クロダイ 釣り網 釣り竿 男性 海 写真

夏はウキダンゴ釣りでクロダイを狙おう!タナ取りが釣果を運命づける!?これであなたもクロダイ釣り名人になれるかも!

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さん、ウキダンゴ釣りに挑戦したことありますか?

ウキダンゴ釣り(別名:紀州釣り)は、水温が高くエサ取りが多い夏でもクロダイが効率よく釣れる釣法の一つですよね。

今回は、そんなウキダンゴ釣りに欠かすことの出来ないタナ取りの方法や、その他のタックルについてプロの視点からご紹介します!

目次

  • タナ取りって?
  • 正確なタナ取りはダンゴをオモリとして利用する!?
  • タナはその日の状況で微調整すべし!
  • ラインとロッドのバランスが大事!

タナ取りって?

この釣法で欠かすことができない「タナ取り」についてご説明しましょう。

そもそも「タナ取り」とは、その日に狙うポイントの水深をしっかり把握して、魚がヒットする深さをよみ、仕掛けの深さ(タナ)を設定することです。

このウキダンゴ釣りでは、底をポイントとして攻めるため、海面から底までの深さを正確に把握して、その深さをハリからウキに合わすことが釣果を左右するキーポイントとなります。

正確なタナ取りはダンゴをオモリとして利用する!?

タナ取りは海面から底までの深さを把握する重要な作業です。

これが正確に出来ていないと、ウキにアタリが出ないままにエサが取られたり、ダンゴが底まで確実に届いているか見極められません。

タナ取り方法は、人それぞれのやり方があります。

一般的には、タナ取りゴムを使ってタナを取る方法と、2号~4号のサルカン付きオモリにウキゴムを取り付けてタナを取る方法があります。

タナ取りゴムの場合、ほぼ正確にタナが把握できますが、潮の動きや風のある時は道糸が風に引っ張られたり、潮の流れで狙ったポイントから若干外れてしまうことがあります。

一方、オモリを使用する場合は、オモリの重さで速く沈みタナが早く把握できるのですが、オモリが沈んだ位置とウキが立つ位置が大きく離れて糸フケが出来た状態となり、正確性に欠けます。

そこでお勧めするタナ取りは、その日使用するダンゴをタナ取りのオモリにそのまま利用するという方法です。

実際に釣る時の状態でタナが取れ、ダンゴの大きさの誤差分も正確に計算に入れてタナが取れます。

また、何度かタナ取りをしている間に、ポイントにダンゴを効かせる効果もあり、タナ取りが終わったら即、釣りに取り掛かれるメリットもあるのです。

タナはその日の状況で微調整すべし!

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY