ワーム 写真

人気のファイボスに2018年追加カラーが3種類仲間入り!5つのパドルが生み出すスライドフォールがバスを誘う!

FISHING JAPAN 編集部

ジャッカルがリリースしている人気ワーム・ファイボスに、2018年追加カラーが登場しますよ。

5つのパドルが組み込まれている独特のボディデザインが、絶妙なスライドフォールを生み、バスを誘います。

その特徴や実釣インプレ動画、製品カラーラインナップをピックアップしてみましょう。

目次

  • ファイボスってどんなワームなの?基本スペックはこちら!
  • ファイボスのボディデザインは5つのパドルで構成されている!
  • テキサスリグと組み合わせてスライドフォールさせよう!

ファイボスってどんなワームなの?基本スペックはこちら!

ファイボスは、フラット形状をベースにしたワームです。

サイズは2種類設定されていて、3.8インチと4.5インチ。

広範囲にスライドフォールさせながらバスを誘うなら、3.8インチを使いましょう。

テナガエビやカエルをイメージした、ゆったりした動きでバスを誘うなら、4.5インチがおすすめです。

製品の実釣インプレ解説動画はこちら

ファイボスのボディデザインは5つのパドルで構成されている!

このワームは、5つのパドルで構成されています。

それらが効率よく水をとらえ、着水と同時にスライドしながらフォールアクションを繰り出してくれますよ。

中層に浮いているバスからは後追いしやすく、着底するまでに食い付きやすい動きといえるでしょう。

テキサスリグと組み合わせてスライドフォールさせよう!

ファイボスは、テキサスリグとの組み合わせで効果を発揮します。

スリップシンカーが先に底に着いて、後からファイボスがスライドフォールで追いかける状態になります。

そのとき、ボディ全体を縦から横姿勢へと倒していくアクションが生まれるので、バスはそれを見て思わずバイトしてしまいます。

ザリガニなどが爪を底に置くアクションと似ているのでしょうか。

捕食対象が無防備状態に見えたなら、バスが食い付こうとするのは頷けますね。

2018年追加カラーラインナップはこちら

ファイボスには、3種類の追加カラーがラインナップされます。

●霞テナガカラー

●ステインシュリンプカラー

●グリパンブルーマジックカラー

ナチュラルなカラーでバスの捕食対象であるエビ類をイメージしています。

夏から秋に向けて、フィールドで活用してみたいカラーばかりですね。

製品のご購入はこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング