっています。

最大の特徴は、塩抜き機能でPEラインをさらに長持ちさせることが可能なこと。

塩抜き伸縮スプールと脱水パックで使用後のPE塩抜き洗浄ができ、PEラインをより長持ちさせることができます。

固定方法はダイキャストクランプで、軸ブレの無い超スムーズな巻き替えを実現しています。

リール取り付けシートにセットすることで糸巻きも快適です。

さらにドラグ機能も約3kg搭載され、しっかりとテンションをかけて糸巻きでき、仕上がりも抜群でトラブルレスです。

塩抜き伸縮スプールの使い方とは?

PEラインは海で使う場合、塩抜き(ぬるま湯に浸ける方法など)をすることで長持ちします。

しかし、水洗いや従来のスプールで浸けるだけでは、表面付近だけで内部のラインまでの塩抜きはできませんでした。

塩抜き伸縮スプールは、巻き終えた後にスプールの内径を伸縮させることによりラインをゆるゆるにします。

ライン間の隙間を作り、ぬるま湯の通りを良くさせ、より塩分を抜くことを可能にしました。

詳しい使い方は以下の通りです。

①伸縮スプールに、PEラインを巻き取る。

②締め付けナットをゆるめれば内径が縮み、ライン間に隙間ができる。

③伸縮スプールを外し、ラインを水洗いする。

④脱水パックを装着後、遠心力でパワー脱水する。

この4つの手順をしっかり行うことで、今までよりも塩抜きができます。

さらにシリコンスプレーをつけることで、より長い間PEラインを使うことができます。

リサイクラーDSフル装備のインプレとは?

リサイクラーDSを購入してから、糸を巻き替える機会が増えました。

釣具店で依頼する場合、忙しそうであればなかなか頼みにくい時もあります。

しかし自宅で簡単に巻き替えることが出来るので、下糸の量など仕上がりに納得いくまで調整することができます。

さらに、PEラインはテンションをかけて巻かないとキャスト時に絡まってしまう可能性があります。

しかし、ドラグ搭載でテンションをかけて巻けるのも良い!とインプレでも好評価です。

クランプでしっかり固定するため、糸巻き中の安定感もあり、上下逆に付け替えることでベイトとスピニングのどちらのリールにも対応できます。

また巻き直す時に今まで巻いていたPEラインは保管中に劣化することもありましたが、しっかり塩抜きをして保管することにより次に使う時も安心です。

1台あれば、とても便利なものなので、是非試してみてはいかがでしょうか?

商品の詳細はこちらをご覧ください!

ご購入はこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング