オーバーハング 写真

オーバーハングの真下に潜り込んでみた!減水している夏場だからこそチェックできる場所がある!バス釣り重要ポイントを徹底観察!

FISHING JAPAN 編集部

夏場の池・湖は、至るところで減水している傾向があります。

水位が下がっているときにしかできないことをやってみるのは、バス釣りをする上でとても重要なことです。

今回は、普段の水位では潜り込めない、オーバーハングの真下にカヤックで入ってみました。

目次

  • 減水した水位を利用してオーバーハング下へ潜り込んでみよう!
  • オーバーハングを真下から撮影!
  • オーバーハング下の水中はどうなっているの?

減水した水位を利用してオーバーハング下へ潜り込んでみよう!

カヤックで浮かべば、意外と簡単にオーバーハングの中へ進入できます。

注意したいのは、積んでいるロッドの穂先。

枝に引っ掛かって破損するケースがありますから、できるだけどこにも接触させないようにしましょう。

オーバーハングを真下から撮影!

オーバーハングの下に潜り込んで、真上を向いて撮影してみました。

やはり小枝が密集していますね。

特筆すべきは、常に水面近くに晒されているからか、枝から葉が落ちてしまっている状態になっています。

オーバーハング下の水中はどうなっているの?

そこで水中に視線を転じてみると、やはり褐色に変化した葉や折れ枝が散乱していました。

どうやらここにバスが乗り込んで定着するようです。

チェックしておきたいのは、褐色になっている沈下物の重なり具合や濃さです。

それによって使うルアーを選び直す必要があるからです。

オーバーハング下には、テキサスリグにセットしたワームや、ノーシンカーリグを放り込むケースが多いですよね。

カバーの濃さを考えたら、引っ掛かりのトラブルを抑えるのに適しているといえるでしょう。

あとはクランクベイトやスピナーベイトが挙げられますが、トップウォータープラグも効果的ですよ。

腹フックをスカートパーツに交換して、移動距離を抑えた仕様のものを使ってみると、オーバーハング下を長い時間攻めることができます。

そのお腹スカートが真下に垂れて、沈下物に軽く接触してくれたら、もっとスローペースで攻めることが可能になります。

今しかできない有効な観察を、是非釣りに組み込んでみてくださいね。

オーバーハング下でカバーに触れても安心なおすすめアイテムはこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング